2017年10月06日

ケーナとギターで宇宙の果てまで!?〜混沌、迷走と挑戦〜

ギタリスト
助川太郎さんを中心に
結成された
助川太郎グループ

このバンド結成までの
道のりを綴るシリーズ
『助川太郎グループへの道』

今日は第二話です
第一話はこちら


- - - - - - -


【助川太郎グループへの道】Vol.2

「迷走と挑戦」


助川太郎と僕は
初共演の後も
頻繁にライブを重ね
ほどなくして
ユニットを結成します

それが二人の初ユニット
『Project Voyager』
です

このユニットのコンセプトは

「世界の深淵をのぞきこみ
あの宇宙船ボイジャーのように
宇宙の果てまで
もう帰って来れないところまで
どこまでも行ってみよう!」


というものでした

正直言って

わけわからん


ウケる


ライブの内容も
イッっちゃってました

本当に色々なことを
やりました


即興もたくさんやりましたが、
その中でも強く印象に
残っているライブが、
「自分のメインの楽器ではないもので
1ステージ完全即興をしよう」
と、助川太郎が提案したときのこと

僕はそういった即興は
初めてだったので
怖さはありましたが
ここにも助川太郎の音楽性を
吸収できるヒントがあるかもしれない
何でもチャレンジしよう
と、清水の舞台から飛び降りるつもりで
覚悟をきめて飛び込みました

ええい、ままよ
毒を喰らわば皿まで


僕は何を思ったか楽器すら使わず
ジンジャーエールの空き瓶を使い
20分、たった一人で即興をやりました

吹いたり叩いたり、、、
当然、お客さんはポカーンとしていました

僕のその即興を見た助川太郎は
「良かったですよ」
などと無責任なことを言っていました


また、あるときは
「和声音楽の歴史をたどる」
という企画をブチ立て、
ジョン・ダウランドなどのルネサンス音楽から
クラシックの古典派からロマン派
さらにはビバップの「Confirmation」などを
一つのライブでやりました

僕はジャズなんてできないし
ましてや「Confirmation」を
ケーナでやるなんて
難しいなんてもんじゃない
出来るか出来ないかで言ったら
今でも出来る気がしません
当時も出来てなかった気がします
でも、やりました

助川太郎はこのときも
「良かったですよ」
などと無責任なことを言っていました


またあるときは
これはProject Voyagerのライブではないけれど
助川太郎の主宰で
「同じ楽器対決即興」
と称して
助川太郎が他のギタリストと即興デュオ
僕がもう一人の管楽器奏者と即興デュオ
また別のボーカリスト二人が即興デュオ
という3部構成のライブを
したこともありました

このときは
何体ものサンポーニャを解体して
バラバラの管を何十本も机の上に並べ
一本一本手に取り
もう一人の管楽器奏者と
即興で吹く
ということにチャレンジしてみました
果たしてどんな世界が描けるか

しかしこれは困った
吹いても吹いても、管
何をやっても、管
全く変化しない音、景色
僕は思いました
サンポーニャは管なんだな、と
頭ではなく心で理解しました

このときもお客さんはポカーンとしていました

助川太郎はといえば、
「良かったですよ」
などと無責任なことを言っていました



このように
助川太郎とのライブは
あらゆることを
思いつきでやりました

まったく固まらないサウンド
ライブの度に変わるテーマ
お客さんも困惑していたのではないでしょうか

はたから見れば、迷走

でも、僕にとっては
結果ではなく、
未知に挑戦すること、
どんな景色が見え
自分が何を感じるかが
大事だったのです


助川太郎は相変わらず本音が見えず
当時何を思って
この『Project Voyager』をやっていたのか
その真意は定かではありません

僕があこがれた
助川太郎の名盤アルバム
『Noturno』の世界には
まだほど遠く

良いライブをしたという
手応えよりも
これで良いのだろうか
という疑念が常に
渦巻いていました
お客さんが何を感じているかも心配だったし

でも二人で深淵をのぞきこみ
何度も深みに落っこちそうになった
そんな修羅場・濃密な時間を
共有したことは確かでした

この先に何があるのかは
わからない
でも何かがあるはずだ
何かあってくれ

良いか悪いか判断せず
とりあえずブッ込む
僕にはこれしかなかった

だけど、本当にどこまで行ってしまうのか
まさに宇宙船ボイジャーのような
そんな気持ちでした



続く


- - - - - - -


この助川太郎との物語の先端に
あの感動と熱狂を生んだ
助川太郎グループがあります

この物語がどのようにして
今につながっていくのか
それは今後のこの連載を
楽しみにしていただくとして

10月はグループ初の関東ツアー
そして都内での2回目の公演を行います

助川太郎Group 2017 October
名付けて
「土の道」

10/21(土)上尾プラスイレブン
10/22(日)高崎サンガム
10/23(月)前橋Studio10
10/26(木)池袋Absolute Blue

助川グループ2017-10.jpg


前回のダイジェスト



お待ちしています!


- - - - - - -
[Twitter] https://twitter.com/topoyohei
[Facebbok] https://www.facebook.com/topoyohei
[ライブスケジュール] http://topo.wonderful.to/live/diary.cgi
[YouTubeチャンネル] https://www.youtube.com/user/hamburg5800
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。