2014年03月28日

地獄のボランティア

昨日Facebookで勢いにまかせて書いた文章


こちらにも載せておきます


いささか長いので興味無い方はスルーしてちょんまげ


ではいきます





とあるサイトで


『ボランティア(社会貢献)』と書いてあるのを見た


違和感アリマス!



ボランティアって何?


社会貢献って何?



ボランティアって無償奉仕ってこと?


有償だって社会貢献はできるでしょ


というか「仕事」というものは基本的には全て社会貢献でしょ


無償奉仕こそが社会貢献というミスリードを招く書き方はいかがなものか


たしかに最近は「儲かりさえすればよい」「自分さえよければよい」という会社や個人も増えてるかもしれないけど


本来は人様の役に立ってその結果として対価をいただく、というのが仕事というもののはず


結果であるところのお金を最初に求めるのではなく、自らの仕事の中身をいかに充実させて人のしあわせに貢献していくかっちゅうことが重要だよね



いや、無償奉仕(ボランティア)もとても立派なことだと思いますよ


ただ、有償で行う仕事が社会貢献ではないという風潮もなんとなく感じるのでね


言っておきたかった!


言っておきたかったんや!




さらに言うと



無償奉仕=ボランティア=社会貢献という価値観が蔓延するということは


逆に言うと自分たちが普段携わってる仕事が社会貢献ではない、と言ってるようなもの



お金のため、生活のために仕方なく仕事をしていたらそうなるのも無理はない



でも、どんな仕事でも人にしあわせを与えられると思うし、自分もしあわせであることが出来ると思う


それこそが社会貢献だし、まずはそこからやっていくべきで、さらに余裕があったら無償奉仕をすればいい


順番が逆です



一人一人が人と自分のしあわせのために仕事をしたら、素晴らしい社会になると思います



理想論かもしれないけれど


閉塞感のある社会を変えるのは


誰かではなく


一人一人の意識だと思うんです





以上です



真面目か



(町田康さんの半ノンフィクション小説『実録・外道の条件』という短編集に収録されている「地獄のボランティア」という話、たいへん面白かった。というかこの小説、どの短編も面白くてオススメです)

この記事へのコメント
おはようございまーす。「春」聴きながらのコメントです(^^♪
そうですね〜最高のボランティアとは…笑顔\(^o^)/と私は思ってます。
いつも笑顔の人ってステキですよね!
トポさんの笑顔と音でたくさんの人に、笑顔の花を咲かせてください。 わたしもそこを目指します(●^o^●) それでは今日も笑顔の一日でいきます! 朝からツイテる!! ほんわかゆかりんでした(*^▽^*)
Posted by ゆかりん at 2014年03月28日 08:25
>ゆかりん
みんなが自然に笑顔でいられたら良いですね!
Posted by topo at 2014年03月30日 01:39
町田 康さん調べました。猫10匹とともに暮すミュージシャン・俳優といくつもの顔を持つ人物なんですね。 猫好きのトポさんだから…本を選ぶときにも意識してるんですか? 前回お薦め本「夏への扉」も猫でてましたね…。 
Posted by ゆかりん at 2014年03月31日 19:42
>ゆかりんさん
いや、猫は関係ないです…。
町田康さんは文章がとにかく面白く笑えるので好きです。
Posted by topo at 2014年04月01日 02:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。