2017年10月03日

リャマの道 Camino de llamas - 映像&歌詞解説

去る8月19日に中目黒楽屋で
行われたAlas×ピアコパンJointライブより
Alasの映像

名曲「リャマの道」です



南米フォルクローレの
スタンダードというべき名曲

往年のケーナの巨匠ウニャ・ラモスの
演奏で有名ですが
アルゼンチンのシンガーソングライター、
レオン・ヒエコ氏が詩をつけました

太宰百合さんのこのアレンジも
本当に素晴らしく
いつも演奏するのが
楽しみです

先日の「Doña Ubenza」に続いて
この曲も歌詞の日本語訳を載せます

めちゃくちゃ意訳してます
訳すのがとても難しくて
間違ってるところもあるかもしれないけれど
こんな感じなのではないかと…

- - - - - -
日本語訳

時とともに消えゆく
リャマの道は
倒れた神が休息する地へと向かう

喜びの川はもう流れない
いにしえの踊りは終わりを迎えた

この時間という墓場から解き放たれた鳥
世界は今日も争いにあけくれ、あなたはいない
私はここで絶望し、あなたは花を選ぶ

太陽に向かう棒鐘
月の祈りは眠りの主

いつの日か
北と南は入れ替わるだろう
星と大地と雲は入れ替わるだろう

*この時間という墓場から解き放たれた鳥
世界は今日も争いにあけくれ、あなたはいない
私はここで絶望し、あなたは花を選ぶ


スペイン語

Caminito de llamas
que el tiempo borró
va hacia donde descansa
derrotado un Dios.

Alegría del río
que no juega más
vieja danza del tiempo
se bebió el final.

Pajarito suelto tumbita de este tiempo
el mundo hoy pelea sin vos
Yo aquí desespero vos elegís la flor.

Campanita de palo
que persigue al sol
de la luna oración
dueña del sueño.

algún día quizás
cambie norte y sur
las estrellas la tierra
y las nubes.

*Pajarito suelto tumbita de este tiempo
el mundo hoy pelea sin vos
Yo aquí desespero vos elegís la flor


最後に、この曲のオリジナル
ウニャ・ラモスのバージョンと
レオン・ヒエコの歌バージョンを





2017年09月24日

Doña Ubenza - 映像&歌詞解説

去る8月19日に中目黒楽屋で
行われたAlas×ピアコパンJointライブより
Alasの映像が公開されました



Alasとは、昨年の春に結成した
僕とピアニスト太宰百合さんのユニット
南米フォルクローレをベースにしたオリジナル曲や
南米の古き良き名曲をアレンジして発表する
ネオフォルクロ−レユニットです

毎回ライブではゲストに
素晴らしい音楽家に
参加してもらっています

この日はギター
助川太郎さん


曲は『Doña Ubenza』(ドニャ・ウベンサ)
アルゼンチンのChacho Echenique作曲
日本の太宰百合アレンジ

この曲、大好きなんです
タイトルは
「ウベンサおばさん」
という意味
『バグアラ』という
スタイルで書かれた曲で、
太鼓を叩きながら歌う
山唄がモチーフになっています


それにしても、このアレンジ、この演奏
素晴らしい

僕がずっと勉強してきた
南米フォルクローレに
興味を持ってくれて
こうして新しい音楽を一緒に
生み出そうという
音楽仲間が増えて
とても嬉しいです

数年前では考えられないことでしたから

どんどん日本の音楽家にも伝えていきたいです
宝の山がそこにありますから
どんどんやっていきましょう


さて
この曲の歌詞の内容
いつもMCでざっと説明しているけど
今日はここに書きます

僕なりの解釈なので
間違いもあるかも…
でも、だいたいこんな感じだと思います

- - - - - -
日本語訳

心の中で泣き
表では笑っている
こうして私は死ぬのを待ちながら
生きていかなければなりません

風は私よりちょっと良い身分です
太鼓を叩きバグアラを歌わなければ
私は自由に飛べないから

私たちはあの豊かな山で祈る
もう時間がないというのに
何を祈るというのだろう

石ころだらけの渓谷
石から石へ、私の心の痛みの足跡を消しながら
風が音を立てて行く
私の心はただ静寂だけ

私は一応十字を切っておく
もし神様がいたら
私を地獄へ連れていくだろうから
私の羊たちも一緒に

魂が一息つけるような
別の世界があるのかどうか、私は知らない
私はこの大地の上で生きる
一日中働きながら

私たちはあの豊かな山で祈る
もう時間がないというのに
何を祈るというのだろう

*石ころだらけの渓谷
石から石へ、私の心の痛みの足跡を消しながら
風が音を立てて行く
私の心はただ静寂だけ


スペイン語

Ando llorando pa' adentro,
aunque me ria pa' afuera
así tengo yo que vivir
Esperando a que me muera.

Le doy ventaja a los vientos
porque no puedo volar
hasta que agarro mi caja
y la empiezo bagualear.

Mi raza reza que pedirá
allá en el monte de caridad
no tiene tiempo ya no da más
reza que reza porqué será.

Valles sonoros de pedregal
piedra por piedra el viento va
borrando huellas a mi dolor
silencio puro es mi corazón.

Me persigno por si acaso
no vaya que Dios exista
y me lleve pa'l infierno
con todas mis ovejitas.

No sé si habrá otro mundo
donde las almas suspiran
yo vivo sobre la tierra
Trajinando todo el día.

Mi raza reza que pedirá
allá en el monte de caridad
no tiene tiempo ya no da más
reza que reza porqué será.

*Valles sonoros de pedregal
piedra por piedra el viento va
borrando huellas a mi dolor
silencio puro es mi corazón.

Ando llorando pa' adentro,


最後に、Mariana Carrizoという歌手のライブ映像を
バグアラとはこんなに素朴な歌なんです