2014年12月15日

ライブのマナーについて(写真撮影)

今日はいささかまじめな提言というか


ライブのマナーについて


投稿するよ


はじまるよ


ながいよ


以下


-----
ライブのマナーについて
「写真撮影」

以前からよく言われるライブの撮影問題について。
僕のリーダーライブでは会場が禁止にしていなければ、基本的に写真撮影はOKにしたいと思っています。

ただ、
・フラッシュ
・シャッター音や携帯電話による電子音
はNGです。
また、液晶画面がまわりのお客様の目について、他のお客様の音楽への集中のさまたげになってしまわないような配慮もしていただきたいです。

以上のことを守っていただければ写真撮影はOKです。
(時には例外的に撮影NGの場合もあるかと思いますが、それはその都度なんらかの形でアナウンスします)

これは、あくまで僕のライブの基準です。他の人のライブはまた違うと思います。
 
僕はこれをお客様に伝える必要があります。
初めてライブを聴きに来た方は会場のマナーについて、知らないのが当たり前。知らないことを咎めることはできません。
また、マナーや常識というのは人によってもその線引きは曖昧です。
なので、「僕のライブで守ってほしいマナー」は、こちらから伝える必要があるのは当然のことです。
 
で、ここからがこの記事の本題です。
どうやって伝えるか、その手段を最近ずっと考えています。
まずライブのMCで伝えるなんて無粋で場の流れを壊すようなことは言いたくないし(壊さないで言う方法もある。だけど、これは毎回伝えなければいけないことなので、この件を常にMCに組み込まなければならないのは自由度が減るのでやはり避けたい。事務的なことはステージが始まったら持ち込みたくない)、お店の人に伝えてもらうのも状況によっては不可能な場合もある。
そこで、考えた。いくつかの方法。
 
1、ボードに「写真撮影はOKですが、フラッシュ、シャッター音はNG。液晶画面の光が他のお客様のご迷惑にならないよう配慮お願いします」的なメッセージ(※)を書いて、開演前や休憩中に譜面台に置いて客席に向けておく。
 
2、1と同じようなメッセージを書いた紙を開演前に来場者にフライヤーなどと一緒に配っておく
 
3、1と同じようなメッセージを書いた紙を各テーブルに置いておく。ラミネートコーティングしておいた方が良いかも。
 
どうかな〜?
確実にみんなに伝わり、それでいてあまり角が立たないような方法が良いと思っています。それもフラッシュが焚かれてから、シャッター音がしてからでは遅いので、演奏が始まる前に確実に伝えておく方法。
この中だったら1が良いかな〜。
併用もアリかもしれないけど、ちょっとクドイかもしれない。
2はコストがかかるので無いかな。
とりあえず1をやってみようかな〜。
でもそうすると演奏の途中に入ってきた人にはどうやって伝えるのか…。
 
などなど、考えが尽きませぬ。
何か良い案があったら教えて欲しいです。
演奏家、お客様、お店、いろんな立場で、どんな方法が良いか考えられたらと思います。
長文、最後まで読んでいただきありがとうございました。


※こんな感じのメッセージ?
写真撮影.jpg

森圭一郎ライブ

961391_367846556722240_1667991745_n.jpg


野方にて


シンガーソングライター森圭一郎くんのライブでした


久しぶりの共演


限られた時間の中でスタッフのみなさんの頑張りが素晴らしく


おかげさまで楽しいひとときになりました



ご来場くださったみなさま、スタッフ・関係者のみなさま、そして森くん


ありがとうございました




森くんは来年も大きなチャレンジをするようです


どうかうまいこといきますように


祈らずにはいられません!