2019年07月05日

ウルトラマンタイガの劇伴に参加しました!

65428219_10219221703237025_6459914753471938560_o.jpg


7/6からテレビ東京系で放送がスタートする「ウルトラマンタイガ」の劇伴音楽にケーナで参加しました!


作曲は森悠也くん


数曲、吹かせていただきました


毎週土曜日朝9時から


明日からやん

https://m-78.jp/taiga/


ウルトラマンタイガはウルトラマンタロウの息子だそうです


あのタロウにもせがれができたか!


私はびっくりしました


ウケる



タイガの父親であるウルトラマンタロウにはとんでもないサブタイトルの回がしばしばあったのが印象的でした


T1801.jpg


死にすぎ


このタイトルを見たとき、僕は幼心に「いやいやいや、無茶苦茶だな・・・」と思いました



T1401.jpg


すっ飛びすぎ


いやいやいやいや、首がすっ飛ぶなんて、そんなもん大変なことですよ


ウケる



タイガもこれぐらいの無茶苦茶をやってくれるでしょうか


期待してます


ウケる




それにしても


先日のガンダム、今回のウルトラマンと、最近レコーディングに呼んでいただく機会が度々あり嬉しいです


ウルトラマンの劇中音楽にケーナが入ったのは初めてじゃないかなあ


南米風の味付けとしてのケーナではなく、もっと幅の広い音楽に普遍的な笛の音として使っていただいてます


これはケーナが民族楽器の殻を破り、管楽器としてユニバーサルな世界へ向かう挑戦であり、ケーナ奏者としての僕の人生の挑戦でもあり、フルートでも尺八でもない、南米色を出すための楽器でもない、いまだかつてなかった新しい発想でケーナの音色を使う、作曲家や編曲家の新しい領域への挑戦でもあります


もちろんもともと南米フォルクローレから生まれ、この楽器の歴史が積み重ねてきた音がベースにあることは言うまでもありません


それを特定の音楽に閉じ込めるのではなく、開き、広げていく


そんな挑戦なのです


この笛の魅力を理解してくれて楽器の可能性を感じてくれて作曲家に使っていただけるのはとてもありがたいことです


ケーナの部分がどれぐらい使われるかわからないけど


興味ある方、見てみてね





さよなら



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。