2015年03月13日

「笛とピアノと打楽器の夜」でした

昨日は大塚All in funにて


「笛とピアノと打楽器の夜」


と題しまして



お馴染みのピアニスト上野山英里さん、初共演のパーカッション奏者クリストファー・ハーディさんとのトリオでした



昨日はピアノが調律したてで音がとても良く鳴っていて


なおかつ会場の響きによって打楽器や笛の音も美しく


一人びとりが放つ音の一つびとつが非常に気持ち良く響いていました




初共演のクリストファー・ハーディさんのプレイ、音、惹き込まれました


特にタール(ハンドドラム)という楽器の深さたるや


単なる皮を張った太鼓とは思えないほど、深くて広い世界を見せてくれました


一発の美しさと多彩な音色で無限の宇宙を感じさせてくれるかのような


そんな気がいたしました


クリスさんのタールソロ、ずっと聴いてるとトランスしてくるというか


いつまででも聴いていられますね




上野山英里さんが持ってきた「カメレオンの憂鬱」という曲がこのトリオにぴったりで、大変印象的でした


上野山さんはいつもメンバーを考えてそれに合う曲を持ってきてくれるしディレクションもしっかりしているので、とても情景が描きやすく思います


見習いたく思います


ありがたく思います




初めての組み合せトリオ、充実のライブとなりました


お越しくださったみなさま、All in funのみなさま、共演のお二人、ありがとうございました


20150313150510987.jpg

タールを持って記念撮影


ニコチンじゃないよ


ウケる



さよなら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。