2014年03月11日

感情はコントロールできない

今日も深夜のテンションで思いつくままに書くよ


それでは読みたい方だけどうぞ




「感情をコントロールできない」


という言葉をよく聞く


個人的には


感情はもともと自分のものではないので、コントロールするものではない


と思ったりしてます


だって、何かの出来事に対して


自分がそうしようとしてないのに喜びや怒りや悲しみが湧いてくるじゃない?


喜ぼうと思って喜ぶとか


怒ろうと思って怒るとか


不自然極まりないし


もし仮にその手法で喜んだり怒ったりしたとして


それは本当に感情なんだろうか


(「演技」は感情を作り出す行為だと思うけど、それは結果として感情が湧き出てくるように自分と場をコントロールするのであって、感情そのものをどうこうしようとする動きではないように思う)


感情って作為的に作り出すものではなく


自然と湧き出たときが「うおー、感情だぜーっ!」って感じるじゃないかな



だから、感情を作り出すとか、感情を抑えるとか


無理だね



わたくしは


生まれてきた感情と気持ち良いお付き合いをしたいと思っています



感情は天気みたいなものだと思っとります


天気だって自分でコントロールできない


不意に雨が降ったり晴れたりする


そういった点で感情とおんなじ


その天気とどう付き合うかで気持ち良くいられるかいられぬかが決まるじゃないかな


雨に降られるのが嫌なら傘をさしたり雨宿りしたり


嫌じゃあなければそのまま雨に当たってみたり



感情もそうだね


悲しみに浸っていたければ気が済むまで悲しんでいればいい


それが辛いなら状況を変えればいい


心に傘をさせばいい





そうして、僕は自分の感情を感じながらもどこか遠くからそれを眺めている人間であるのです



喜怒哀楽といった「感情」そのものよりも


その感情が気持ち良いのか良くないのかという「感覚」が


きっと人間・生命・魂の本質であるのだろうと思うし


僕にとって大切なんです



でも、傘が役にたたない豪雨があるように


人間である以上、どうにもならない深い悲しみもあります


悲しみの無い人生は無いという点で、人生は悲しいものだと思います



それでも、いや、だからこそ


みんなが、すべての存在が


気持ち良く在れたらいいのに


それさえあればあとは何もいらないのに


と思わずにいられないのです





長くなったね


ごめんね


さよなら
この記事へのコメント
「感情」はコントロールできなくて、だからこそ「感覚」を大切にする。topoさん、名言です。すべての存在が気持ちよく在れたら、本当にいいですね。topoさんのブログのコメントを拝見して、とても嬉しくなったのでコメントさせていただきました。
Posted by 堀木卓也 at 2014年03月11日 20:06
>堀木卓也さん
コメントありがとうございます。
そんな気持ち良さを感じられるものを発信していければいいなと思っています!
Posted by topo at 2014年03月12日 01:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。