2019年11月17日

アンサンブルのススメ

現在、僕が主宰する南米フォルクローレのワークショップおよびグループレッスンは


リズムワークショップ
南米音楽で最も重要な要素である「リズム」に焦点をあてたワークショップ
曲を完成させることが目的ではなく、簡単なコードで徹底的にグルーヴを体感します
あらゆる楽器が対象
南米フォルクローレ初体験の方、楽器初心者の方、リズムをちゃんと理解したい方など、フォルクローレが知りたい、これからフォルクローレをやってみよう、という方向けの導入となるワークショップ


ギター基礎講座
フォルクローレの肝となるギターには他のジャンルには無い独特の奏法があります
その奏法を習得するための身体の動き、各リズムの弾き方など、フォルクローレを自由に演奏するために必要な要素を網羅したカリキュラムを用意しています
フォルクローレをやってみたいというギタリスト、経験者だけどなんとなくリズムを処理している方、ギター初心者、などが対象のギターに特化したグループレッスン


の2つ


そのほか、個人レッスンや単発のグループレッスンなども行っております



そして今回、新たにグループレッスンを開講します


それは


「アンサンブル講座」


リズムや演奏技術をある程度習得した方が合奏し楽曲に取り組むことを目的としたグループレッスンです


上記2つの講座で、ある程度リズムを習得した人の受け皿としても機能するレッスンになります


この講座はあらゆる楽器を対象にしています


フォルクローレはケーナやサンポーニャやチャランゴやギターやボンボだけのものではありません


ピアノ、ベース、バイオリン、クラリネット、マリンバ、アコーディオン、尺八、チェロ、テルミン、ハーモニカ、etc、、、


あらゆる楽器に開かれた音楽です
(重要なのはリズムであり、楽器や衣装や人種や場所ではなく、南米スペイン語圏の伝統的なリズムが音楽ジャンルとしてのフォルクローレの定義なのです)


プロの現場において様々な楽器編成でライブ活動を行ってきた山下Topo洋平がフォルクローレのアンサンブルのためのノウハウを伝授します


CDや動画など誰かの音源をコピーして終わりではなく


そこにいるメンバー、そこにいる編成でどうすれば自由により良いサウンドを作れるか


曲を仕上げるにあたって、あるいは演奏する際に


注意するべき点は何か


そういった実践的な内容、本質的な音楽の作り方をお伝えします


その中で音楽の楽しさ、喜びを共有できればと思っています



月に一回、2時間のレッスンになります


料金は5000円(学生は4000円)、場所は田無KOKOPELLIにて


第一回は12月10日19時〜21時


課題曲を設定して、ある程度継続したレッスンになっていきます


すでに5人の方が参加表明をされています


参加希望の方は11月中にご連絡をください


そのほか、講座についての疑問・質問も遠慮なくどうぞ