2012年05月03日

サンジャックでライブでした。

西荻窪サンジャックでライブでした!

パーカッション奏者、相川瞳さんとのデュオ。

雨の中お越しくださってありがとうございました!


2回目のこのデュオ。

前回同様、曲ごとに楽器を持ち替え様々な景色を描きました!

僕はケーナ、サンポーニャ、歌、ギター、ジャンベを使ったかな。

相川瞳さんはパーカッション、ビブラフォン、シロフォン(卓上木琴)、コーラス、ピアノ、ピアニカ。

組み合わせで言うと、

ケーナ×パーカッションはもちろん

ケーナ×ビブラフォン

サンポーニャ×シロフォン

ギター×歌×パーカッション×ピアニカ

ギター×ビブラフォン

ケーナ×ピアノ

ギター×ピアニカ

歌×パーカッション

二人パーカッション

こんな感じ。これも曲の中で流動するので他の組み合わせの瞬間もあったかも。

サンポーニャ×シロフォンの世界は寂しくて悲しくて、なんて言うか、すごいね。


全体的な音楽の作り方としては前回よりだいぶ贅肉的な部分は削ぎ落とせたけど、まだまだ無駄も多い気がする。

やりがいのあるデュオだ!


そして、初演した「Inner Village」第一番と第二番。

笛と太鼓のために書いたこの2曲、僕の心の中にある村、己の中の民衆を表現できたかな。

このシリーズ、今後も編成にこだわらず(ときにはケーナやサンポーニャにも全くこだわらず)作っていきたい。


ビブラフォンとマレット。
__.JPG