2012年05月19日

師の死

直接会ったわけではないけど、その作品などを通していろいろなことを教わった、僕が心の中で「師匠」とおこがましくも勝手に呼んでいる人が何人もいます。

その中の一人、ドイツのバリトン歌手ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウさん。

ディースカウさんは古典から現代まで信じられないくらいの膨大な量の歌曲を録音してきた偉人。

なかでも僕の大好きなシューベルト(僕はシューベルトの歌曲が歌いたくて一時期声楽を習っていたほど。)の何百曲もある歌曲を、女声用のものを除いてほとんど全て録音してしまった。

もちろんいい加減なやっつけ仕事ではなく、だ。

まさに超人的な業績を残した偉大な音楽家。

そのディースカウさんが、昨日お亡くなりになりました。


中学生の頃(まだケーナに出会う前)、一所懸命貯めたおこずかいを握り締め、CD屋でディースカウさんが歌うシューベルト歌曲全集(CD14枚組くらいだったかな?)をドキドキしながら買い、ワクワクしながら家に帰った。

気に入った曲はライナーに印をつけ、毎日飽きるまで聴いて歌ったっけ。

いまだに飽きないんだけどね。

おかげで今の僕の歌い方はディースカウさんの影響をかなり受けている。

声と笛で楽器は違っても、歌うということでは一緒だからね。


今日は久しぶりにディースカウさんのシューベルトを聴こうかな。

ご冥福を心よりお祈りします。


jacket300.jpg
Tierra Cuatro
1st Album "Tierra"
MGRR-2501 ¥2,500(税込み)
amazonで購入

Tierra Cuatro Official Web
Tierra Cuatro Facebookページ
この記事へのコメント
悲しいですね・・・。
人はいつか必ず死んでしまうけれど
自分が尊敬している師の訃報はより一層悲しいものだと思います。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。
Posted by rise at 2012年05月20日 10:24
ディースカウさんは今もきっと幸せですよ・・
たくさんの人に愛されているんですから・・・
トポちゃんと同じ気持ちで、今もたくさんの人が、ディースカウさんのシューベルトを聞いてご冥福を祈っていることでしょう。
私も心よりご冥福をお祈りします。
Posted by きらり at 2012年05月20日 18:33
>riseさん
実は10年くらい前に、ディースカウさんが亡くなったというニュースを見て(確かに見た)、てっきり亡くなったと思ってたらその後テレビに出演しているのを見かけたことがあって、なんだか記憶がごっちゃになってしまっててっきりもう亡くなってるものかと思ってました(笑)
悲しいと言えば悲しいけど、あまりに偉大で僕にとっては歴史上の人物みたいなものなのであまり実感はわかないんですよねー。

>きらりさん
僕はディースカウさんの作品にしか触れたことがなくてどういう人間なのかはほとんど知らないですが、音楽だけでこれだけ人に影響を与えることが出来るというのは本当に尊敬します。
そしてやはり音楽の素晴らしさを感じますね〜。
Posted by topo at 2012年05月21日 03:10
あれ?そうなんですか(^▽^;)
それでは、実感が湧くはずがないですよね〜(笑)
Posted by rise at 2012年05月21日 17:49
>riseさん
ええ。そうなんです。
でも、合掌。
Posted by topo at 2012年05月23日 04:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。