2016年02月29日

P1030572.JPG


このひとしずくはかつての僕であり


未来の僕でもある


僕はこのひとしずくの未来の姿でもあり


かつての姿でもある


時間を超えれば全ては一体

2月29日

P1030569.JPG


己の信ずる道を進めば進むほど


人間の作ったあらゆるグループ、カテゴリー、ジャンル、枠組み、組織から逸脱してゆくのを感ずる


人類のしあわせを追求すればするほど孤立し孤独になってゆく


もとより人間はしあわせを求めてはいないのか


それでも信ずる道を行くしかない


その孤独は私という個人が原初的に持つ性質にのみ立脚して生きているからこそ感じるものだとも言える


己を信じ、人間を信じるよりほかない


なぜなら


今年はうるう年ですから


ウケる


何も関係ねえ