2015年05月14日

南米フォルクローレギター(カルナバル)

昨日に引き続いて


今日も南米フォルクローレのリズム


ギターの弾き方を公開します



昨日と同様、ストロークのみに焦点を当ててゆきますYO




今日のリズムは



「カルナバル」







いわゆる6/8拍子と3拍子が混ざったようなリズムですね



たくさんパターンがあるので動画が長くなっちゃった



興味が無い人にはなんのこっちゃ、という動画ですね



ごめんね




ちなみにカルナバルの曲はこちら




これもストローク以外にいろいろやってるけれども





このリズム、昨日のワイニョ同様わたくし大好きでございまして


これまでたくさんの曲を書いてきました


わたくしの処女作「チャカルタヤ」に始まり


初期の「ワイナ・ポトシ」とか「カスカリータ」とか、フォルクローレ色の強いオリジナルから


「雨上がり」「忘れられた船」「森と空をつなぐもの」とか


最近では「傀儡子」とか「Snowdrop」とか


大変お世話になっております

(「Voyage」は違うかも)




これからもお世話になります





よろしく







さよなら


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。