2016年01月21日

映画『はじまりのうた』感想




物語の導入、主人公の女性シンガーソングライターと音楽プロデューサーがバーで出会うシーン


そこで彼女の歌をプロデューサーが聴くわけだけれども


そのシーンが最高!


音楽をこういう形でビジュアル化してくれたことに感謝


このシーンのプロデューサーの表情が最高で、私の目からはホロホロと涙がこぼれ落ちました


ほんと、音楽ってそういうものなんだよ!



色褪せた世界が音楽で輝くことって、あるよね


だから私もこの映画の登場人物も、音楽に救われているのだります




このシーンだけでこの映画はお気に入りになりました



いろいろ言いたいことは無くは無いけれども、音楽好きの人はぜひ観てみて

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。