2019年10月27日

年に一度の発表会でした。

8_iub_BCMpp4cj91572152225_1572152358.jpg



昨日は年に一度のわたくし主宰、教室の発表会でした



この日のために数か月前からみなさん準備を重ねていました


それぞれうまくいったところ、いかなかったところ


もちろんいろいろあるけれども


結果うんぬんではなく


ここに向かって積み重ねてきたということに価値があるのだと思う


みんなよかったなー




表面上はケーナやフォルクローレを教えてはいるけれども


それらはあくまで媒介であって


それらを通して自分自身と向き合い、自分自身の音、自分自身の音楽に出会ってほしい


自分自身の嘘のない心のままに表現してほしい


そうすることが演奏してる人にとっても聴いてる人にとっても最高の瞬間になるだろうから



そう思ってレッスンしています




そういう意味では


みんな去年から確実に変化しているし


初出場の人も含めてみんなひたむきに自分の音を鳴らしていました


ぼかあ嬉しいよ




僕自身、演奏家として全く完成してないし、生徒のみんなと何一つ変わりません


ただの笛を吹く一人の人間です


僕も自分の音を探す過程にあり


自分の身体と心と向き合い、自分の音とは、自分の音楽とは、自分とは何か


常に模索し続けています


生徒よりもその道のちょっと先にいるにすぎません


レッスンでは生徒さんがその道を歩くためのちょっとした手助けをさせてもらうわけですが


一人びとりと向き合うことで僕が得られることも沢山あります


技術を伝えるだけでなく、心で向き合うことを意識しだしてから


僕の中でここ数年どんどんレッスンが面白くなっています


これからも楽しみです




ゲストの森悠也くんも素晴らしかった


僕とのデュオによるミニライブも良かったけど


生徒さんの発表演奏に参加してもらった数曲は彼らにとっても得難い経験になったのではないでしょうか


ありがとう


良い薬です




出演の皆様、お疲れさまでした


ご来場の皆様、ありがとうございました



また来年お会いしましょう




さよなら

2019年10月17日

ツヅリ・ヅクリさんの新アルバム「むげん世界」に参加しました!

こんにちは


私は山下Topo洋平



ここ数日、寒いですね


いきなり寒くて僕は鼻白んだ


鼻白むの意味はわからないけど


使ってみたかったので使ってみました!


ウケる




さて


レコーディングに参加させていただいたツヅリ・ヅクリさんのアルバム「むげん世界」がリリースされました


IMG_2745.JPG


2曲ほど参加しております


ケーナなどというただの簡素な竹に注目してくれて


僕などというどこの馬の骨ともわからない小男を使っていただいて


感謝としか言いようがありません




ケーナがこうして民族音楽の枠を超えた領域にも出ていき、今まで聴いたことが無いような新しい魅力のある音楽を生み出しうる可能性を示すためにも


作品に参加するということはとても大事なことですゆえ




タイトル曲「むげん世界」はMVも公開されております


ケーナも活躍しておりますよ


よかったらみてみてねねね





2019年10月05日

頭からっぽにして、ごくごく簡単な曲でリズムを身体にインストールしていく!

IMG_2704.JPG


こんばんは


ボク、アンパンマン!


ウケる


山下Topo洋平です



本日、南米フォルクローレのリズムワークショップが行われ、開かれ、催され、開催されました



このワークショップは曲を完成させるのが目的ではなく


楽器の上達が目的でもなく


徹底的にグルーヴを体感することが目的です


南米音楽はリズムが肝であるからこそのこの内容


リズムを打ち出すことが最も重要な音楽だし


何よりもリズムにノルと、キモチイイ!


そもそもこの気持ち良さを共有したいと思ってこのWSを発足したのでした



今回は


昨日の記事でも申し上げたように


新たな試みとして


ごく簡単なエチュード(練習曲)を使ってリズムを体感しました



今までこのWSでやってきた、2〜4つの簡単なコードのみで延々とリズムのみを弾きまくる時間(ストイックながらこれがとても大事で、みんなで単純なコードでリズムを弾いていると気持ち良くてトランスしてくる!)ももちろんやりつつ


その後に今回作ったエチュードをやりました


とても良かったのではないかと!



今回の参加者にはケーナの方もいて、コードだけでリズムを弾いてる時間ではボンボを叩いてリズムを身体に入れてもらって、エチュードではメロディを吹いてもらうことで、身体に入ったリズムを失うことなくグルーヴ感のあるメロディを実現することができました


その他の参加者、ピアノやギターなどのコード楽器の方も、メロディの無いストイックな練習から、メロディのあるものになったことでより歌えるし、より音楽的なアプローチができるし、しかも簡単なコードなので頭で考えることなくリズムを体感し続けられるし、より楽しめたのではないかと思います


メロディは楽譜が読めなくても簡単に覚えられるもの、かつそのリズムの特徴的なリズムパターンを多用することでグルーヴが生まれやすいものにしたことは言うまでもありません



非常に有意義でした



今回は「Huayño(ワイニョ)」「Cueca(クエカ)」2つのリズムを取り上げました


次回は11月4日(月祝)の15時から、テーマは「Carnaval(カルナバル)」と「Zamba(サンバ)」です


この2つのリズムのエチュードももちろん作ります



興味ある方、お気軽にご参加くださいね!



◆11/4(月祝)南米フォルクローレ リズムワークショップ
@田無KOKOPELLI
https://topo220.wixsite.com/kokopelli
開場14:30 / 開始15:00(〜16:30)
2500円(学割1500円)

2019年10月04日

フォルクローレリズムワークショップ、エチュードはじめました

オッス、オラ悟空!


ウケる


山下Topo洋平です


71774872_10220054250210179_7670856056452415488_o.jpg


南米フォルクローレ リズムワークショップのために、エチュード集を作りました


全て8小節でごく簡単なもの


曲はほとんど演奏せず簡単なコードだけで徹底的にリズムを体感してきたこのワークショップ、今回もその時間は設けますが、さらにこのエチュードを使ってそんな簡単なコードに簡単なメロディを付けてより音楽的なアプローチをしてみたいと思います。


曲になると身体にリズムが入ってない人は得てして頭で考えがちになってしまい、身体でリズムを打ち出すことを忘れてしまうので、頭で考えるまでもないくらい簡単で、それでいてメロディがちゃんと歌えるエチュード。


‪メロディもそのリズムによく出てくるリズムパターンを多用していて、身体でノっていれば自然に歌いやすいものになっています


歌や笛など、メロディ楽器にとってもリズムを感じながら自然にグルーヴのある演奏ができるようになるための教材です



南米音楽に興味のある全ての方が対象


どんな楽器でも参加可能です


レベルも知識も音楽歴も年齢もプロもアマチュアも関係ありません



ご参加、お待ちしております


ぜってぇ来てくれよな!


ウケる