2016年03月24日

公園

P1030725.JPG


昼間は子供たちが遊んでいる公園


またしても木々に


僕は畏怖の念を抱かずにはいられない


叫びたい


なんの叫びかはわからないけど


力いっぱい

2016年03月23日

黒猫

P1030711.JPG


可愛い黒猫ちゃんに


出会いました


まなざしが異様に鋭く意志的で


ドキリとした


もしかしたら人間が魔法で猫に変えられてしまったのではないかと


思ったり思わなかったり


したー

2016年03月22日

ある日の帰り道

P1030596.JPG


薄暗い雲


明るくない街灯


少し古びた高架鉄道



男は思った


このくらいの少し陰鬱な景色が自分の心には落ち着く






そして男はとんかつを食べに行った


2016年03月21日

臆病者

P1030709.JPG


ファーストフードで食べられるフライドチキンでは


モスチキンが好き


ンマーイ


でも、これだけは言いたい


フライドチキンとごはんは合わない

2016年03月18日

痩せた手

P1030723.JPG


「お父さん、お父さん!魔王の痩せた手がたくさん迫ってくるよ!」


「坊や、あれは木の枝だよ」



木は一本たりとも同じものがなくて


わたしの目をひきつける


その個性が


私の恐怖をかりたてたり、宇宙へ連れて行ってくれたり、身体をめぐる血液を感じさせてくれたり


涙を誘ったり誘わなかったり


するー

2016年03月17日

アヒル口

P1030633.JPG


アヒル口という言葉をよく聞く


写真を撮るときなどに、アヒルのような口をすると可愛く見えるという



一言言わせて


アヒルの口はあんなもんじゃねぇから!


もっとえげつないくらい上唇を出せ


アヒルを舐めてはいけない


2016年03月16日

くねくね

P1030628.JPG


まっすぐ生きることだけが自然ではないと


逆に


曲がり、歪んで生きてゆくのも一つの在り方


魂に従って生きてゆきさえすれば、そこに現れる形は人それぞれであると


教えてくれているかのような





くねくねくねくねくね

2016年03月15日

穴と草

P1030576.JPG


穴が空いたので、草が生えた


草が生えたので、穴が空いた


どちらでもいいけど


コンクリートに囲まれてひっそりと生きる生命と


生命の居場所を作ってあげるコンクリートが


涙を誘ったり誘わなかったり


するー




2016年03月14日

リス

P1030598.JPG


このリスもまた


メデューサにやられた


2016年03月11日

未知への扉

P1030604.JPG


開けたければ開ければいい


嫌なら開けなければいい


ワクワクするなら開ければいい


怖いなら開ければいい


2016年03月10日

循環

P1030621.JPG


生命の循環


血の循環


ミクロとマクロ


全てはエネルギーのありかた


全ては繋がっている


2016年03月09日

井戸

P1030602.JPG


井戸に落ちたら


大声で助けを呼ばなくてはいけない


自分の力だけでは出られないから


でもあえて


落ちたくなるとき


あります

2016年03月08日

P1030582.JPG


かわいい


猫ちゃんと


出会いました

2016年03月07日

アンテナ

P1030611.JPG


孤独なアンテナ


すべての物質はその性質上


孤独をはらんでいる


生きていても、生きていなくても


2016年03月05日

道祖神

P1030610.JPG


道祖神は何も望まず何も欲せず


そこにいる


ただそこにいること


それが宇宙の理であり、全てを導く唯一の方法であると


知っているかのように


そこにいる

2016年03月04日

P1030606.JPG


鏡の中へ行ったら


帰れなくなった


ここは鏡の中の世界?

2016年03月03日

冬の旅

P1030599.JPG


冬こそ旅にふさわしい季節なのかもしれない


生命と孤独


さすらい人


烏が鳴いている