2016年01月19日

別になんでもないけど

去年はこともあろうに一曲も書けなかった


なんということでしょう


慚愧に堪えない



思い返すと


夜中のテンションで思いついたアイデアを翌日ことごとくボツにし続けた一年であった



思うに


臆病になっていたのかもしれない


恐れていたのかもしれない


結果を



「良いもの」を生みだそうとしすぎるあまり、がんじがらめになっていたのかもしれない



不本意



何が不本意って、曲が書けなかったことよりも、結果などという確定してもいない未来を気にするあまり、今の自分を殺していたことが不本意


まことに遺憾



その前の2014年はそんなブレーキは一切踏まず、曲を量産しまくった年でした


1年でこうも変わるかね



しかしこの不安定さもまた、流れか




今年は12曲は書くと先日のライブで宣言してしまった


ノルマみたいなものを設定するのはなんか違うと思いつつ、でも一周して逆にアリかも、とも思う



とにかく、「形」とか「在り方」とか、もう本当にどうでもいい


どうあれ今この瞬間を、衝動を、魂の発露を、大事にしていきたい



ストイックに欲望に忠実に


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。