2015年11月30日

吉祥寺StringsでTierra Cuatroライブでした

昨日は吉祥寺Strings


Tierra Cuatro南米ツアーからの凱旋ライブ第二弾でした


今回も酸欠になりそうなくらい満席


たくさんのご来場ありがとうございました



ライブは大変盛り上がり


南米の熱狂的な聴衆にも勝るとも劣らない暖かいお客様の反応でした


さすがホーム


うれP




ライブの後は今回の南米行きを支援してくれたみなさまとツアーの打ち上げ


今度はできることなら南米にみんなで行きたいものですね



12316491_834996916598178_4231388361586485811_n.jpg


12294723_927731513977053_7402203870591510069_n.jpg



次回のティエラライブは12月30日、大塚Grecoにて


毎年恒例、年忘れライブです


去年に引き続き、今年もバイオリン平松加奈さんがゲストで参加してくれます


今年を締めくくるライブ


ぜひご予定を

2015年11月29日

東松山ピンベリーカフェでライブでした

今日はなんだか久々のライブ


東松山ピンベリーカフェでピアノ上野山英里さんとデュオでした


ピンベリーカフェでは今回はじめてライブをさせていただきましたがとても素敵なお店で


音も響くのでノーマイクの生音でやらせていただきました



お客様にもとても楽しんでいただけたようで


非常によかったです


またやりたいですね


ご来場のみなさま、主催者、スタッフのみなさま、ありがとうございました



12279214_1526399151003813_1001249513799578850_n.jpg


1448723033470.jpg

クリスマスツリーとピアノが並んでる感じ、雰囲気がとても良かったです





12319384_1526389441004784_1943343589_n.jpg





12319384_1526389441004784_1943343589_n (2).jpg





12319384_1526389441004784_1943343589_n (3).jpg







12319384_1526389441004784_1943343589_n (4).jpg








さよなら



2015年11月16日

大事なこと

Facebookに以下の文章を書きこみました


最近SNSは人の投稿を見ることもなく告知以外の投稿をすることもなく離れてたんだけど、思ったことを書いておこうと思って


本当はこんなこと書きたくないし、音楽で全てを伝えたいという思いもあるのだけれど


言葉だからこそ伝わることもあると思うし、逆に音楽だからこそ伝わることもあると思う


言葉を使えるのだから使うのなら自分だけのためでなく人のしあわせのために使っていきたい


-------------
悲しい。
これはフランスの問題でもテロの問題でもなく、我々人間一人ひとりの問題だと思います。
どうしても「我々」と「彼ら」を対立させて考えてしまう人間の性質を変える時期が来ているのではないでしょうか。
 
今の日本は平穏ですが、その生活の中にも「相手を打ち負かしたい」とか「自分が有利になりたい」とか思うことは誰にでもあるのではないでしょうか。
全ての争いは、そんなちょっとした「私(たち)」と「彼(ら)」の対立から始まっています。
 
「私」と「彼」の違いを受け入れなければ憎しみはなくなりません。
今回の事件もこれまでの歴史上で行われた争いも、私たちのちょっとした日常の憎しみの延長線上にあると思うんです。
「テロが」とか「フランスが」とか「日本は」とかではなく、一人ひとりがもっと自分の事として胸に手を当てて深く考えた方が良いのではないでしょうか。
 
本質的には「私」と「彼」の間には境界線などなく、全ての存在は繋がっています。
もちろん、私たちは肉体で分離されていて、色々な人がいて色々な考え方があって、それぞれの人に違いがあります。
でも行動や言葉を生み出す肉体は仮のもので、おおもとの全ての魂は一つだと感じるのです。
例えるならコップが肉体、魂が水。全ての水は海へ還ります。
音楽をやっているとそのことがよくわかります。
魂ということで考えなくても、全ての人は「存在している」という点で平等です。
 
どうしたら敵に勝てるかを考えるより、
どうしたら自分を含めたすべての存在を受け入れ、許し、救えるかを考えた方が良いと思います。
テロリストは「理解不能」の別世界の存在ではなく、同じ人間です。テロリストから観た有志連合の人たちも同様です。テロ行為は許されるものではありませんし、空爆により報復することが正義であるはずもありませんが、彼らの行動もみんなが同じように持っている「心」から生まれています。
すべては人間の心から生まれています。今、心のありかたを一人ひとりが真剣に考えなおす必要があると思うんです。
人類がもう一歩前進するか、分岐点に来ていると思います。
 
「許す」ことはとてもとても難しい。
今の社会がどうしても「私」と「彼」を対立させて考えざるを得ない(=憎しみが生じやすい)システムになっているという問題もある。
でも。でも。
一人ひとりがやっていきませんか。
みんなの心が変われば世界は必ず変わります。
 
テロリスト、難民の人たち、知ってる人、知らない人、家族、友達、全ての人の魂を救いたい。
「私(たち)」も「彼(ら)」も無い。全ては同じ一つの魂なのだから。
 
音楽には全ての境界線を無くし、憎しみや心の弱さから魂を救う力があると思っています。
みんなの魂がいつでも穏やかで安らかでありますように。
みんながいつも笑顔でありますように。

2015年11月12日

映画『ファイト・クラブ』感想




めちゃくちゃ面白かった


これはわたくし的人生の映画ランキングでベスト5、いや、ベスト3には入ってきますね


もはや面白いとか面白くないとか内容を越えて


映画というジャンルを超越して作品の持つメッセージにドンピシャで共感しちまった


それくらい、日ごろ自分が思っていることを代弁してくれた映画と言えよう




痛みによってこそ生きている実感を得られるのは本当にその通りだと思うし


全てを捨てれば自由になれるというのも共感する


わたしは、できるだけヤバい方を選択したいのでR


もっと言うと、のたれ死にたい


砂漠をさまよい、のたれ死ぬ寸前に飲む一杯の水こそ、人生最高の歓びの瞬間であろう


その瞬間を味わいたいのDA



僕には音楽があって本当に良かったとも思えました




この映画を暴力賛美だとか言って批判してる人は、はっきり言って見方を間違ってます


これは喧嘩でもないし相手を打ち負かすための暴力でもない(むしろそういった相手に向かう暴力には何もないということもちゃんと描かれている)


でも暴力描写が多いことにはかわりないので、合わない人も多いかもね




作品としても、映像とか演技とかブラッドピットの肉体の仕上がり具合とか、いろいろ最高です


そして大事なことは


ものすごく哲学的で深いテーマをあくまでエンターテインメントでやってるところ


これですよ


本当に素晴らしいと思う




いやー、ものすごかった


オススメせざるを得ない!


2015年11月10日

映画『チョコレートドーナツ』感想




DVDで観ました


よかったなー


無償の愛っつーの?


純粋な愛にグッときました


純粋でない愛など愛とは呼べないという意味において、そもそも愛とはすべからく純粋なものであり、純粋な愛という言葉自体が、頭痛が痛い、馬に乗馬、みたいなことなのかもしれぬ




ルディ役のアラン・カミングの演技と歌、マルコ役のアイザック・レイヴァの演技がハンパなかった


ポール役の人はザック・エフロンに似ていた




こうした愛情というのは血がつながっていようがいまいが、ゲイだろうがダウン症だろうが、劇中の彼らだけが特別なのではなく、全ての人が持ち得るものだと思う


というか全ての人が、この世界に存在しているという時点でみな平等に祝福されスペシャルで喜びと愛情に包まれていると思うのでR


後半で差別問題がどんどんクローズアップされていくのがテーマが矮小化してしまっている気がして個人的には少し残念でしたが、それでもすごく良い作品でした


音楽もとても良いです


オススメ

2015年11月06日

ARCANAでした

20151106233954987.jpg

本日は草加Sugar Hill


ピアノ上野山英里さん、ギター鬼怒無月さんとのトリオ、ARCANAのライブでした


久しぶりのフルライブ、たっぷり演奏しました


今日も曲の一つびとつ、音の一つびとつが深く美しく響いて



ARCANAワールド、お楽しみいただけましたでしょうか


ご来場ありがとうございました




アルバムも完成までもう少し


お楽しみに




次回のARCANAライブは12月22日、雑司が谷エルチョクロにて


たくさんの人に聴いてもらいたいです


ぜひ来てね

2015年11月05日

メリークリスマース

2015-11-05 18.40.19.jpg

クリスマスツリー

2015-11-05 21.46.42.jpg

酉の市



ハロウィンのときにあんなにいたのに、今日は仮装している人はいなかった


仮装が好きならハロウィン以外でも仮装して街を歩いても良いと思います

サンキューノベンバー

ここのところ、南米ツアーの募金をしてくださった人へのお礼のための動画を編集する日々


膨大な映像をまとめるのは大変骨が折れます


ヒー


日々の仕事と息抜き&趣味の映画鑑賞以外の時間はほぼすべて編集作業をしております


作業を始めると止まらないので徹夜続きよ


生活が荒れに荒れている


荒れる春場所


メールの返信なども遅れがちで申し訳がたたない


慚愧に堪えない


顔向けできない


足を向けて寝れない


昨日あたりで作業も一段落したのでそろそろもう少しまともになります



ツイッターやFacebookなどのSNSも全然見なくなっちった


それと同時に告知や宣伝以外にSNSに投稿する気分にもなれぬ



SNSから離れたくなる時期が定期的に訪れます


不特定多数が発信する情報が一気に飛び込んでくるのがストレスだし


逆に自分の投稿が誰かの耐え難いノイズになってるかと思うと投稿できない


もっと気軽に使えば良いんだろうがね、特にツイッターなどは


気が向いたら、はい




だがしかしそれに引き換えブログは良いですよ


これを読んでいる人は僕の記事を読みたくてここにアクセスしているわけで


不特定多数の発信が飛び込んでくるSNSとは受けとる姿勢がまず違う


こちらの方が言いたいことを言えます



ということで、今週の金曜日11/6、草加Sugar HillでARCANAライブです


草加Sugar Hill
http://www.sugarhill.jp/


草加はイメージほど遠くないし、Sugar Hillはごはんも美味しいよ


ぜひ


ARCANA動画
https://youtu.be/-9422suFvpo


2015年11月04日

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』感想

やたら評判が良いのでDVDを借りて観た


しかしDVDを起動し、我が家のテレビ画面に映像が流れた瞬間、私は後悔した


メロスは激怒した


これは映画館で観るべき映画であると


初見がDVDである時点で制作者には謝らなければいけないと思いつつ


結果的にわたしは映像も含め映画としてこの作品を楽しめなかったのでR




まず、映画にしろ音楽にしろ小説にしろ短歌にしろ、作品と呼ばれるものに対する私の姿勢を表明したい



作品は頭で考えるのではなく、まず感覚で受け止めたい


つまり、イイ感じかそうでもないか、好きか嫌いか


イイ感じであればとことんその感覚を味わい尽くし至福の時間を過ごす


その後、分析するなりして頭で考えるのも良いでしょう


一方、あんまりイイ感じじゃない作品は、なぜイイ感じじゃないのか・なぜ好きになれないのかを分析する、どこをどうすれば好きになれるかを考える


これがわたくしの作品に対する姿勢


クリエイエティブな姿勢だと思っています




で、わたくしはこの『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』をあまり楽しめなかったわけですが


もちろん全てを楽しめなかったわけではない


宇宙モノに80年代のポップスがかかったりするのは意外性がある上にすごく良くマッチしていて格好良くて新しかったし


冒頭のどこぞの惑星で主人公がダンスするシーンにはとてもワクワクさせられたわけですが


その先までワクワクが持続しなかったァー




わたくし『スターウォーズ』も『バックトゥザフューチャー』も大好きなのですが、なぜこの作品はそこまで楽しめなかったのだりましょうか


映像も音楽も素晴らしいと思うし、物語性が希薄なのは『スターウォーズ』も似たようなものだし…


きっと、登場人物に入り込めなかったということなのではなかろか


登場人物に自己を投影できなかった結果、物語の中に当事者として入り込めず傍観者としてしか映画に関われなかったというか…


つまり、自分が映画を面白いと感じられるキーワードに、当事者として映画に参加できるか、ということがあるのかもしれません


では登場人物のどこに自分がシンパシーを感じるかというと、色々な要素がありすぎてまだよくわからないのですが…





2015年11月03日

おじさん

実家の狭い庭先に楽器ケースを置いて


僕は家の中から窓の外を見ていると


知らないおじさんがやってきて楽器ケースを持ち去ろうとするので


僕はあわてて外に出て楽器を取り返した


やはり外に置いておくのは危ないってんで


家のなかに楽器ケースを置いておくことにした



数時間後



あのおじさんがやってきて楽器ケースの近くにある窓から侵入してこようとするので


僕はあわてて追い払った



数時間後



あのおじさんがやってきて、表の通りから家に続く細い路地と庭にいたるまでを畑にしようとしているので


僕はあわててやめさせようとするんだけどおじさんはやめない


家に父がいたので相談したがなんだか寝っ転がってるだけで動こうとしな


家には友達もいて、みんなそわそわしている


みんなでしばらくそわそわしていたら


いまや街全体に畑が広がっているではないか



これは流石にまずいってんて


友達の兄が暗殺者だというので、呼んでもらった


友達の兄であるところの暗殺者はライフルでおじさんを射殺した





そんな、夢を見た




夢に登場する人物はたいてい知っている人だけれども


あのおじさんと暗殺者は全然知らない人、見たこともない顔だった


誰だったんだろう


2015年11月02日

どらやきの夢

どらやき


どらやきって


美味しいですよね




どらやきを食べると


嬉しくなります




ほら



どらやきも



笑ってる





2015-11-02 03.01.13.jpg




一口食べたら


僕も



笑顔さ






こんなに美味しく食べてもらったら



どらやきだって喜んでくれてると思う




だってほら




こんなに笑顔だもん




2015-11-02 03.06.25.jpg




さよなら

2015年11月01日

発表会でした

本日は毎年恒例、わたくしのケーナ、サンポーニャ教室の発表会でした



上手くいった人、いかなかった人、課題をクリアできた人、できなかった人


それぞれいろいろあると思いますが


結果はどうあれこの日のステージのために練習を重ねたことに意義があると、私は思う


そして、上手くなりたいと思うことも大切だけれども、それと同時に理想に届かない自分に悲観するよりも今の自分を楽しむことが大切だと、俺は思う


出演したみなさま、お疲れさまでした



生徒のみなさまの演奏のあとはギター高木大輔くんとデュオ


時間がおしてたので駆け足ぎみになってしまったけれど


生音、気持ちよかったネ




それではまた来年