2012年11月21日

11/21

今日入った四川料理の店。

四川といえば麻婆豆腐ってんで、注文。

したら。

山椒が効いてるというレベルを超え、もはや全面山椒。

辛いというか、体験したことのない感覚。

舌が痺れ、唇も痺れ。

山椒の効いた麻婆豆腐が好きだとか言っていた自分が間違っていた。

四川ナメてた!

ヒー。のっぴきならぬ発汗。
この記事へのコメント
!!えっ!! 舌も唇も痺れてなんて! なんてことだー!!あにき〜それはまずいですぜェ〜腫れたりしたら商売ならないぜェー!!気をつけておくんなせェ〜!!! (一人芝居でした(^^)/~~~)(笑) それにしても・・「のっぴきならぬ」とはどんな意味で〜しかァ?
Posted by きらり at 2012年11月22日 00:40
>きらりさん
好き嫌いはともかく、あの痺れはたくさんの人に経験してもらいたいです。
のっぴきならぬ、ちゃんとした意味は知らないけど、その語感からなんかすごく切羽詰まったイメージあります。
Posted by topo at 2012年11月23日 10:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。