2015年05月20日

南米フォルクローレギター(アルゼンチンサンバ)

今日も南米フォルクローレのギター


ストロークの弾き方



興味の無い人はこのところ毎日こんな動画ばかりでごめんね


許してほしい


僕のありのままを、受け入れてほしい



ウケる



さて今夜のリズムは「アルゼンチンサンバ」





昨日の「クエカ」とクリソツ


ハイー



僕はこのリズムでオリジナルを書いたことは無いけれど


曲は結構演奏もしてるし録音もしてますね


Tierra Cuatroの1stアルバムで海沼さんが書いた「Luz y sombra」とか


懐かしのTopo & Arielでアリエルが書いた「Mariposita del alma」とか


アルゼンチンサンバです




そのうち気が向いたらわたくしも書くカポネ




さよなら
この記事へのコメント
Mariposita del almaはアルゼンチンサンバだったんですね!

昔演奏した時、クエッカのストロークで弾いてました。とは言ってもなかなか違いが分からなかったところではありますが・・・σ(^_^;)
Posted by tsukada at 2015年05月20日 23:47
>tsukadaさん
おお、演奏してくれたことがあるですか!

まあゆっくりクエカを弾けばほとんどアルゼンチンサンバになりますからね(笑)
Posted by topo at 2015年05月21日 04:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。