2017年03月06日

人魚

先日、山奥の渓谷へ釣りに行きました


さわやかな日差し、森の澄んだ空気と清流の澄んだ水


なんて気持ちの良い釣り日和!




釣りを開始して小一時間


異様に大きな魚影が足元を通っていきました


するすると上流へ泳いでいきます


澄んだ水のおかげでその大きな尾ひれが見えます


まっ、まさか、


こっ、このシルエットは、、



人魚?



この尾ひれの鱗の感じや大きさは子供の頃、絵本とかアニメで見た人魚にとてもよく似ています


上半身は光の反射でキラキラしてよく見えない


僕は魚影を追いかけて上流へ走りました


ところが人間が走って追いつけるほど魚は遅くありません


途中で見失ってしまいました


でも、


人魚ならどこかで岸に上がっているかもしれない


僕は必死に上流へ、山の上へ走りました



しばらく走って、息も上がった頃


ふと前を見ると川岸の岩に髪の長い女性が座っています


その下半身は、魚



人魚だ!


やっぱり人魚だったんだ!



なんということでしょう


発見してしまった


僕は人魚と出会ってしまった



僕はゆっくり人魚に近づいていきました




人魚を発見した興奮で今まで気がつかなかったけど


ふと見ると、人魚の横に見知らぬおっさんがいる


おっさんは人魚をスマホで撮影している


人魚も撮影慣れしているようで、ピースとかしている


人魚は幻想的で凛とした佇まいは一切なく、終始気だるい表情をしている


よく見ると、妙にケバい化粧をしているし髪もバサバサでひどく痛んでいる


タバコを吸いだした


肩のあたりにタトゥーまである


撮影を終えたおっさんから小銭を受け取っている


僕が近づくと、「アンタも写真とか撮るわけ?」みたいなダルそうな表情でこちらを見てくる



何かが急速に冷めていくのを感じた僕は何も言わず、すみやかにそこを立ち去ったのでした




はたして


僕はこの人魚に裏切られたのだろうか


それとも人魚のイメージを勝手に作り上げた自分が悪いのだろうか


そんなもやもやした思いを抱いて、家路につきました






という夢を見た

2017年03月05日

ネオフォルクローレユニットでした

vlcsnap-2017-03-05-20h01m54s116.jpg


本日は吉祥寺Stringsでライブ


ピアノ太宰百合さんとの南米フォルクローレユニット、今回はパーカッション岡部洋一さんを招いてのトリオでした


沢山のご来場ありがとうございました



太宰さんの新曲あり


岡部さんの音とアプローチも素晴らしかった!


今日も充実のライブでした




そして、このユニットの名前が決まりました


「Alas」


スペイン語で「翼」の意


僕たちが作り出す新たなフォルクローレが世界へ飛んで行ったらいいな、と


そう思ってオリマス



セットリスト載せます

1st
Antarqui(Lucho Gonzalez)
飛梅(山下Topo洋平)
リャマの道(León Gieco - Uña Ramos)
Doña Ubenza(Chacho Echenique)
歪んだ窓(太宰百合)
El Encuentro(J.Komori)

2nd
最果て(山下Topo洋平)
Hurry!(Hugo Fattoruso)
Panorama(山下Topo洋平)
Subo(Manuel José Castilla - Rolando Valladares)
夜空のワイニョ(太宰百合)*新曲初演
Snowdrop(山下Topo洋平)

アンコール
He venido no he venido





来月、このAlasのスペシャルライブがあります


4月5日水曜日、中目黒楽屋にて


これまでこのユニットでご一緒してきた共演者を呼んで初の5人編成で


やります


10代のころから勉強してきた南米フォルクローレを今こうして素晴らしい人たちと新しい形で表現できること、とても嬉しいです


お見逃しなく


◆4/5(水)ネオフォルクローレユニット「Alas」Special
@中目黒 楽屋
http://rakuya.asia/home.shtml
03-3714-2607
予約¥3,500/当日¥4,000/学割¥1,500(+order)
開場18:00/開演19:30
山下Topo洋平ケーナ、vo
太宰百合p
馬場孝喜b
箭島裕治b
岡部洋一per

alas.jpg

国立でARCANAでした

20170305010943154.jpg


今日は国立NO TRUNKSでARCANAのライブでした


ライブハウスでのたっぷりじっくりワンマンは久しぶりだったような



ここでは笛はマイクを使わない生音で演奏



とても集中できました


よかったなー


やっぱりARCANAいいなー


と思いましたよ


さらに今日は


おれ、ケーナ吹いててよかったー!


とまで思いましたよ


笛一本で自由に世界を描けるし


こんな気持ち良い感覚を味わえるなんて、サイコーなんじゃね?ということにふと気づいた


笛のおかげで素晴らしいみなさまと出会うことができたし


笛吹きに生まれてよかったー!


なぜか今日、改めてそう思ったのでした




お客さんは少なかったけれど


とても良いライブでした


お客さんの数と演奏の充実度や自分の内面の充実感が比例しないのが面白いところ


沢山のお客さんに来てもらいたいのはもちろんですがね


というかお客さんいないと困るし




セットリスト載せます

1st
The Star(山下Topo洋平)
The Lovers(鬼怒無月)
Wheel of Fortune(山下Topo洋平)
The Empress(山下Topo洋平)
The Moon(鬼怒無月)

2nd
忘れられた舟(鬼怒無月)
The Sun(鬼怒無月)
最果て(山下Topo洋平)
The Fool(上野山英里)
The Devil(上野山英里)

アンコール
Strength(上野山英里)


終演後、珍しくルービーをミーノーするアテクシ

20170305011358808.jpg


ウケる


目が笑ってない


この目が笑ってない笑顔、今僕の中でちょっとしたブームきてます





さて




明日もライブだ!


やったー!


極楽ぢゃ…!


明日は13時から吉祥寺Stringsでピアノ太宰百合さん、パーカッション岡部洋一さんとのトリオです


ネオフォルクローレ、いきますよ





さよなら

2017年03月03日

ひな祭りと言ったら

打ち合わせで出掛けた先で


好ましい雰囲気のネパールカレーのお店を発見


ひな祭りと言ったらカレー!

20170303215514636.jpg

というわけで


吸い寄せられるように入ってしまった



20170303215649257.jpg

僕ぐらいんなると、やっぱりマトンカレーいっちゃうよね(チキンと迷った(やっぱり))


ナンもむしゃむしゃ



20170303215742660.jpg


僕ぐらいんなると、食後のチャイもいっちゃうよね



ネパール人とおぼしき店員さんがムクドリのように礼儀正しくて物静かで好感が持てました




打ち合わせは朗読劇にケーナの演奏で参加するという、面白い企画でした


本番楽しみですねー

2017年03月02日

リハでした

今週日曜日


3月5日は吉祥寺Stringsにて


ピアノ太宰百合さんとのネオフォルクローレユニットのライブです



今日リハーサルを行いました


バリから帰ってきたばかりの太宰百合さんの新曲もあり


このユニット初参加のパーカッション岡部洋一さんも素晴らしいリズムを生み出してくれます


午後ライブなので普段平日や夜にライブに来れない方にもオススメです


trio.jpg

【Neo Folklore Unit】
ケーナ奏者山下Topo洋平とピアニスト太宰百合の双頭ユニット。
南米フォルクローレを基調としたオリジナル曲を発表するとともに古き良き南米の名曲を新たな解釈によりアレンジ。
新しくも美しいフォルクローレを発信する。
今回は日本が世界に誇るパーカッショニスト岡部洋一を迎えて、リズムとメロディーとハーモニーが躍動する!

 
◆3/5(日)
ネオフォルクローレユニット
@吉祥寺Strings
http://www.jazz-strings.com/
0422-28-5035
¥3,200+order
開場12:00/開演13:00
Members:
山下Topo洋平 - Quena,Vocal
太宰百合 - Piano
岡部洋一 - Percussion


メンバーは違いますが、参考までにこのユニットの過去のライブ映像をばばばんと載せます









他のユニットと比べて、このユニットでは歌多め


たまにギターも弾いたりしてます


楽しいねー



リハの休憩中に食べたビスコッティ

DSC_1962.JPG


ビスケットをあえてビスコッティと言いたい


言っていきたい


その方が英国紳士の雰囲気がアリマス


英国行ったことないけど


そもビスコッティが英国のものか知らんけど





さよなら

2017年03月01日

作曲家の死後


残された人たちがその作曲家が生前書いた曲を演奏すると


またその人と接することができる


曲を演奏すると、たしかにそこにいる




まだ繋がっていられるんだ


というか、


本当はずっと繋がっていたんだ


今も、これまでも


死んでも、生きてても


これからも変わらずずっと繋がり続けるんだ



そんなことを感じました



生きることの尊さ、魂の永遠性







僕ももっと曲を書こうと思います


別に死後のことを考えてるわけじゃあないけど



バンドいくつもやってっから、書かなきゃいけないんス


宿題貯まってっから、書かなきゃいけないんス




ウケる





顔文字


[°曲°]


ロボット





さよなら