2012年10月23日

資本主義社会に無意識的に飲み込まれた自分に気づいた。

シルク・ドゥ・ソレイユ来ないかなー。観に行きたいなー。

と、ふと思った。

単純に感動するし、そして勇気付けられる。

人間賛歌。

また味はひたひ。

お金には代えられない感動がそこにはある。


と書いたところでふと思った。

感動はお金には代えられない?ほんとにそうか?

感動がお金に代えられないということは、普段お金を使って買っているものに感動は伴わないということ?

日常買う商品なりサービスに感動が伴わない状態が当たり前になっているということ?

消費者である僕もそれを全く期待していない?

それって消費者の姿勢として、ヤバいね。

どんな仕事でも、自分の携わっている仕事・商品で人に感動を与えられるよう誠心誠意、真心こめるというのが本来の姿ではないのか。

感動させられるかどうかは人それぞれだから結果はわからないけど、やっぱり基本は人様のために働くというか、みんなに喜んでもらう姿勢で自分の仕事に携わるのが本来の姿なのではないかと思う。
(それは大衆に迎合するということではなく、自分が心から感動するものを提供し、かつそれを自分以外の人間に伝える、ということ)

そしてそれを消費者が求め、期待し、見極めることが必要なのではないか。

「安いです。そのかわり品質・サービスは悪いです」では心がすさんじゃう。悲しい。

前々からこの徹底的なコスト削減・利潤追求の風潮は嫌いだったけど、「感動はお金に代えられない」とあまりにも自然に思ってしまったので、この流れに自分が巻き込まれていることに気づいた。

テリブルテリブル。

お金で買えるものはすべからく感動が伴う、くらいで丁度良いのではないかしらどうかしら。どうなのかしら。


ということで、僕は誠心誠意、自分の仕事に従事しますよ。

明日(今日)は西荻窪サンジャックでピアノ上野山英里さん、ギター鬼怒無月さんとのトリオ。

濃密な音楽で時間を圧縮し、最果てまで旅します。みんなも一緒に行こうぜ!

19時30分から。ぜひ!

このトリオもたくさんの人に聴いてもらいたいんだ!



〜ホールコンサート チケット発売中!〜

◆11月18日(日)
Tierra Cuatro【ティエラ・クアトロ】コンサート at ティアラこうとう
■場所:ティアラこうとう小ホール
http://www.kcf.or.jp/tiara/
■予約:090-9147-2819(Office Topo)
もしくは山下Topo洋平メールおよびツイッター、Facebook、mixiまで
■チケット料金:¥2,000
■時刻:開演17:00(終演予定19:15)
※コンサートの前に14時から同会場にて山下Topo洋平ケーナ&サンポーニャ教室発表会が開催されています。
13時30分以降ご入場可能です。
■出演:Tierra Cuatro【ティエラ・クアトロ】
 http://www.tierracuatro.com/
 山下Topo洋平(ケーナ、サンポーニャ)
 上野山英里(ピアノ)
 小畑和彦(ギター)
 海沼正利(パーカッション)

Tierra Cuatroプロモーションビデオ
http://www.youtube.com/watch?v=eL1BlxNcSic



Tierra Cuatro Official Web
Tierra Cuatro Facebookページ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。