2017年03月30日

音楽大学でケーナとサンポーニャを学べるようになります!

ついにケーナとサンポーニャが音楽大学で学べる時代が来ます


このたび洗足学園音楽大学にワールドミュージックコースが開設されることになり、わたくし山下Topo洋平がケーナ科およびサンポーニャ科の講師をつとめさせていただくことになりました


これまで音楽大学で学ぶことのできなかったマイナーな楽器や民族楽器を学べる環境を作ろう、というアイデアから誕生したコースです


今年2017年度は準備期間ということで宣伝活動を行い、本格的なスタートは来年4月の2018年度からとなります



ケーナやサンポーニャはまだまだマイナーですがとても魅力的な楽器で、真剣に学ぶ価値のある楽器だと思います


もちろんこの楽器のルーツである南米フォルクローレについても伝えていけたらと思っていますし、音楽大学だからこそ総合的に音楽に触れられる環境もあります


他のコースに通ってる方で、専攻以外の楽器をやってみたい方は副科での受講も可能です


ケーナやサンポーニャ、南米フォルクローレに興味がある方は是非副科での受講を選択肢に入れてみてください




正直言って、大学にケーナやサンポーニャを学びに行きたいという方は現状ほとんどいないと思います


でもこの楽器を音楽大学で学べる環境があるということが、これからのこの楽器の発展を考えたらとても重要なことだと思っています



僕は高校生のときにケーナを始めましたが、当時は音大でケーナを学べるなんて本当に考えられませんでした


今でもちょっと信じられません


でも、始まります


新しい時代の到来ですね



とはいえ、学びたいという人が実際に来なければ成立しません


まずは知ってもらうことが大事だと思うので、興味ありそうな方が近くにいらっしゃる方は、音大でケーナやサンポーニャが学べるよ、ということをお伝えくださると嬉しいです


もちろんこの記事をシェアやコピペして拡散してくれることも大歓迎です



本気でやってみたい方、心よりお待ちしています!



洗足学園音楽大学ワールドミュージックコース コース紹介
http://www.senzoku.ac.jp/music/school/course/worldmusic/course.php

私は音楽を演奏する男です。

異国にて


外国人が「Your job?」とか聞いてくるので


「Musician」


と返答


が、何度言っても通じない


彼はWhat?とかHa?とか言って、ちょっと面倒くさそうな表情をしたり一生懸命伝えようとする僕を見てニヤケたりしている


あまりの伝わらなさと彼の態度に僕はだんだんムカついてきた


でも、別の言い方がないか考えて


「I am a man what play music.」


と言ったら


通じた


なんやねん!


そんな夢を見た




今日はソロライブでした


ありがとうございました





2017年03月28日

ミルクレープ

今日は久しぶりにボイストレーニングへ行ってきました


ボイトレの後に喫茶店でミルクレープを食べるのが好きです


ウマー




昨日のAlasスペシャルライブのリハ風景、動画アップしました








明日はソロライブ


当初弾き語りから始まったこのライブ、最近はケーナソロもやるよ


3/29(水)
@六本木ノチェーロ
http://www.nochero.com/
03-3401-6801
開場18:30/開演19:30
山下Topo洋平ボーカル、ギター、ケーナ


Alasリハでした

今日はリハでした


4月5日に行われるネオフォルクローレユニット「Alas」のスペシャルライブのためのリハーサル


これです


alas.jpg


このユニットで5人編成でのライブは初めて


素晴らしいメンバーのみなさま


やべえ


超きもちー


なんもいえねえ



明日、リハ風景の動画をアップすると思います



◆4/5(水)
ネオフォルクローレユニット「Alas」Special
@中目黒 楽屋
http://rakuya.asia/home.shtml
03-3714-2607
予約¥3,500/当日¥4,000/学割¥1,500(+order)
開場18:00/開演19:30
Members:
山下Topo洋平 ケーナ、ボーカル
太宰百合 ピアノ
馬場孝喜 ギター
箭島裕治 ベース
岡部洋一 パーカッション

2017年03月25日

朗読とコラボ

今日は西荻窪へ


縁あって劇団朋友さんの主催する朗読ワークショップに呼んでいただきました


朗読のステージで合間合間にケーナを演奏するという試み


朗読とのコラボレーションは初めてだったのでどうなることか、不安でもあり楽しみでもあったのだけれども


作品の世界観、読み手の作り出す空気、自分の心を見つめて音を紡ぎ出すのは手探り感もありつつ、とても楽しくクリエイティブな時間でした


舞台美術も綺麗で照明も繊細でよかったなー


お芝居の舞台いいなー


ああいう美術と照明でライブやりたいぜー


呼んでいただきありがとうございました




今日のステージ

20170325004842702.jpg

2017年03月22日

南米風雲児ライブでした

P1020363.JPG

今日は四谷三丁目の素敵な喫茶店ホメリにて


ギタリスト助川太郎さんとのデュオ「南米風雲児」のライブでした


助川さんとの付き合いは長く、もう7年以上になるのですが


ここへきて新たなる出発と申しましょうか


昨日のブログにも書いたように、このユニットのためのオリジナル新曲を6曲も準備して臨んだ今回のライブ


記念碑的なものとなりました



お互いの得意分野であるところのブラジル音楽とフォルクローレという「南米」の音楽を使って


それでいてジャンルにとらわれることなく「風のように雲のように」自由に


そんなコンセプトでやっていけそうな、一気に視界が開けたライブとなりました




しかし新曲6曲初演は神経使ったー


今後のライブでどんどんブラッシュアップしていきたい



セットリスト載せます
(*マークは新曲初演)

・1st
Wiating-Rejoicing-Spring(助川太郎)
飛梅(山下Topo洋平)
タイトル未定(山下Topo洋平)*
Huayno Quebrada(助川太郎)*
タイトル未定(山下Topo洋平)*
・2nd
春風(助川太郎)
タイトル未定(山下Topo洋平)*
Pop'n Morning(助川太郎)*
最果て(山下Topo洋平)
Alegria de la Vida(助川太郎)*
・アンコール
Snowdrop(山下Topo洋平)



MCで次回のライブはまだ決まってないと言いましたが


ごめん、決まってました


次回、南米風雲児のライブは5月25日木曜日、草加Sugar Hillにて


お楽しみに


vlcsnap-2017-03-21-23h52m12s62.jpg

2017年03月20日

南米風雲児リハでした

今日はギタリスト助川太郎さんとのユニット「南米風雲児」のリハーサルでした


ライブは明日なのですが


なんと今回


6曲の新曲を準備しています


助川さん3曲、わたくし3曲



これは結構ありえないことで


普段こういうライブはお互いのレパートリーを持ち寄って


新曲があっても1〜2曲ということが多いのですが


それが6曲


しかもすべてがこのユニットのために書き下ろしたオリジナル曲


エネルギーがスパークしてます


僕の曲もボツリヌス菌にならないで済みそう



リハ風景をちょっとだけ撮影しました




助川さんのポップな新曲


これも明日やります!


楽しみだなー!


◆3/21(火)南米風雲児
@四谷三丁目ホメリ
https://homeri.jimdo.com/
03-6320-0790
¥2,500+2order
開場19:00/開演19:30
助川太郎g
山下Topo洋平ケーナ、他

朝6時30分のブログ

20170320063241903.jpg


たった今、


曲書けただドーン!


3日ぶりの新曲


稀に見るハイペース


この曲もギター助川太郎さんとのユニット「南米風雲児」に合うかなーと思って作りました


今日リハなのでやってみる


ボツリヌス菌になりませんように


うまくいきそうだったら明日の本番でやります


ライブは四谷三丁目ホメリにて


3/21(火)南米風雲児
@四谷三丁目ホメリ
https://homeri.jimdo.com/
03-6320-0790
¥2,500+2order
開場19:00/開演19:30
助川太郎g
山下Topo洋平ケーナ、他




それでは


おはようございます


おやすみやさい

2017年03月19日

ライブ観に行ってきたよ

昨日は友達のライブに行って来ましたよ


ボーカル木村美保さん&ギター高木大輔くんのユニット「ふらり・ね」


20170319145857401.jpg


「今ここで自分は生きているんだ!」「自分は、これなんだ!」という強い主張を受けとると素直に感動しちゃうなー


尊い


もちろん、直接的な言葉で受けとるわけではないですよ


音楽から受けとるのです


感じとるのです


考えるのではない、感じとるのだ


表現の内容はおだやかでも、激しくても、ゆるくても、静かでも、その向こう側にあるエナジーっつーの?


感じちゃうなー


それを感じさせるにはもちろん日頃の精進に裏打ちされたものがあってこそ


音は物理的なものなので、気持ちだけではどうにもならないの


でも気持ちがなければどうにもならないの


僕も頑張らねばー



前向きか




「ふらり・ね」の『揺れていたい』という曲が好きで、彼らのYouTube映像に勝手にハモりパートをつけて歌ったことがあります





勝手にハモリンピック


ウケる





さて


春はもうすぐそこです


20170319150224379.jpg


ギターを弾いたら暖かな日差しが差し込んだ


6弦だけ、張り替えたばかり


ポロロン…ポロロン…


春はもうすぐそこです

ハードボイルド

僕といったらハードボイルド


ハードボイルドといったら僕



みたいなところがあるじゃないですか



だから


買ったんです


ハードボイルドグミ


20170319002325583.jpg


んめえんめえ


ハードグミ大好き




でも


そもそも


ハードボイルドな人はグミなんて食べませんからー!




20170319002550185.jpg


ガーン




ウケる




さよなら



2017年03月18日

心から幸せそうに楽器を演奏する人たち

20170318004630464.jpg


本日のライブは草加Sugar Hill


メムバーは永遠のピアノ少年モリゴンこと森丘ヒロキ、ギターモンスターぴろゆきパイセンことさとうひろゆき


初の組み合わせトリオでした


今日はわたくしのオリジナル曲多目にセットリストを組みました


このメンバーで、自分の曲をがっつりやりたかったんだー


お二人とも案の定素晴らしい音・プレイ


ピアノを弾いてるときが、ギターを弾いてるときが、心から幸せそうな二人でした


濃密な2ステージでした


よかったなー


セットリスト載せます


1st
Dolphin(森丘ヒロキ)
Joker(山下Topo洋平)
Islaelite(森丘ヒロキ)
遠くから遠くへ(山下Topo洋平)
烏(山下Topo洋平)

2nd
そらみどり(さとうひろゆき)
傀儡子(山下Topo洋平)
Temperance(山下Topo洋平)
最果て(山下Topo洋平)
Snowdrop(山下Topo洋平)

アンコール
案山子(山下Topo洋平)



このトリオ、またやりたいなー



ではさよなら

2017年03月17日

午前5時のブログ

P1040055.JPG


曲書けたドーン!


昨日のブログに書いたことをかなえられてよかった


有言実行



さきほど出来たばっかりなのでタイトルはまだありません


明日というか今日のライブでやるかは未定


僕の中では助川太郎さんとの「南米風雲児」のために書きました


南米ボリビアのカルナバルというリズムを使って


僕の最近の曲にしては珍しく、ちょっとトラッド寄りの曲になりました


もちろん、トラディショナルをそのままやるのではなく逸脱した部分もちょっぴりありつつ


どうかなー


良い感じで合うといいけど



リハーサルでやってみて


うまいこといけばそれすなはち喜び


レパートリーに加わるでしょう


うまいこといかなければボツリヌス菌


ズバリボツでしょう



すでに今年、先月書いた曲が一曲別のユニットでボツリヌス菌になっているので


この曲はレパートリーに加わると良いのだが


この曲を演奏することで友と音楽の喜びを分かち合えたら良いのだが


夢で見たのと同じように海が青いと良いのだが





朝5時です



おはようございます



おやすみなさい





2017年03月16日

朝6時のブログ

僕は音楽を仕事にしているわけですが


フリーランスで活動していると音楽だけをやっているわけにもいかなくて


事務作業から何から何まであらゆることを自分でやらねばならんわけです


一日が短い


なかなか作曲ができない!




これでも本当に音楽家か


なさけない



くそが!


明日こそ曲が書けたい!


曲が形になりたい!



朝6時です



おはようございます



おやすみなさい

2017年03月14日

マスタリングボンバー

20170314195643793.jpg


今日はTierra Cuatro 2ndアルバムのマスタリングでした


これでマスター音源は無事完成


ジャケットデザインも既に仕上がっているので


あとはプレスに出して製品が出来上がるのを松の実



発売は4/26


CD発売記念ライブは4/28@六本木クラップスにて


お楽しみに


◆4/28(金)Tierra Cuatro 2ndアルバム『遠くから遠くへ』発売記念
@六本木クラップス
http://c-laps.jp/
03-5485-5771
予約¥4,000+order/学割¥2,000(当日+¥500)
開場18:30/開演19:30
山下Topo洋平ケーナ、上野山英里p、小畑和彦g、海沼正利per
ゲスト:原田芳宏Steel Pan

Tierra Cuatroホームページ
http://tierracuatro.com/





僕ぐらいんなると、帰りがけに天丼食べちゃうよね、やっぱり


20170314195516458.jpg


あとはCD製品ができ『あがる』のを待つばかりゆえに


ウケる


面白くもない駄洒落のこじつけがすごい





さよなら

2017年03月13日

ゲーテに土下座(ゲザ)る

昨日の記事


「ゲーテは『芸術家よ語るなかれ、造れ』言うとるけど、そらおかしいで。「語るなかれ」ということを語っとる。作品でそのメッセージを示せんからって、自分で語ったらアカンわ。ゲーテはん、心が弱ってたんとちゃうか?」


とゲーテをディスりまくった私でしたが


原文を調べたところ


原文
Bilde, Kuenstler, rede nicht !
Nur ein Hauch sei dein Gedicht !


形作れ! 芸術家よ! 語るな!
ただ一つの息吹だにも汝の詩たれかし。


という詩でした


めっちゃ韻踏んでるし


ゲーテはこのメッセージを語ることなく、ちゃんと作品化していたわけです


ヒー


おれ、ほざいた


全然心弱ってなかった


むしろゴリゴリの強い精神が伝わってくる


この詩の完成度はわからないけど、この際そこが重要なのではなく


とにかく言いたいことを作品にしようとする強靭な意志を感じる


まさにドイツ人


ドイツ人って鋼鉄の心を持っているイメージあります


人種差別?


レイシスト山下


ウケる



逆に言うと、詩という形で作品化されたからこそ現代までこの言葉が残ったのかもしれませんね


作品というものにはそういった普遍性が与えられると思います




というわけでとりあえずゲーテさんにジャンピング土下座


そして大変励まされました


素晴らしい


えらいよ


おれ、見習うよ




あと、この言葉の「芸術家」って、どんなものかよくわからないけど


僕は表現者と解釈をしました


表現者とは何か、もう少し突っ込んで考えてみると


自分の内面から出てくる何かを何らかの方法で発信・表出する人


対象は個人の時もあるけど、基本的には不特定多数が対象であることが想定される


ということなのかな




そうなると、やはり僕はSNSのことを考えずにはいられない


SNSはまさに不特定多数・全世界に自分の何かを発信する場


ここに投稿する人はみな表現者であると思うわけです


投稿する一人びとりが感じる自分なりの美しさやら、ユーモアやら、なにかしらグッと来るこだわりのようなもの、「なんか良い感じ」をほんの少しでも投稿に盛り込めばそれは作品になるし、SNSがそういうものになればもっと楽しくなるのになあ、と思う




このインターネット・SNS時代、人類みな表現者である時代


不特定多数に向けた発信が作品であるかどうかという意識は、人類のこれからにとってもかなり重要なものなのではないかなと思う


いわゆる、愛があるか、無いか、的な?


ゲーテも!そういうことが!言いたいのでは!ないかと!


そういう!ことなのでは!ないかと!こう!思うのです!




例えば、昨日わたしはこんなツイートしました






くそくだらねー


確定申告ギャグ


わかってもらえないかもしれないけど


少なくとも


オレ、ウケる






さよなら


2017年03月12日

『芸術家よ語るなかれ。造れ』という言葉

今日のブログはツイッターから






知人がこのツイートを見たというので、それに反応して





と、つい投稿してしまいました


これ、実際のところどうなの?


ゲーテ自身語っちゃってんじゃん、と思うんだけど


「語るな」ということを創造した作品で示せなきゃアカンのちゃう?


と思うわけです私は



この「思ってるけど言えない問題」


似たことは先日の


「面白くないものを面白くないということほど面白くないものはない」ということは結局「面白くないものを面白くない」と言ってることに等しいから、言えない


というのにも通じる



ゲーテはん、作品で示せなくてつい心の弱さが出て言ってもうたんとちゃうん?


僕も心が弱るといろいろ言いたくなるので気持ちはよくわかるのですが


それは作品のためにならぬ



言いたいけど言えない


「語るなかれ」と思うのであれば、「語るな」ということすら語れないと思うわけです


心の強さが常に求められるつらく厳しい立場ですよね




でもつまるところ、別に言おうが言うまいが、自分が芸術家だろうがそうでなかろうが、どうでも良いではないか、と個人的には思う


正直めんどくせえ


自分の選択する行動が気持ち良いか良くないか、それだけではなかろか


そのジャッジは心の奥底から聞こえてくる心の声にゆだねる


そこをごまかさずしっかり聴いておくことが何よりも重要なのではなかろか


気持ち良ければやる、気持ち良くなければやらない


全ての行動の基準は、シンプルに、それだけ













ということを今朝、ほぼ徹夜の勢いでツイートしておりました私は



さよなら


浦和でTopo&Falconライブでした

今日は浦和Cafe ToneでTopo&Falconライブでした


わたくしCafe Toneさんには初出演


生音、気持ち良かったです


お店のみなさんもお客さんも暖かく、距離感も近くて


充実しました


また演奏させていただけたら嬉しいです

17269793_10212115058895358_869540054_o.jpg


Topo&Falconデュオ、ライブもリハも頻繁に数を重ねているので


演奏するたびにこのデュオならではの世界をより明確に表現できるようになっている気がします


とっても楽しいです私は


これからもっともっとデュオとしての練度を上げたい!


17269824_693494440833899_758843757_o.jpg


今日は前半はわたくしのオリジナル中心、後半はファルコン曲中心でお届けしました


オリジナル曲が好評で嬉しいです


そして今回はDo'aというバンドの曲もカバーしました


取り組んだのはかなりの大曲


音取りから個人練習、合わせ練習から本番まで、楽しい時間でした


セットリスト載せます


1st
Meteor(山下Topo洋平)
コンドルは飛んで行く(A.ロブレス)
止まない雨(山下Topo洋平)
ノルウェーの森(John Lennon/Paul McCartney)
遠くから遠くへ(山下Topo洋平)

2nd
息吹(ファルコン)
Spirit Flow(Do'a)
祈りの庭(ファルコン)
スーホの白い馬(ファルコン)
Metis(ファルコン)

アンコール
Other Side(山下Topo洋平)



ちなみに、ギタリストファルコンの名前は映画「ネバーエンディングストーリー」の白い竜、ファルコンに似ていることからつけられたあだ名が由来だそうですが


ネバーエンディングストーリーのテーマ、ファンタジー溢れる名曲ですね


僕も大好きな曲なのですが、この曲に日本語バージョンがあるのをご存知でしょうか


必聴です



ウケる


すごすぎるー


誰も止められないネバーエンディングストーリー






次回のTopo&Falconライブは4月27日木曜日、草加Sugar Hillにて


お楽しみに


ネバーエンディングストーリー日本語バージョンもやります


嘘です


さよなら

2017年03月09日

地面と足跡の哲学

わたくしたちは普段、何気なく道路を歩いていますが


地面がそこにあることを意識していません


20170309045329137.jpg


↑この図からもわかるように


結果的に足跡以外の地面は歩くためには必要とされませんでした、利用されませんでした


でも本当に踏みしめた場所以外の地面は必要なかったのでしょうか


20170309045605124.jpg


↑もし、足跡として使われたところ以外の地面が無くて、奈落の底まで届く谷であったら


この足跡の通りに歩くことが出来るでしょうか


普段は意識せずに鼻歌まじりに歩けるのだから、本来なら何も考えず同じように歩けるはずなのに…


途端に歩けなくなりますね




と、いうように


歩くためには、踏むところよりも踏まないところが大事なようです


もちろん地面を踏みしめることによってわたくしたちは歩いています


でも、歩くために必要とされない・利用されない地面の存在がわたくしたちを歩ける状態にしてくれています


逆説的ですがね





不必要が必要


音楽にもそういった音、パート、役割、あると思います


きっと、音楽以外のあらゆることにもそういったことがあるんだろうな




不必要がわたくしたちを無意識の世界へ導いてくれているのかもしれない


そんなことを考えました




え、オチ?


無いですよ?




ウケる





さよなら

2017年03月08日

一見つまらないものの中に面白さを見出だすこと、面白くないものを面白くないと言うこと

最近毎日ブログ更新してます


何てことないこと、日常の中でほんの少しだけでも感じた″何か″


そのかけらを掬いとって文章として形にし続けることは音楽を作ることに似ているような気がして




面白いことだけが面白いのではなく


ありふれたものや、一見つまらないことの中に


面白さや美しさや喜びを見いだす姿勢を持っていたい




さもなくば、見たことのない世界は見えてこないであろー



見たこともないものを見てみたいし、未知の体験をしてみたいし、誰も知らない世界へ行ってみたい


そのときほど生きてる実感が得られることはないから


未知の世界には期待やワクワク感もあるけど、もちろん恐怖もある


でも恐ろしいからこそ一生懸命生きてやろうと精神と身体が総動員で奮い立つのでR


その感覚に病みつきなのだります


感覚の針を振り切りたい


人生の目的と言ってもいいかもしれない


だから、生きている全ての瞬間で、どんなことにでも可能性があると信じていたい





わたくしの大事にしてる言葉を一つ、思い出した


「面白くないものを面白くないと言うことほど面白くないことは無い」


つまり、面白くないと感じたものをそのまま「面白くないもの」としてカテゴライズして扱うのは、めちゃくちゃつまんねーぞ、ってこと




でも、


考えてみたら


「面白くないものを面白くないと言うこと」を面白くない、と考えることも結局は面白くないものを面白くないと思ってることとイコールだから
(『面白くないものを面白くないと言うこと』を「面白くないもの」としてカテゴライズしている)


この考えはつまらないのかもねー




全てのことに面白さを見いだすのなら、もしかしたら


「面白くないものを面白くないと言うこと」も面白いのかもしれない



でも面白くないことの中にいかに面白さを見出だすかが大事だと思うので、そもそもまず面白くないものを面白くないと言ってしまうのは、いかがなものか




むむむ


目が回ります


ジレンマ


つらい立場ですよ





いずれにせよ


すげーわかりにくい文章


自覚はしてます!



ごめんね




何の結論も出なかったけど


またこのことについて考えを深めたら続きを書くかもしれないし書かないかもしれない


結構ずっと考えてることだけど、なかなか難しいね





では、さよなら

2017年03月07日

Topo&Falconリハでした

P1020361.JPG


今日はギターのファルコンとリハーサルでした


3月11日、浦和cafe Toneでのライブに向けて


新たなレパートリーにも取り組んでおります


オリジナル1曲、カバー2曲、計3曲がまた新たなレパートリーとして加わりました


練習しなきゃー



昨年12月から活動しているデュオ


エフェクターや変則チューニングを駆使するファルコンとのデュオならではの音楽を作っていきます



ちなみにファルコンは学生時代、映画ネバーエンディングストーリーに出てくる白い竜「ファルコン」に似ていることから友人たちからつけられたあだ名だそうです


本名は全くファルコン感・ファンタジー感が無くてウケる


しかしギターはファンタジー




参考映像、ファルコンがこのデュオのために書いてくれたオリジナル曲「スーホの白い馬」


この曲は個人的に入り込み度が凄まじく、いつもモンゴルの草原が目の前に広がると同時に、馬が私の身体に憑依します





浦和カフェトーンには初出演


手の届かんばかりの距離での演奏、もちろん笛はマイクを使わない生音


席に限りがあるのでご予約をオススメします


ご予約はお店に直接でも、僕に連絡をいただいてもOKです


@浦和Café Tone
http://tonecafetone.wixsite.com/cafe-tone
048-825-4702
開場18:45/開演19:15
MC¥3800
山下Topo洋平(ケーナ、サンポーニャ)
ファルコン(ギター)