2017年09月30日

理想の世界を描く!最高のケーナレッスンのための情熱と感動

ケーナのレッスンを行うため
京都へ行って来ました

京都に行ってきた証拠にこの写真をお見せしよう

DSC_2219.jpg

京都の砂利


ウケる


7月の関西ツアーの際
ライブの空き日に
京都でワークショップを
企画したところ
思いのほか盛況で
それをきっかけに
京都へ定期的に
レッスンに行くことになったのです

今後も隔月ぐらいで
行くことになりそうです

良い機会なので
僕がレッスンにおいて
大切にしていることを
書きますね

- - - - - - -

僕のレッスンは基本的には常に物理ベースで、
出したい音に対して
いかなる身体の使い方をすれば良いか
徹底して具体的に伝えていきます

レッスンには色々な人が来るけど
一人びとりが直面してる課題から
逃げずに向き合い
乗り越えるきっかけになるような
密度の濃いレッスンが出来てるという
自分なりの手応えはあります
でもどうかな
みんながどう感じてるかはわからない
役に立ってると良いのだけれど

一言いうならば
すぐにクリアできるときもあれば
時間がかかることもあるので
「出来ない」とか「難しい」とか
足りない面や届かない部分ばかりを
見つめてストレスを溜めるのではなく
(課題と向き合うことはもちろん大切だけど)
「今の音」を存分に楽しみながら
笛の喜び・音楽の喜びを感じながら
上達していってほしいよぼかあ



僕が大事にしているのは三点

まずは楽器特有の魅力
深い音色や音の響き
ダイナミクス(大きい音から小さい音までの音量の幅)の広さを活かした
表現力の豊かさ

音楽を自由に表現するために必要な要素
すなはち
音程や半音階の対応、適切なフレージングなど

そして「こうやって歌いたいんだ」
という奏者自身が持っている情熱やイメージ
個性と言っても良いかもしれない


これら三点、

・楽器特有の魅力
・音楽を表現するために必要な要素
・演奏者自身の個性


どれ一つとして犠牲にすることなく
音楽を実現できるように
アドバイスしていきたい

これら全てを保持して演奏できたら
それってまさに
理想の音楽
じゃあないですか


その理想から、
僕は逃げたくない


例えば、

ダイナミクスを狭くすれば
音程は安定しやすいでしょう
音色にこだわらなければ
早いフレーズも吹きやすくなるでしょう
半音階が多いと運指も音程も難しいし
音色も乏しくなるから
敬遠したくなることもあるでしょう

でも、僕はこういうのはNG

ケーナの魅力を手放してしまっては
この楽器をやる意味がないし
音楽を自由に表現できないのを
ケーナのせいにしてしまっては
この楽器の可能性を
捨てることになってしまう


全部、叶える



そのためにどうすれば良いか
それを考えてゆきたい

ケーナは自分の身体の一部であり
僕たちケーナ吹きは
歌のかわりにたまたま
ケーナを使っているだけなのだから
歌えるのならば
吹けるはず

笛と身体が一体になり
歌そのものになる
そして自由に自分の理想の世界を
描けるようになる
そのための身体の使い方を
お伝えしています


少なくとも僕は今まで演奏家として
この三点は絶対に犠牲にせず
全てを両立させるにはどうしたら良いか
それを考えてやってきました
遠回りもしたし、まだまだ道の途中です

僕自身も日々色々な経験を通じて
変化しています

こんな僕の経験や知識や技術を
惜しみ無く差し出します
一人でも多くの人が理想の世界を描けたら
それは素晴らしいことだと思うんです


目的は上手な演奏をすることではありません
他人と比較して上手いとか下手とか
そんなことは、どうでもいい

ケーナが好きで、音楽が好きで
その人が心から出したい音・音楽
描きたい世界に一歩でも近づけるように
その人がケーナや音楽を通じて
心から気持ち良いと感じ
しあわせで充実した
人生の瞬間を味わえるように

その手助けが少しでもできればと思うんです
その一心です


やるからには理想を追求しなきゃあ


それが
笛吹きの心意気
ってもんよ


_1010488-1.jpg
Photo by Wentolia