2016年09月20日

思いやり、またはやさしさについて

ツイッターでこんな言説に出会いました


この言説のテーマは、思いやり、またはやさしさ、ということなのかな





確かにその通りだと思います


けれども、他人のことを考えすぎるとがんじがらめになって何も出来なくなっちゃうYO!




自分の思い通りに人の心をコントロールすることはできません


で、あれば


何をしたって誰かを傷つけてしまうかもしれないし、何をしたって必ずしも人を喜ばせることはできないかもしれない


という前提に立ち


その瞬間、自分が心の底から気持ち良いと感じる行動をシンプルに選択をしていくしかない


と思う


それはその瞬間の自分の全力であり、ならば結果がどうなっても心はさわやかだ


もちろん人を喜ばせることが出来ていたなら最高だけど、実際に人の心を完璧に知る術は無い


自分の選択が他人にとって良い結果を生むと信じるしかないし、少なくとも自分には最高のはずだ


それだけで充分だ


そして、突き詰めて考えれば自分にはそれしか出来ないことがわかる


心の声に従って、自分にとって最高に気持ち良いであろう選択を瞬間瞬間で全力で選んでいく


人生を通して、全ての瞬間で、小気味よく、けれん味なく、掴んでゆく


結局はそれが思いやりであり、やさしさだと思う




まじめか



さよなら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。