2013年12月09日

はぁ〜いれ〜よ はぁいれよぉ♪

昨日冒頭でチラっと書いた


高木くんがアップした曲というのは


これです





本人談
『思いつきでなんとなく書いた、フォークソングみたいな曲がたくさんあります。はい。
なにもCDで出したり、ライブでやったりする事もない日々の歌、これからはなんとなくアップしてみようと思うんです。はい。
音楽ってホントはすごく個人的な物だと思うし、こんな感じのなんとなくな歌をたくさん歌って行きたいと思うんです。はい。』
『本来はお店を借りて、お金取って、頑張ってお客さん呼んで、そんなものじゃないんですよね。もちろん僕らはそうしなきゃ、仕事にならないのですが、そう言うのから一切解き放たれた音楽ってのも、発信していきたいものです。』


僕も本当にそう思います


音楽は日々の、その時々の、素直な気持ち


この曲、この歌からはそんな純粋さが感じられます


ありのままの高木くんが、そこにいるよね


こういう気持ちに触れると僕は泣きそうになって胸がつまります


やばとん


心に染みました




というか泣いた


2013-12-05 02.02.21-2.jpg



なにもそこまで・・・


と思われる方もいるかもしれないけれど


社会においてはもとより音楽においてすらたくさんの人が、優劣、お金、評価、勝ち負け、に支配されているように見える


僕はそんな世の中の流れが悲しいのです


そしてそんな世界を見続けることで心が疲れていたのかもしれません



高木くんの姿勢と、曲の内容もあいまって


涙がキラリ☆




最近、自分が信じる道を進めば進むほど、世間と自分をつなぐ「のりしろ」のようなものの面積が狭くなっていくような感覚に陥ります


悲しいけど、進むよりほかない




未来(仕事、お金、評価etc)も過去(地位、経歴、知識etc)も関係ない、今、無条件に感じる気持ち良さ、つまりハッピネスを共にしてゆきたい


願わくば、みんなが今、心の声に素直になって自然に在りたいように在れば、世界はしあわせ


少しでもそうなっていきますように


ハッピネスは拡散します


赤ちゃんの笑顔を見るとついこちらも笑顔になってしまうのと同じように