2014年03月08日

アルフォンシーナと海




アップしました


去る1月24日サラヴァ東京でのライブから


アルゼンチンの作曲家アリエル・ラミレスの作品


「アルフォンシーナと海」


ギター笹久保伸くんとのデュオです

2014年03月07日

スケジュール更新しました

おはこんばんちは


俺は涙を流さない


山下Topo洋平と申します



ライブスケジュールアップしました


みてみてね



楽しみなライブがたくさん


是非遊びに来て!




ぬさもとりあえず3月の中旬以降の予定をリスタップ!(リストアップ)


3/15(土)成城学園前cafeBeulmans 山下Topo洋平&森丘ヒロキDUO
3/18(火)小樽ルタオ本店 森圭一郎vo&gライブ(サポート)
3/20(木)大塚All in fun ARCANA
3/23(日)駒込Marushan チャヲノム
3/30(日)藤沢ベルーガ 笛好きによる笛好きのための笛ライブvol.5

2014年03月06日

ブクロ

本日は池袋


Apple jumpでピアノ高田和泉さんのライブでした


雨のなかご来場ありがとうございました



高田和泉さん、ベースの鳥越啓介さん、わたくし、というトリオ


このトリオは今回が二回目


個人的な反省点もありつつ、今日もいろんな曲が飛び出してきて楽しかったな


かなりお笑い系?


的な面もあり、ウケた




最近自分のリーダーライブばかりやっているので、こうしてお誘いいただけるのはありがたい限り


世界が広がります勉強になります


またやりたい




また、鳥越さんの誕生日翌日だったこともありハッピーバースデイでお祝い


めでたいね



高田和泉さんが買ってきたバースデイケーキのおすそわけをいただいたけれども


ウマー




ではまたね



2014年03月05日

明日はブクロ

明日


というか


今日


ライブです


ピアニスト・キーボーディスト・作曲家の高田和泉さんのライブに誘っていただきました


池袋Apple jumpにて


ベース鳥越啓介さんとのトリオです



このトリオは2回目


前回とても楽しかったの


今回もきっと楽しいよ


お足下が悪そうだけど


ぜひどうぞ




過去、田和泉さんのライブに参加させていただいた時の映像


風の都(作曲:高田和泉)

2014年03月04日

ひなまつり

現在制作中のチャヲノムのミニアルバム


本日はそのレコーディングでした


録音は大詰め


ほぼ全体像が見えてきましたよ


録音が終わったらミックス〜マスタリング、それと並行してデザインなど



完成までもう少しかかるかな


またお知らせしますね




またねねね

2014年03月03日

空間に浸透する音

今日は思いつくままに書くよ


興味のある人だけ読んでね


それでは行きます





昨日の記事でちょっと書いた


音が空間に浸透していく


ということについて




音とは


響きであり


振動であり


なおかつ自分自身そのもの




実は


音を出しているとき、自己・自我は無くなり


音そのものになります



この世界とこの肉体の境目がなくなり


私は響きそのもの、振動そのものとなります


振動となった私はどんどん広がっていき


空間全体に染み込んでゆきます


聴いてる人もテーブルもコップも


そこにある一切を振動で包み込んでゆきます


その振動はもちろん気持ち良いので(気持ち良い音だから)、その空間にいる人は振動を感じるだけで、理屈ではなく無条件に気持ちよくなってしまうっちゅうこっちゃ



この無条件の気持ちよさ―僕においては振動というもの―が、僕の言うハッピネスというものの正体です
(僕は「振動」だけど、絵画とか料理とか分野の違いによってハッピネスになるものも違うのでしょうか)



これは結構難しくて


良い演奏をしよう、とか、ウケよう、とか


自我・我欲があるとできません


「結果」を考えてしまってはできないんです



「ただ、この今」出す音に100%集中して初めて、自我が溶けて己が振動となって空間に浸透していきます


この一音に集中しつつ音楽を成立させる


でも音楽は過去から未来へ連なる物語ですから、今この一音だけでは成立しません


むつかしいですね



今に集中しながら、それが結果的に過去から未来への自然な流れを紡いでゆく


と、書いてみて、別にむつかしくないじゃん、と思っちゃった


今が自然であり続ければ過去から未来も自然なはずだもんね


よかったね




これにはっきり気付いたのは去年の5月、何の目的も決めずひとり旅に出ていろんなところで演奏したとき


何時間も街で音に没頭して吹いてたらこの感覚がやってきました


自我がなくなると同時に


自分は振動となり、空間に広がってゆく


私は空間になりました


もはや人間ではない



今まで肉体を通してしてた認識(観る・聴く・嗅ぐ・考えるetc)は無くなり


音が届いている範囲での空間が、私の認識の場になるのです


だから、その空間にいる人や物がどんな感覚でいるか、わかりましたね


それはもう気持ち良い振動に包まれてるから、みんな気持ち良さそうでしたよ


立ち止まりはしないけれど、通り過ぎてゆく数十秒間、みんな気持ちよくなってたよ


その、お金でも評価でも地位でも名誉でも知識でも人種でもない、無条件の気持ちよさ


これが本質だと


そのとき思ったのです


今もそう思います



でも、これがいくら気持ち良いからといったって


これを「狙って」はいけない


この感覚をまた味わいたい、と思った時点で


それがすでに我欲


すでに過去にとらわれている


アウツ


むつかしいですね


常に今


100%、今しかないんや




去年のひとり旅では、以上のようなことを感じました


僕にとっては幸福観が変わった、とても重要な旅でした


今まではしあわせとは主観的なものだと思ってたけれど、違ったんです


本質的なしあわせとは空間であり、普遍的で誰もが無条件に平等に感じるものだったんです




一人旅、今年も6月くらいに行きたいと思ってます


どこにいこうかな


そのとき、自分の心はどこを向いてるでしょうか


聴こえてくる心の声に従って


吹いてくる風に流されて


いきますよ





長くなったね


しかも人様にお見せするような内容なんだろうか


怖いから読み返さないでアップするわ




さよなら

2014年03月02日

桃花源トリオでした!




本日は草加シュガーヒル


スチールパン原田芳宏さん、ギター小畑和彦さんとの桃花源トリオでございました


昨日とは打って変わって寒い一日


ご来場ありがとうございました



今日もとても楽しいライブだったのです


原田さんの音がなんだか凄かったなあ


空間に浸透しちゃって浸透しちゃって


空間に浸透するような音を出す、つまり空間を心地良い響きで満たすっちゅうのは僕も日々意識しているところだります


つまりそれは調和であり一切の境界・隔たりを無くすということでもあります




次回の桃花源トリオは6月21日、場所は同じく草加シュハーヒルにて


楽しいので来てね




それにしても


こうして毎日笛を吹いて


素晴らしい方々と音楽を演奏して


しあわせここにあり





さよなら

2014年03月01日

じゅずだまトリオでした!




大塚All in funでじゅずだまトリオでした


豊かな音の響きに包まれてとてもとても充実した時間でした


ありがとうございました



今日のライブダイジェストはいつもとちょっと趣向を変えて


一曲を短めに、曲数多めにしてみました


でもホントはもっと短くコンパクトにしたかったんだ


切れない私


非情になれない私


心の弱さを感じました


慙愧に堪えない



次回のじゅずだまトリオは5月6日、黄金週間最後の日


久しぶりの越生「山猫軒」です


ぜひ遠足気分で遊びに来てね