2014年08月15日

私は激怒した

新年を「Happy new year」と祝うが、年は人間が決めた単なる時間の単位でしかないから、新しい年が目出度いのならば、新しい瞬間を迎えることも全くイコールで目出度いはずではないか、毎瞬がハッピーなはずではないか、と思い、「Happy new moment」という言葉を思いつき、めちゃくちゃ良いじゃんこの言葉、自分の次のアルバムタイトルにしちゃおっかな、と思ったくらい気に入ったので、ツイッターやらフェイスブックやらでつぶやいたところ、ほとんど反応がなかったので、私は激怒した



ウケる



メロスか



メロスは政治がわからぬ




別に人の反応はどうでもいいんだけど、とにかく私はこの言葉、とても気に入っているよ



Happy new moment



おめでとう
この記事へのコメント
こんにちは

 >「Happy new year」
  の前に「I wish you 」が、ついていて
  それが現在では脱落しているのでは?
  つまり「願い」の英文が着いていたはず? 
  ちがったかしらん?
  「I wish you Happy new year。 」

 >新しい年が目出度いのならば
  新しい年が目出たいのではなく。
  「今年 一年があなたにとって幸せでありますように。」
  という「願いの意味」だと思いましたが。
  英語の先生におたづねください。
  
  
 >年は人間が決めた単なる時間の単位
   人類が暦を手にするまで、どれだけ膨大な時間と
   手間がかかったことか。
   人類・人間・他人に対するリスペクトは無し?
 
   今日は、終戦記念日。
Posted by tamaru at 2014年08月15日 13:26
>tamaruさん
こんにちは。コメントありがとうございます。
「今年一年あなたにとって幸せがありますように。」
そう。素晴らしいです。
新年を迎えたときのあの多幸感をみんなが毎瞬感じていれば世界はきっと今より平和になると思います。
生きるということは本来はそうであるはずだと思うんです。全ては平等であらゆるものを特別視しない、というか、あらゆるものがスペシャルである、という喜びに満ちていると思います。
そんな思いからの「Happy new moment」という言葉でした。
この言葉には、今を生きてることに対する感謝と、同じ時間を一緒に生きてる者たちへの尊敬みたいなものもあって、あったかい気持ちになります。

だからといって「Happy new year」という言葉を否定しているわけではないし、暦うんぬんは全く論点が違う話なので、誤解なきようお願いします?
Posted by topo at 2014年08月15日 15:27
topoさん、こんにちは。
topoさんが激怒???大変!!!とブログを急いで拝見しました。

私の『魂の師』である(勝手に思っています)江原啓之さんのお考えに
天国の心で生きる。自らが光になれば闇は消える。いつも笑顔で。
という大変素晴らしい教えがありまして、
ちっぽけな私ですが、目指しているのはそこであり、なかなか辿り着けない憬れの終着地でもあるわけです。

topoさんのお考えは、大変共感致しました。
激怒してしまうのは、天から、落ちこぼれの天使として生まれおちてきた人間だもの(笑)

でも目指すところは、いつも笑顔で。
辛くても苦しくても、心は天国の心持ちで。
どんな出来事も感謝して、受け入れる。
けんかも戦争も起こりません。

Happy new moment
とてもすてきな言葉ですね。
topoさんのブログいつも楽しみに拝見しています。
お若いのに、私よりも魂の年齢がはるかに成熟していて(恥)ステージの違いを感じます。


人として未熟で文才もなく、自分の考えを述べるなんてと迷いましたが、思い切ってこの場をお借りしてしまいました。
失礼しました。
Posted by hiroko at 2014年08月17日 13:11
>hirokoさん
コメントありがとうございます!
いや、ただ「私は激怒した」と言いたかっただけで、激怒なんてしてないんです(笑)
長々と「Happy new moment」なんていう幸福に満ち溢れた言葉について語っておきながら、その文を最終的には「激怒した」という真逆の言葉で終えるところに僕なりのユーモアがあります。
わかりにくくて申し訳ありません?
でもご心配していただいてありがとうございます!
Posted by topo at 2014年08月18日 17:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。