2019年06月11日

南米リズムワークショップ「サマーコンサート!」開催のお知らせ

62514786_2374847282591295_8599893946849558528_n.jpg


南米リズムワークショップがスタートして約1年半


いよいよみなさんの日頃の成果を発表する場を設けたいと思います



8月3日の土曜日


題して「サマーコンサート!」


そのまんまやん!


ウケる


是非奮ってご参加ください


今まで一度もこのワークショップに参加したことがなくてもOKですので


 
参加希望の方は以下の出演申込フォームにご記入の上


メールでご応募下さい

 
この夏、一緒に楽しいステージを作ろうぞ!

 
------------------

◆南米リズムワークショップ
「サマーコンサート!」概要
 
【日時】8月3日(土)
14時から18時くらい
 
【場所】東京ゲストハウス王子
ミュージックラウンジ(JR王子駅徒歩5分)
http://oji-music-lounge.tokyo/
 
【参加費】:4000円(+2 order)
プロの音楽家は無料(+2 order)
 
【スケジュール】当日は14:00会場入り、
15:30開場、16:00開演、18:00終演が
目安です。
 
【音響】基本的には生音、必要があれば
アンプを使用可
 
【選曲】2〜3曲。演奏曲の条件はこの
ワークショップで扱ってきたリズムの
曲であること。今までの課題曲でも、
それ以外の曲でもOK。楽器は自由。歌も可。
 
【内容】こちらで皆さんが均等な出番に
なるように楽器と選曲で組み合わせを考えて
事前に発表します。ご希望があれば
反映します。
 
【リハーサル】7月5日(金)WSの開催前と
その他に7月中に1回、設定予定。
なお、当日はほとんど出来ません。
 
【一般の観客】入場料\1000(+ 2 order)
どなたにでも聴いてもらえる開かれた
コンサートです。ご家族やお友達をたくさん
誘って聴いて貰いましょう!
後日、告知用フライヤーも作成します。
 
【締切】6月末日 
 
- - - - - - - - - - - - - - -
 

◆南米リズムワークショップ
「サマーコンサート!」
 
出演申込フォーム
 
・お名前:
 
・担当楽器:
 
・TEL:
 
・メールアドレス:
 
・演奏希望曲目(2〜3曲、希望順に):
 
・その他、ご要望やご質問、特記事項:
 
 
- - - - - - - - - - - - - - -
 
 
南米リズムワークショップ
https://topo220.wixsite.com/rythm

2019年05月01日

フォルクローレってギターでどうやって弾くの?【フォルクローレギター基礎講座】が‬開講!

_1010470-1.jpg


【フォルクローレギター基礎講座】‬


リズムをどう弾いたら良いかわからない南米フォルクローレ初心者、または経験者でも、確固たる確信も無くいつもなんとなく弾いてしまっている方を対象としたレッスンを開講します


‪南米フォルクローレには様々な魅力的なリズムがありますが、これらをギターで表現するためには他のジャンルでは決してお目にかかることのできない独特の奏法の習得が必須です


‪高音と低音の弾き分け、カッティング、ストローク…
これらの基本的な動作は各リズムに共通しています

(動画参照)




料理に例えると出汁にあたる部分とでも申しましょうか
ここをいい加減にやってしまうと、生まれてくるリズムもボヤけたものになってしまいます


なので、‪まずはこれらの基礎的な動作を身につけることが、個別のリズムを弾く上でとても重要なのです


‪そんな、リズムを弾くためのギター基礎講座をグループレッスンで開催します


月1回か2回、ある程度継続的なレッスンになります
スタートは‪5月中旬以降か6月に予定してます


‪まずはストロークの基礎的動作を主にやっていきますが、回を重ねてベースラインの入れ方やアルペジオ、それらを全てミックスした自由なリズムの作り方までお伝えできたらいいなと思っています


‪場所は田無KOKOPELLI、2時間5000円、学生さんは4000円


‪最少催行人数は3人、6名まで募集します
募集期限は5月15日いっぱいまで


‪人数が揃ったところでスケジュールを合わせます


自分はギターは弾かないけれど近くに興味ありそうな人がいる、バンドのギター担当者に教えたい、などなど、そんな方にはこの情報をシェア拡散していただけたらありがたいです


こういうレッスン、地方でもご希望の方がいたら是非やりたいのでご相談ください


2019年04月30日

新しい時代

現在2019年4月30日23時すぎ



まもなく平成が終わり、令和になろうとしています



今日も明日も新しい一日であることに変わりはありません



今日は平成最初の今日だったし、明日は令和最後の明日



平成だろうが令和だろうが、一度しかこないこの一日を、新たな人生であるかのように新鮮な気持ちで生きていきたいよ、ぼかあ



僕の1stアルバムのタイトル『One day One life』がまさにそれを言っています



もっと言うと、一日単位ではなく、一瞬ごとに新しい自分であるはず



私たちは生まれてからずっと新しいことの連続



とはいえ



平成から令和に変わるこのソワソワした雰囲気もレアイベント的な空気を感じるので、悪くなーい



さよなら



CD発売中!

山下Topo洋平 1stアルバム『One day One life』 | Topo web shop powered by BASE






2019年04月28日

森羅万象リスペクト

2AD76BCF-205E-4EAC-93BF-7B31F9BB5E50.jpg

先日、ツアー先でお会いした尺八奏者の方と話したことが印象に残っています


その方は今使っているご自分の楽器が本当にシックリくるらしく


それもこれも


良い製管師さん(尺八を製作する職人)との出会いがあったからだそうです


その素晴らしい楽器を一生懸命吹くのは当然だけど、これは自分だけの楽器ではなく、製管師さんあってのもの


製管師さんがこの楽器に込めた魂をしっかり感じながら吹きたい、とおっしゃっていました


そんな気持ちを製管師さん本人にも話したそうです


すると製管師さんは


「いや、尺八作るのに自分の気持ちなんか無いよ。俺は竹の言うことを聞いただけだから」


と、おっしゃったそうです


うお!


尺八奏者は製管師の魂を受け取り、


製管師は竹の魂を受け取っている、


竹から製管師に、製管師から演奏家に、演奏家から聴衆に


受け渡しとる!


順番に!


伝言ゲームか


バケツリレーか


ウケる



しかしその通りだなと思ったね、ぼかあ



もし竹にこのことを話したら


そしてもし竹が喋ることが出来たなら


「いやー、僕は土と水と空気と太陽から力を貰ってるだけだから」


と言うのでしょう


そして土や水や空、つまり地球にそのことを話したら


「うちは宇宙のなんちゃらっちゅう物質からこの姿と生活をいただいたさかいに」


とのたまうのでしょう



つまるところ僕たちは


土や水や空気や太陽や色んな元素や微生物や植物や動物や人、地球、宇宙から、エネルギーをいただいてそれを何かに変換しながらみんなでバトンタッチしているにすぎない


音楽家である僕の場合は音に


料理人は料理に


映画監督は映画に


ボクサーはボクシングに


変換している



もっと根本的なことを言うと


職業など関係なく人間として


自分の瞬間瞬間の生命・人生に


変換しているし


何を成さなくても


僕たちはまた土に還る




これはもう


森羅万象リスペクト


森羅万象に対して、論理的にも感覚的にもパーフェクトに敬意と畏怖の念を持たずにはいられないよね



そんな世界の一員として生きている僕もみんなも


マジすげえ



ビバ。ユニバース

2019年04月15日

洗足ワールドミュージックコース始動

56917912_10218669652716107_6638174420449886208_o.jpg


今日は洗足学園音楽大学ワールドミュージックコースの授業でした


今まではオープンキャンパスなど単発の講義でしたが今年から新入生が入学していよいよ始まります


通年で行う概論の授業、僕は南米音楽を紹介します


この授業はあくまで概論なので深いところまでは追求できないけれど、それでもこういう音楽があるよ、と紹介することが大事なのではないかと思っております


この概論の授業は他にも、インド音楽、北米音楽、フラメンコなどがそれぞれのエキスパートの先生によって紹介されます


もしかしたら学生たち自身の音楽にとって必要な何かがあるかもしれない


なかなか自分だけでは知り得なかった音楽と出会い、世界の多様性を知るという意味で貴重な機会なのではないでしょうか


僕が学生だったら、めちゃくちゃ受けたい、、、


学生がうらやましい、、、


うらめしい、、、


ウケる



さて初回の今日は座学で南米スペイン語圏の多様な音楽の紹介、その後アンデス土着音楽の演奏体験としてシクリアーダ(サンポーニャの合奏)を行いました




音楽大学で南米フォルクローレの講義を行うのは、かつてないことです


歴史の新たな1ページがここから始まります


ケーナを吹いてて、この音楽をやってて、それをまさか音楽大学で教えることになるとは思ってもいませんでしたが、これも時代の流れでしょうか


新しい扉を開く当事者として関わることが出来て光栄です


2019年03月24日

イチロー選手引退

イチロー選手が引退しました

引退会見見ました


この会見を見て印象的だったのは

イチロー選手は記者の質問一つびとつに対して

自分で考えて、自分の言葉で、誠実に答えていたこと

本当に本当のことしか言ってないと感じました


何一ついい加減にしない

目の前の出来事に自分の心で真っ直ぐに向き合う


そんな姿勢を感じました


そして、その姿勢はこの会見だけでなく

きっと彼がずっとやってきたことなのだろうと

野球をしている時も

してない時も

彼は常にそうやって生きてきたのだろうと

感じました


自分を突き抜けようと思ったら

そうするよりほかないのだと思う



会見で話していた言葉

彼の考え方や人生論もいいけど

僕が最も印象的だったのは

「今日ヒットを一本打ちたかった」

と言ったこと


あんなにたくさんヒットを打ってきた男が

たった一本のヒットが打ちたかったと言う

ここにどれだけのものが込められていることか

最後の最後までプロ野球選手だったんだ

よかったなー

これですよ、やっぱり



CD発売中!

2019年03月11日

ケーナ教室発表会in京都

C156C322-1FA9-4BAF-93F3-C3094A5E5E98.jpg


京都でのケーナ教室発表会が行われました


京都でレッスンを始めて約一年


初めての発表会でした


みなさんのおかげで素晴らしい会になりました



生徒さんの演奏、うまくいった人、ミスした人、色々あると思いますが、みなさん真摯に音楽と向き合い自分から逃げずに舞台に立つ姿に心打たれました


ゲストの助川太郎さん、会場の楽創さんもありがとうございました



5A395F73-B7A9-4929-8118-1ED3CEA35A01.jpg



京都のケーナ教室は隔月、月初か月末の土日のどちらかに行なっています


次回は5/26(日)


場所は二条駅からほど近く


ケーナだけでなく、サンポーニャ、ギター、アンサンブルなども可能です


料金は1時間5000円+僕の交通費を参加人数で頭割り


興味ある方はぜひご連絡ください


見学も気軽に出来ます 




発売中!

助川太郎Group 1stアルバム『歓びの人生』 | Topo web shop on the BASE


2019年02月15日

キャッチコピーを考える!

ときどき


「あなたの音楽はどんな音楽ですか?」


と聞かれることがあります



この質問に答えるのは非常に難しい


そんな簡単に説明できるなら音楽やってないし


説明するより聴いてもらった方が早いし


というかどうしたって言葉になんか出来ないし


だから


聴けよ


と言いたい


でもそれを言っちゃあおしまいなので


言いたい気持ちをグッとこらえて


僕はその答えを探すことになります



今もずっと探しています


未だに見つからないけど



これはフライヤーやCDの叩き文句にも必要になったりして


自分の音楽を一言で表すような言葉



冒頭の質問をしてきた人


僕の音楽を聴いたことがない人


そんな人たちのための入り口になるような言葉


いわゆるキャッチコピーってやつ?



音楽の本質をズバリ表現できるような言葉は存在しないのだけれども


イメージとか?雰囲気とか?


表面的なアプローチで本質にアクセスしていると思わせるような言葉


興味を惹きつけられるような言葉


探しています




前置きが長くなりました


そこで、世の中にはどんなキャッチコピーがあるのか調べました


その中で、これは凄いなと思ったのが


ルミネの広告のコレ


4802FE63-3D4C-4375-8356-4A43EC6C9799.jpg


「試着室で思い出したら、本気の恋だと思う」


女性をターゲットに洋服を売りたいルミネ


これはすごい


この短い文章の中に物語があり、女性の共感がある


コピーライターの方はコレ思いついた瞬間


「やった!」


と思っただろうなあ


会議でも絶賛だったことでしょう




僕も考えてみましょう


全然見つからないけど




それにしてもフリーランスの音楽家のタスク


多すぎでしょ、、、




アルバム「歓びの人生」発売中!

https://topo.base.ec/items/16035274


0BF4E53F-7F7C-4DF2-B554-32FEE1F325BF.jpg



2019年02月04日

阿部篤志という男

ピアニスト阿部篤志は社交的で


出会った人とその場で打ち解けて


すぐに仲良くなることができる


僕はそんな彼を見て、すごいなあ、と思うばかり




ピアニストは楽器を選べない


現場の楽器にいかに早く適応するかが求められる


その瞬発力、適応力は彼らにとって生命線


とても大事なことなのだろうと想像する



阿部篤志のピアニストとしての瞬発力・適応力が


音楽を離れた場で社交性となって現れているのではなかろか



つまり僕が思うに


彼は身も心もピアニスト


ピアノを弾いてなくてもピアノを弾いているのでR


音楽とそれ以外の時間の境目がなく、常にピアノを弾く感覚でいるから


いかなる時でも瞬発力・適応力=社交性を常に持っているのでR



僕にはそう見える


音楽の有無にかかわらず常にピアノを弾いていたらそりゃ素晴らしいピアニストになるよね



今日のライブはピアニスト阿部篤志という男の恐ろしさ、素晴らしさ、ハッピー感、すごかった


それにつきる


ライブダイジェスト



- - - - - - -
[山下Topo洋平Official Web]
http://topoyohei.com/

[Twitter]
https://twitter.com/topoyohei

[Facebbok]
https://www.facebook.com/topoyohei

[YouTubeチャンネル]
https://www.youtube.com/user/hamburg5800

[Web Shop]
https://topo.base.ec/

2019年02月03日

大学でケーナ、サンポーニャ、南米フォルクローレを教えてる話。若者を育てたいという話。

昨日の福岡でのライブに


この4月から洗足音楽大学へ通うことが決まったという高校生3年生の子が来てくれてました


サックスを吹くとのこと



そして今日はチャランゴを演奏する中学生が来てくれてました



わたくし洗足学園音楽大学ワールドミュージックコース


ケーナとサンポーニャ、そして南米音楽を教えてます


これらの楽器・音楽を音楽大学で勉強できるというのはもちろん日本で初めてのことだし、画期的なことです


音楽を総合的に勉強しながら民族楽器が学べる


または自分の専攻をしっかり学びながら、副科として南米の楽器や音楽が学べる


ええやん


サックスの子、副科でケーナ来たらええやん


チャランゴの子、ワールドミュージックコース来たらええやん



勝手なことを申し上げて申し訳ない


ウケる



このワールドミュージックコース、ほかにも世界各地の楽器や音楽を学べます


去年、このコースの生徒募集のリーフレット作成にあたって僭越ながらわたくし原稿を頼まれました


その文章はこんな感じでした


---


世界には、効率化された現代のシステムでは測り切れない価値観で成り立っている音楽が無数に存在します


それらは人間が本来必要とするしあわせとは何なのか、という根源的な問いかけから生まれました


お金でもない、仕事でもない、ここには純粋な喜びがあります


この喜びを掴む力を養うことは、何よりもみなさんの人生の支えになることでしょう


---


マジでそう思ってますよ、ぼかあ


僕は大学を三か月で中退し、それから安定した仕事・収入や音楽家としての権威や将来の保証など何一つ無い民族音楽のフィールドで一つのことをトコトン追求してきました


だからこそ現代のシステムでは説明できない価値観の素晴らしさに気付いたし、自分とは何か、人生とは何か、しあわせとは何か、本質的なものの手がかりを掴むことができました


この文章は僕の生きてきた経験から、頭ではなく心で、本当に感じていることです


ケーナや音楽を通して人生について考えさせられ、本当に救われてきました



ただ僕の文章、受験生や親御さんは大学の後の就職のことも考えるだろうに、お金でも仕事でもない、とか言っちゃってるわけで


親御さんがそんなところに行かせたくないと言うのもめちゃくちゃ予想できる


そりゃそうだ


今の社会ではある意味、非常識ですよ


でも


それがどうした


僕は今の社会が非常識だと思う


もしくは僕たちは非常識になるべきだと思う


システムに飲み込まれて大切なものを失ってはいけない



逆にこっちの価値観に同意してくれる人も結構いるんじゃね?とも思う


これからの時代、このように本質を大切にする価値観の重要性にみんな気付きだすのではないかと希望的観測を持っているのだけれども


そこに賭けたい



僕は生活しながら家賃のことなど考えたことはありませんでした


今も考えてません


瞬間瞬間をただ一生懸命、精一杯、より気持ち良いもの、より美しいもの、自分の底の底から聴こえてくる心の声に従って生きてたら、なんとかなってきました


なんとかなるようにさせてくれた周りの人たちのおかげです、ホントに


これからも何一つ保証されてないけど、なんとかなっていくのでしょう


なんともならないかもしれないけど


ウケる


でも人生、いずれにせよ先のことはわからないし、であるならばどっちにしろ勇気が必要なんだから


将来を恐れるあまり、お金や物質にばかり目が行って自分の気持ちを誤魔化すような、不安をベースにした行動より


心の声に嘘をつかないで、こうしたらこんな素晴らしい世界が待ってるはず、と、希望をベースに生きた方が絶対気持ち良いと思うの




ということなので、みんなワールドミュージックコース、きてね



大学には来ないまでも、プロとかアマチュアも関係なく、やるならちゃんとやりたいという若者、トコトンやりたいという若人、レッスンでもライブでも、いつでも待ってますよ


生徒もいいけど、弟子?パダワン?それもいいかもね


なんでこんなことを言っとるかっちゅーと


最近、若い世代を育てないといかん、と自然と思うようになったからです


これが年を取るっちゅーことか


ウケる



今日のライブダイジェスト



- - - - - - -
[山下Topo洋平Official Web]
http://topoyohei.com/

[Twitter]
https://twitter.com/topoyohei

[Facebbok]
https://www.facebook.com/topoyohei

[YouTubeチャンネル]
https://www.youtube.com/user/hamburg5800

[Web Shop]
https://topo.base.ec/

2019年01月02日

【お年玉動画】第二弾

昨年のライブ映像から、わたくしの作曲『Snowdrop』を

 
太宰百合さんの美しい弦アレンジとメムバー皆さまの素晴らしい演奏


Snowdropとは冬の終わりに咲いて、春の訪れを告げる花


花言葉は「逆境の中の希望」


逆境のない人はない


逆境に直面する全ての人に捧げる曲


つまり全ての人に捧げる曲


生きている限り希望は必ずあるはずだという僕なりのメッセージ


2014年1月に書いた曲で、近年の僕の曲の中ではとても大切な曲の一つ


ライブでは頻繁に演奏しているけれども、大切にしすぎてまだレコーディングはしてません


現在水面下で山下Topo洋平名義の3rdアルバムの制作を考えていますが、そのアルバムになんらかの形で収録したい


このアレンジ、とても気に入ってます






- - - - - - -
[山下Topo洋平Official Web]
http://topoyohei.com/

[Twitter]
https://twitter.com/topoyohei

[Facebbok]
https://www.facebook.com/topoyohei

[YouTubeチャンネル]
https://www.youtube.com/user/hamburg5800

[Web Shop]
https://topo.base.ec/

2019年01月01日

Happy New Moment 【お年玉動画】

あけましておめでとうございます

 
今年もよろしくお願いします

 
年が明けた瞬間のあの祝祭感、隣人の安寧を祈る気持ち、この気持ちを年が明けた時だけでなく、すべての瞬間に感じていたい


さっき新しい年を迎えたように、僕たちは常に新しい瞬間を迎えている


そんな気持ちをみんなが持てたなら、世界平和間違いなし

 
だから、Happy New Moment!



【お年玉動画】第一弾
 

昨年東北ツアーへ行った際に山形県高畠町の石切り場に立ち寄り、『コンドルは飛んで行く』をケーナ独奏しました


石に響く天然の残響の気持ち良さよ!






お年玉動画、明日も公開します


お楽しみに

2018年11月13日

「○○ヶ丘」という地名・駅名のファンです。

638E6F04-A41A-4B3D-8E29-791A8A3C84BE.jpg


「ひばりヶ丘」


「自由ヶ丘」


「つつじヶ丘」


「希望ヶ丘」


「ユーカリヶ丘」


「新百合ヶ丘」


「月ヶ丘」




このような



「〇〇ヶ丘」という地名、駅名



〇〇の部分に入る言葉は



具体的な物から抽象的な事まで



比較的なんでも良いのが面白くて



ファンタジーを感じます




カミングアウトすると



以前から「〇〇ヶ丘」ファンでした



恥ずかしながら





そこで、僕も新しい「〇〇ヶ丘」を考えました



「ゾンビヶ丘」




ウケる




車掌「次は〜、ゾンビヶ丘〜、ゾンビヶ丘〜」



エヌ氏「ゾンビヶ丘駅から歩いて5分、日当たりも最高です」



『すかいらーくゾンビヶ丘店』




ウケる




住みたい




でもおそらく



東武東上線か西武池袋線



川越の先の方



あるいは



常磐線の松戸とか我孫子の先の方の可能性が高い



いずれにせよ



僕としては都心に出るのに不便なので



ゾンビヶ丘に住むのは諦めます




ウケる




さよなら



- - - - - - -


[山下Topo洋平Official Web]


http://topoyohei.com/



[Twitter]


https://twitter.com/topoyohei



[Facebbok]


https://www.facebook.com/topoyohei



[YouTubeチャンネル]


https://www.youtube.com/user/hamburg5800



[Web Shop]


https://topo.base.ec/

2018年10月05日

ソロライブ「Personal Orchestra」でした

いつから台風って名前が付くようになったのだろう


ハリケーンのパクリか


あるいは


ずっと名前は付いていたけれども


僕が知らなかっただけか





昨日はソロライブでした


前回から「Personal Orchestra」という名前を付けて


再スタートを切ったソロライブ



昨日もいろいろやりました


ケーナソロ、サンポーニャソロ、弾き語り、笛&歌&ギターが混然一体となった一人アンサンブル



昨日はたくさん間違えちゃった



大丈夫、致命傷で済んだ





ウケる





あかんやん





ミスは良くないけれど


ミスを恐れて挑戦しないのはもっと良くないので




良かった




良くないけど





どっちやねん





さよなら




スクリーンショット 2018-10-05 00.55.54.jpg



- - - - - - -
[山下Topo洋平Official Web]
http://topoyohei.com/

[Twitter]
https://twitter.com/topoyohei

[Facebbok]
https://www.facebook.com/topoyohei

[YouTubeチャンネル]
https://www.youtube.com/user/hamburg5800

[Web Shop]
https://topo.base.ec/

2018年10月02日

練習について

深夜の鬼練(鬼のような練習(鬼に会ったことはないけど))を終えた午前3時


生まれたままの姿で熱いシャワーを浴び


私はこのブログを書いている




キモっ




ウケる





「練習」について


書いてみようと思う


僕の練習のモットーは


「出来るまでやる」






当たり前じゃん


と思われるかもしれない


お思いになるかもしれない



詳しく話すと


「回数とか時間ではない」


ということ



100万回だろうが、48時間だろうが


出来るまでやり続ける


ということ


逆に


5回で出来てしまえば、3分で出来てしまえば


それはもうOK




何をもって「出来る」と


判断するかについてや


練習の具体的なやり方や内容については


また別のお話しとさせていただきますが




とにかく


出来るまでやる


当たり前だけど


出来ないままでは出来るようにはならない


それが真理であり


出来るようにならないと困るから


やるしかない



だって


やりたいことはいつだって


出来ないことの中にあるから





さよなら



- - - - - - -
[山下Topo洋平Official Web]
http://topoyohei.com/

[Twitter]
https://twitter.com/topoyohei

[Facebbok]
https://www.facebook.com/topoyohei

[YouTubeチャンネル]
https://www.youtube.com/user/hamburg5800

[Web Shop]
https://topo.base.ec/

2018年09月25日

中秋の名月

中秋の名月


みなさん見ましたか?


僕は見ることが出来ませんでした


夜空を見上げて探したけれども


見つからなかった



こんな和歌があります


月みれば
ちぢにものこそ
悲しけれ
わが身一つの
秋にはあらねど
(大江千里)


『月を見ると、あれこれきりもなく物事が悲しく思われる。私一人だけに訪れた秋ではないのだけれど』



下の句で


秋は私だけに訪れるものではないとすることで


悲しみを自分だけのものとせず


みんな何かしら悲しみを抱えているんだ


という視野の広がりを感ずる


一瞬にしてこの歌の射程を拡げている


素晴らしい


味わい深い


趣がある



このまなざし


わかるなあ



そしてまた


みんな悲しみを抱えている事実そのものが


より一層自分を悲しくさせるのです




秋になるとこの歌を思い出します




中秋の名月


昨日見ることができなかった僕の一首



見上げるも
秋の夜空に
月あらず
別になんにも
変わんねぇけど
(山下Topo洋平)

『中秋の名月を見ようと思って夜空を見上げたけれど、月は見当たりません。見たからといって、見なかったからといって、別になんにも変わらないのだけれど』

2018年09月24日

それを故郷と言って良いものかどうか

250C2416-909D-41F7-8994-BC53A84CABF0.jpg

高麗神社での演奏の後


僕が小学校4年まで過ごした街、狭山に立ち寄った



昔住んでいた家のまわり、通っていた小学校の周辺


あの時とは街の様子はだいぶ変わっていたけれど


変わらないはずのものも昔とは違って見えた


思ったよりも細い道路


思ったよりも小さい建物


思ったよりも狭い校庭


箱庭のように小さな世界


あのときの僕にはここが全てだった


あの冒険の日々は帰ってこない


もう二度と

2018年09月23日

昨日は明日のために

5BDF3A4B-9703-4536-A674-7827346B4B4E.jpg

明日、9/24(月祝)は

埼玉県の高麗神社にて開催される


「鎮守の杜の音楽祭」


というイベントに参加させていただきます


出演させていただきます


助川太郎さんとのデュオで



昨日はこのイベントに向けた打ち合わせ兼リハーサル兼練習兼話し合いでした



その結果


僕たちの音楽を


僕たちのオリジナル曲を


思いっきりやろうということに


なりました



そもそもこのイベントに呼んでいただいたのも


高麗神社の方が僕のYouTube映像を


見てくださったのがきっかけだったので


それならば僕の音楽をやらないわけにはいかないのではないか


と思ったのでした




僕たちの出番は11:30から30分ほどですが


観覧無料なので


よろしければ


ぜひきてね


FA68FE15-3BC8-4CA1-AF0C-05C99ADE7BFF.jpg



- - - - - - -
[山下Topo洋平Official Web] http://topoyohei.com/
[Twitter] https://twitter.com/topoyohei
[Facebbok] https://www.facebook.com/topoyohei
[YouTubeチャンネル] https://www.youtube.com/user/hamburg5800
[Web Shop] https://topo.base.ec/

2018年09月21日

ホームページをリニューアルしました

つっついに


わたくし山下Topo洋平のホームページ


リニューアルされました


こちらです


http://topoyohei.com/



お手数ですがブックマークやお気に入りの変更をお願いします



リニューアルしたいと思い続けて数十年


遂にこの日が来ました


うっうっう‥



PCでこのブログを見てくだすっている方にはわかると思いますが


今回のリニューアルに合わせて


このブログもデザインを変更しました


超シンプルになったよ



しばらく更新も滞っておりましたが


また頻繁に書いていこうかと思っております


読んでね…




ちなみに


わたくしのCDなどを取り扱っているウェブショップも開設しております


https://topo.base.ec/


ぶっちゃけ


Amazonなどで購入されるよりも直接お金が来るので僕にとってはこちらで購入される方がありがたいです(本当はライブ会場で購入していただくのが一番ありがたい)


買ってね…




それにしても


格好良くて見やすいホームページが出来ました


満足しております


やる気出てきた


来年から本気出す!




ウケる





さよなら



- - - - - - -
[山下Topo洋平Official Web] http://topoyohei.com/
[Twitter] https://twitter.com/topoyohei
[Facebbok] https://www.facebook.com/topoyohei
[YouTubeチャンネル] https://www.youtube.com/user/hamburg5800
[Web Shop] https://topo.base.ec/


2018年09月20日

はっきりしないコトバ

IMG_0072.JPG



「地味」という言葉を


副詞として使ったとき


何が地味なのか


わかりそうでわからない


はっきりしない


肉でも魚でもない


玉虫色の


曖昧模糊な


世界観が


地味に好きです




今日は


地味に雨が降っていて


靴下が地味に濡れたので


そんなことを


思ったのでした




地味だろうがなんだろうが


雨は降っていたし


靴下は濡れた



そんな日でした






さよなら