2019年04月28日

森羅万象リスペクト

2AD76BCF-205E-4EAC-93BF-7B31F9BB5E50.jpg

先日、ツアー先でお会いした尺八奏者の方と話したことが印象に残っています


その方は今使っているご自分の楽器が本当にシックリくるらしく


それもこれも


良い製管師さん(尺八を製作する職人)との出会いがあったからだそうです


その素晴らしい楽器を一生懸命吹くのは当然だけど、これは自分だけの楽器ではなく、製管師さんあってのもの


製管師さんがこの楽器に込めた魂をしっかり感じながら吹きたい、とおっしゃっていました


そんな気持ちを製管師さん本人にも話したそうです


すると製管師さんは


「いや、尺八作るのに自分の気持ちなんか無いよ。俺は竹の言うことを聞いただけだから」


と、おっしゃったそうです


うお!


尺八奏者は製管師の魂を受け取り、


製管師は竹の魂を受け取っている、


竹から製管師に、製管師から演奏家に、演奏家から聴衆に


受け渡しとる!


順番に!


伝言ゲームか


バケツリレーか


ウケる



しかしその通りだなと思ったね、ぼかあ



もし竹にこのことを話したら


そしてもし竹が喋ることが出来たなら


「いやー、僕は土と水と空気と太陽から力を貰ってるだけだから」


と言うのでしょう


そして土や水や空、つまり地球にそのことを話したら


「うちは宇宙のなんちゃらっちゅう物質からこの姿と生活をいただいたさかいに」


とのたまうのでしょう



つまるところ僕たちは


土や水や空気や太陽や色んな元素や微生物や植物や動物や人、地球、宇宙から、エネルギーをいただいてそれを何かに変換しながらみんなでバトンタッチしているにすぎない


音楽家である僕の場合は音に


料理人は料理に


映画監督は映画に


ボクサーはボクシングに


変換している



もっと根本的なことを言うと


職業など関係なく人間として


自分の瞬間瞬間の生命・人生に


変換しているし


何を成さなくても


僕たちはまた土に還る




これはもう


森羅万象リスペクト


森羅万象に対して、論理的にも感覚的にもパーフェクトに敬意と畏怖の念を持たずにはいられないよね



そんな世界の一員として生きている僕もみんなも


マジすげえ



ビバ。ユニバース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。