2018年03月30日

ソロライブ。思っていること。不安。恐れ。期待。希望。

月に一度のソロライブでした


南米曲や日本語オリジナルの弾き語りからケーナソロまで


近いうちにソロでツアーをやりたいのでセットリストを磨いていきたい


でも、準備万端にしてからツアーに出るよりも


とりあえず旅に出て


旅の中でたくさん失敗して


たくさん試行錯誤した方が


磨かれるんだろうなあ


物事に準備万端なんて無いから



今やっているバンドたちとソロの完成度・強度を比べて


尻込みしてしまう自分もいるけど


その不安にも向き合っていかないといけない


そもそもバンドとは全然違う角度の音楽をやりたいわけで


比較すること自体おかしいんだけど




どんなソロになるのか


イメージはあるんです


ケーナ、歌、ギターが混然一体となった音楽


全ての楽器の全ての音を、僕の心の内側から湧き上がってくる、僕そのものの音を出していきたい


ケーナソロしかやらない日があっても良いし


弾き語りしかやらない日があっても良いし


ごちゃ混ぜになっても良い


自由で、より無防備で剥き出しの自分がそこにいて、だからこそ強靭な音楽になれば最高


素ッ裸の男がそこに立ってるッ!


みたいな音楽が理想


怖い


不安です


でも、生きている実感は強烈に味わえるはず


自分が弱くて愚かな丸裸の人間であることを自分に隠さず、ごまかさないでいたい




そんなことで、曲も書かないといけない


ケーナの無伴奏ソロ曲はもちろん


作詞作曲、そしてアレンジ


やっていかねばならない


現状、全然足りない


「〜しなければいけない」という言葉が持つネガティブな要素を全て受け止めた上で、


それを乗り越えてやっていく意欲、あります




とりあえず今日は


数日前に書いた出来立てホヤホヤの新曲もやったけど、それは今後磨いていくとして


弾き語りで歌った南米の曲を公開してみます


カバー曲も減らしていきたいけど、


変な拘りも捨てて、やりたくなったときにはひょっこり演奏もしたい


つまり、俺のライブなんだから、やりたいようにやりたい、っちゅうこっちゃ


さて、曲は


アルゼンチンのPieroという人が書いた


「Soy Pan Soy Paz Soy Mas」

(私はパン、私は平和、私はそれ以上)


『さあ、今あなたの身に起こったすべてを話してください


あなたの心が独りで泣き出さないために


すべてを解き放って 春の日のように


誰だって、何かが内側で死んでしまうのを望んではいない


目を見て話してください


できるだけ外に解き放って


そして心の中に新たなものが生まれますように』







- - - - - - -
[Twitter] https://twitter.com/topoyohei
[Facebbok] https://www.facebook.com/topoyohei
[ライブスケジュール] http://topo.wonderful.to/live/diary.cgi
[YouTubeチャンネル] https://www.youtube.com/user/hamburg5800
[Web Shop] https://topo.base.ec/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。