2013年01月24日

2013.1.24

昼間、天ぷらを食べに行きました。

当代随一と言われる究極の天ぷらを。

いやいや、ハンパじゃなく美味しかった。

それよりもなによりも。

美味しいのははじめっからわかってたんだけど、なんというか、今まで食べてきた天ぷらとは全く別物。

一口目でガツーンと来た。

研ぎ澄まされた凄み、アート作品のような洗練を感じました。

天ぷらとはなんて繊細な料理なんでしょう。

極限まで追求する職人の意識がまざまざと感じられました。

ケータイで料理の写真を撮る気分になどなるはずもなく、感動にうち震えながら天ぷらに込められた職人のメッセージを受け取ろうと一つ一つのネタを味わっておりました。

大変有意義な午後だったと言わねばなるまい!
この記事へのコメント
いいな〜〜羨ましいです。写メはないのですか??
Posted by kaneko at 2013年01月25日 18:46
>kanekoさん
ないです!
Posted by topo at 2013年01月25日 19:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。