2019年02月28日

社会と恐怖

札幌行きの飛行機の中でこの記事を書いています


この飛行機が落ちたら僕は死ぬ

この車が激突したら僕は死ぬ
死にたくない
そうならないように社会は配慮し、僕たちが安全・安定・便利な生活を送れるよう、日々進歩しています

社会は僕たちの日常から死の危険を遠ざけ、自分が死ぬという事実を直視しなくても生きていくことができます
過去、その日一日を生き延びることに必死だった人間の日常は死の危険に満ちていたことでしょう
それでは困るってんで、人間は連帯し協力し社会を成熟させることでその課題をクリアしてきました

社会
それは人類の素晴らしい発明だけれども
でも、ここに大きな問題もあると僕は感じています

あの時、石垣から転げ落ちていたら、僕は死んでいた
あの時、彼が引き金を引いていたら、僕は死んでいた
あの時、熊と出会っていたら僕は死んでいた
あの時、僕は常に死と隣り合わせであることを知りました
僕はいつだってあっけなく死ぬかもしれない
この「死への恐怖」を直視することが僕の生きる土台になっています

いつ死ぬか知れない
だからこそ生きていることは素晴らしいし
この一瞬を本気で生きようと思える
そこに覚悟と希望があるのです
そこに生きる実感があるのです
だからこの恐怖を見ぬふりをして生きていくことはできません

この恐怖は人間が本来持っている普遍的で原初的な感情であるように感じます
なぜなら、人は誰だって死ぬのだから
その事実を前提にして、生は始まるのだと思います

社会とは、安全・安定・便利な生活によってこの事実を隠し、原初的な恐怖を人間から切り離す営みでもあります
そうして社会により人間は本来持つべき感情を忘れてゆく
ある意味では社会によって人間は人間でなくなるのです
僕はここにまた別の恐怖を感じます

社会から一歩離れた瞬間、死はその恐ろしい姿を露わにし、容赦なく襲ってきます
それが「この世界の真実」なのだという抗うことのできない残酷な現実とともに

その恐怖・その現実は、社会が作る安全や安定などは幻想なのではないかとすら感じられるぐらいの圧倒的な説得力・現実感を持って迫ってきます
社会はいつ壊れるかもしれません
そんな社会に、そんな社会が作り出す安全・安定・便利に、身も心も全て委ねてもよいものなのでしょうか
このまま社会が発展していき、それを盲信することで、人間は何か大きなものを失うのではないでしょうか
いや、もう失っているかもしれない

やばくね?

僕たちは社会なくしては生きていけない
しかし、社会は人間を人間でないものにする
なんという矛盾
涙が出てきます
でも、泣いてても仕方がない
この矛盾に対して、どう向き合っていけば良いのか
考えなければ

僕たちは社会の下に生き、社会に無条件に従順に従う存在ではなく、社会を自分の中に持っているのだと意識することが必要なのではなかろか
自分の中には、人間が本来持っている原初的な感情と社会性を持った自分が共存している
自分の人格とは、その両者のブレンドである
そんな感覚が必要なのではなかろか

僕たち音楽や芸術分野に携わる者にとっては
その恐怖や、翻って、生きることは素晴らしいという感覚を、作品によって社会に伝えていくことで、人間が人間であり続けるための助けになるような、人間が人間であることを忘れずにいられるような仕事をすることがその役割の一つなのではなかろか
そのためには、人間とは何か、生きるとは何か、考え、感じ続けねばならぬ

そう、思います


だから
今日も笛を吹き散らかす!

ウケる


今日から札幌3days
助川太郎GroupのCD発売記念ツアーだよよよ
CDも発売中!
ネットでも注文できます
買ってね

2019年02月15日

キャッチコピーを考える!

ときどき


「あなたの音楽はどんな音楽ですか?」


と聞かれることがあります



この質問に答えるのは非常に難しい


そんな簡単に説明できるなら音楽やってないし


説明するより聴いてもらった方が早いし


というかどうしたって言葉になんか出来ないし


だから


聴けよ


と言いたい


でもそれを言っちゃあおしまいなので


言いたい気持ちをグッとこらえて


僕はその答えを探すことになります



今もずっと探しています


未だに見つからないけど



これはフライヤーやCDの叩き文句にも必要になったりして


自分の音楽を一言で表すような言葉



冒頭の質問をしてきた人


僕の音楽を聴いたことがない人


そんな人たちのための入り口になるような言葉


いわゆるキャッチコピーってやつ?



音楽の本質をズバリ表現できるような言葉は存在しないのだけれども


イメージとか?雰囲気とか?


表面的なアプローチで本質にアクセスしていると思わせるような言葉


興味を惹きつけられるような言葉


探しています




前置きが長くなりました


そこで、世の中にはどんなキャッチコピーがあるのか調べました


その中で、これは凄いなと思ったのが


ルミネの広告のコレ


4802FE63-3D4C-4375-8356-4A43EC6C9799.jpg


「試着室で思い出したら、本気の恋だと思う」


女性をターゲットに洋服を売りたいルミネ


これはすごい


この短い文章の中に物語があり、女性の共感がある


コピーライターの方はコレ思いついた瞬間


「やった!」


と思っただろうなあ


会議でも絶賛だったことでしょう




僕も考えてみましょう


全然見つからないけど




それにしてもフリーランスの音楽家のタスク


多すぎでしょ、、、




アルバム「歓びの人生」発売中!

https://topo.base.ec/items/16035274


0BF4E53F-7F7C-4DF2-B554-32FEE1F325BF.jpg



2019年02月04日

阿部篤志という男

ピアニスト阿部篤志は社交的で


出会った人とその場で打ち解けて


すぐに仲良くなることができる


僕はそんな彼を見て、すごいなあ、と思うばかり




ピアニストは楽器を選べない


現場の楽器にいかに早く適応するかが求められる


その瞬発力、適応力は彼らにとって生命線


とても大事なことなのだろうと想像する



阿部篤志のピアニストとしての瞬発力・適応力が


音楽を離れた場で社交性となって現れているのではなかろか



つまり僕が思うに


彼は身も心もピアニスト


ピアノを弾いてなくてもピアノを弾いているのでR


音楽とそれ以外の時間の境目がなく、常にピアノを弾く感覚でいるから


いかなる時でも瞬発力・適応力=社交性を常に持っているのでR



僕にはそう見える


音楽の有無にかかわらず常にピアノを弾いていたらそりゃ素晴らしいピアニストになるよね



今日のライブはピアニスト阿部篤志という男の恐ろしさ、素晴らしさ、ハッピー感、すごかった


それにつきる


ライブダイジェスト



- - - - - - -
[山下Topo洋平Official Web]
http://topoyohei.com/

[Twitter]
https://twitter.com/topoyohei

[Facebbok]
https://www.facebook.com/topoyohei

[YouTubeチャンネル]
https://www.youtube.com/user/hamburg5800

[Web Shop]
https://topo.base.ec/

2019年02月03日

大学でケーナ、サンポーニャ、南米フォルクローレを教えてる話。若者を育てたいという話。

昨日の福岡でのライブに


この4月から洗足音楽大学へ通うことが決まったという高校生3年生の子が来てくれてました


サックスを吹くとのこと



そして今日はチャランゴを演奏する中学生が来てくれてました



わたくし洗足学園音楽大学ワールドミュージックコース


ケーナとサンポーニャ、そして南米音楽を教えてます


これらの楽器・音楽を音楽大学で勉強できるというのはもちろん日本で初めてのことだし、画期的なことです


音楽を総合的に勉強しながら民族楽器が学べる


または自分の専攻をしっかり学びながら、副科として南米の楽器や音楽が学べる


ええやん


サックスの子、副科でケーナ来たらええやん


チャランゴの子、ワールドミュージックコース来たらええやん



勝手なことを申し上げて申し訳ない


ウケる



このワールドミュージックコース、ほかにも世界各地の楽器や音楽を学べます


去年、このコースの生徒募集のリーフレット作成にあたって僭越ながらわたくし原稿を頼まれました


その文章はこんな感じでした


---


世界には、効率化された現代のシステムでは測り切れない価値観で成り立っている音楽が無数に存在します


それらは人間が本来必要とするしあわせとは何なのか、という根源的な問いかけから生まれました


お金でもない、仕事でもない、ここには純粋な喜びがあります


この喜びを掴む力を養うことは、何よりもみなさんの人生の支えになることでしょう


---


マジでそう思ってますよ、ぼかあ


僕は大学を三か月で中退し、それから安定した仕事・収入や音楽家としての権威や将来の保証など何一つ無い民族音楽のフィールドで一つのことをトコトン追求してきました


だからこそ現代のシステムでは説明できない価値観の素晴らしさに気付いたし、自分とは何か、人生とは何か、しあわせとは何か、本質的なものの手がかりを掴むことができました


この文章は僕の生きてきた経験から、頭ではなく心で、本当に感じていることです


ケーナや音楽を通して人生について考えさせられ、本当に救われてきました



ただ僕の文章、受験生や親御さんは大学の後の就職のことも考えるだろうに、お金でも仕事でもない、とか言っちゃってるわけで


親御さんがそんなところに行かせたくないと言うのもめちゃくちゃ予想できる


そりゃそうだ


今の社会ではある意味、非常識ですよ


でも


それがどうした


僕は今の社会が非常識だと思う


もしくは僕たちは非常識になるべきだと思う


システムに飲み込まれて大切なものを失ってはいけない



逆にこっちの価値観に同意してくれる人も結構いるんじゃね?とも思う


これからの時代、このように本質を大切にする価値観の重要性にみんな気付きだすのではないかと希望的観測を持っているのだけれども


そこに賭けたい



僕は生活しながら家賃のことなど考えたことはありませんでした


今も考えてません


瞬間瞬間をただ一生懸命、精一杯、より気持ち良いもの、より美しいもの、自分の底の底から聴こえてくる心の声に従って生きてたら、なんとかなってきました


なんとかなるようにさせてくれた周りの人たちのおかげです、ホントに


これからも何一つ保証されてないけど、なんとかなっていくのでしょう


なんともならないかもしれないけど


ウケる


でも人生、いずれにせよ先のことはわからないし、であるならばどっちにしろ勇気が必要なんだから


将来を恐れるあまり、お金や物質にばかり目が行って自分の気持ちを誤魔化すような、不安をベースにした行動より


心の声に嘘をつかないで、こうしたらこんな素晴らしい世界が待ってるはず、と、希望をベースに生きた方が絶対気持ち良いと思うの




ということなので、みんなワールドミュージックコース、きてね



大学には来ないまでも、プロとかアマチュアも関係なく、やるならちゃんとやりたいという若者、トコトンやりたいという若人、レッスンでもライブでも、いつでも待ってますよ


生徒もいいけど、弟子?パダワン?それもいいかもね


なんでこんなことを言っとるかっちゅーと


最近、若い世代を育てないといかん、と自然と思うようになったからです


これが年を取るっちゅーことか


ウケる



今日のライブダイジェスト



- - - - - - -
[山下Topo洋平Official Web]
http://topoyohei.com/

[Twitter]
https://twitter.com/topoyohei

[Facebbok]
https://www.facebook.com/topoyohei

[YouTubeチャンネル]
https://www.youtube.com/user/hamburg5800

[Web Shop]
https://topo.base.ec/

2019年02月02日

九州ツアー初日

助川太郎Group CD発売記念ツアー


九州は福岡へ来ました


このバンドでは初めての九州



今日のライブはお客さんが一人も僕たちの音楽を知らないという状況でした


考えてみたらここまでのアウェーは久しぶりだったかもしれぬ


最後の曲『Alegria Vida』を演奏してるとき


東京のみんな、全国で出会ったみんな、いつも応援してくれる人たちに


今この音がみんなの元にも飛んで行ったらいいなという思いが沸いてきました


そしてここにはいないみんなの後押しを受けてる感じもしました


こんな気持ちになったのは初めてかも


それだけいろんなところを旅していろんな人に音楽を届けていろんなひとに応援してもらっているからかもね



CDができて、この音楽が次のフェーズに進んで


「僕たちの音楽」から「みんなの音楽」になりつつあるような


そんな気がしました


今まで他のCDをリリースしたときはこんな気持ちにはならなかったのだけれど、なんでしょうか



さてライブ


すごく良いライブでした


お客さんにも喜んでもらえたみたいでよかったなー


みんな初めてで、全曲オリジナルのインスト音楽ですよ


それで楽しんでもらってCDもたくさん売れて


ありがたいことです


これを機に福岡にもこの音を広げていきたいものです


福岡のみなさん、またお会いしましょう!



ライブダイジェスト




明日は長崎シビックホールです


16時開演です


もしお近くの方がいたら、きてねねね