2012年05月31日

5/30

今日はオフでした。

OFF。

寝た!


ライブのお知らせ。

◆6月8日(金)
Tierra Cuatro【ティエラ・クアトロ】 Tierra Tour 2012 in 柏
■場所:
柏 Studio Wuu
 http://www.wuu.co.jp/
■予約、問い合わせ:
04-7164-9651
■料金:
予約¥3,000/当日¥3,500+order
■時刻:
OPEN18:30/LIVE19:30〜
■出演:
Tierra Cuatro【ティエラ・クアトロ】
 http://www.tierracuatro.com/
 山下Topo洋平(ケーナ、サンポーニャ)
 上野山英里(ピアノ)
 小畑和彦(ギター)
 海沼正利(パーカッション)
■ゲスト:
箭島裕治(エレクトリックベース)
 http://yajima.applet.jp/



jacket300.jpg
Tierra Cuatro
1st Album "Tierra"
MGRR-2501 ¥2,500(税込み)
amazonで購入

Tierra Cuatro Official Web
Tierra Cuatro Facebookページ

2012年05月30日

5/29

6月のライブスケジュールを更新しました。

なにこれ!

今月も楽しみなライブばっかりじゃあないかっ!

みなさまのお越し、お待ちしております。


jacket300.jpg
Tierra Cuatro
1st Album "Tierra"
MGRR-2501 ¥2,500(税込み)
amazonで購入

Tierra Cuatro Official Web
Tierra Cuatro Facebookページ

2012年05月29日

5/28

去年のサントリーホールの演奏の動画がアップされてました。

笹久保伸さんと青木大輔さんと演奏した「Kolokolito」。



サントリーホールで吹くケーナは気持ち良かったなあ。音が包まれるようで。豊潤で。


jacket300.jpg
Tierra Cuatro
1st Album "Tierra"
MGRR-2501 ¥2,500(税込み)
amazonで購入

Tierra Cuatro Official Web
Tierra Cuatro Facebookページ

2012年05月28日

夏のライブツアー日程!

わたくしのリーダーバンドであるティエラ・クアトロ、1stアルバム『Tieera』をひっさげてのライブツアー。

8月から9月には東海、関西、北陸、東北と回ります。

スケジュール帳にメモメモよろしく!

各地でみなさんとお会いできることを楽しみにしてます!

Tierra CUatro【ティエラ・クアトロ】 Officaial Web
http://www.tierracuatro.com/


Tierra Tour 2012 (東海〜関西〜北陸〜東北スケジュール)

■8/2(木)名古屋Doxy
http://www.doxy.biz/
Open17:30/Live19:00〜 ¥3,000〜(学割¥1,500)

■8/3(金)神戸Creole
http://www3.ocn.ne.jp/~creole/
Open18:00/Live19:00〜 ¥3,000〜

■8/4(土)大阪Mr.Kelly’s
http://www.misterkellys.co.jp/
Open17:30/Live19:30〜 ¥3,500〜

■8/5(日)福井
詳細未定

■8/6(月)金沢もっきりや
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
詳細未定

■8/31(金)福島Magie Noil
http://www.magie-n.com/
Open18:00/Live19:00〜 ¥3,500〜

■9/1(土)仙台びすた〜り
http://www.bistari-nagamachi.com/
Open14:45/Live15:00〜 ¥3,500(ケーキセット付)

■9/2(日)山形花うさぎ
http://hanausagiblog.jugem.jp/
Open18:30/Live19:00〜 ¥3,000〜


ティエラ・クアトロ、関東での次回のライブは6/8(金)柏Wuu
アルバムにも2曲ほど参加していただいているベースの箭島裕治さんがゲストです。
みんな、聴きにきたらいいよね。


jacket300.jpg
Tierra Cuatro
1st Album "Tierra"
MGRR-2501 ¥2,500(税込み)
amazonで購入

Tierra Cuatro Official Web
Tierra Cuatro Facebookページ

2012年05月27日

とぽけろっちぇライブでした。

今日は久喜の珈琲屋どんぐりでライブでした。

出演はこの無駄にシリアスな3人、とぽけろっちぇ。

image2826.png


どんぐりは木のぬくもりと珈琲の匂いが素敵な喫茶店で、天井も高くて音の響きも気持ちよかった。

南米フォルクローレやオリジナル曲をインスト、歌モノおりまぜて楽しく演奏。

「ほおずきの成る頃」の日本語歌詞バージョンも良かったのではないか!?

586794518.jpg

満員の大盛況、ありがとうございました!

次回のとぽけろっちぇライブは7/1(日)草加シュガーヒルでの昼ライブです〜。



jacket300.jpg
Tierra Cuatro
1st Album "Tierra"
MGRR-2501 ¥2,500(税込み)
amazonで購入

Tierra Cuatro Official Web
Tierra Cuatro Facebookページ


2012年05月26日

熊谷のアラン・ドロンこと森くんのライブ

今日は熊谷のスティーブ・マックイーンことシンガーソングライター森圭一郎くんに誘っていただいて急遽決まった現場でした。

行田のそれいゆという施設でのライブ。


久しぶりの森くんとのデュオ。

ガッツリ2ステージ演奏しました。

みなさんの反応が暖かくて嬉しかったな。


ありがとうございました!


jacket300.jpg
Tierra Cuatro
1st Album "Tierra"
MGRR-2501 ¥2,500(税込み)
amazonで購入

Tierra Cuatro Official Web
Tierra Cuatro Facebookページ

2012年05月24日

とぽけろっちぇリハーサル

今日はとぽけろっちぇのリハーサルでした。

今週の土曜日、26日に久喜の珈琲屋どんぐりでライブやります。


日本語歌詞のついた僕のオリジナル「ほおずきの成る頃」を三声にアレンジ。

ハモリが気持ちいい〜。

今回のライブでやりますよ!


◆5月26日(土) とぽけろっちぇ
■場所:
久喜 自家焙煎珈琲屋どんぐり
 http://homepage3.nifty.com/donguri-coffee/
■予約、問い合わせ:
0480-23-1418
■料金:
前売¥2,500/当日¥3,000(コーヒー付)
■時刻:
OPEN18:30/LIVE19:00〜
■出演:
智詠(ギター、ボーカル)
山下Topo洋平(ケーナ、サンポーニャ、ボーカル)
会田桃子(バイオリン、ボーカル)

image2826.png
無駄にシリアスな3人。

5/26(土)、美味しい珈琲と心躍る音楽をお楽しみください。


jacket300.jpg
Tierra Cuatro
1st Album "Tierra"
MGRR-2501 ¥2,500(税込み)
amazonで購入

Tierra Cuatro Official Web
Tierra Cuatro Facebookページ

5/23

源頼朝は「みなもとのよりとも」と、名前と名字の間に「の」を発音するのに、織田信長は「おだのぶなが」。

いつから「の」を付けなくなったんだろう。

足利尊氏は「あしかがたかうじ」。

このあたりにありそう。

ボーダーラインが。

それよりも何よりも、「さかのうえのたむらまろ」って言いたい。


夜は森くんのリハでした。

来月の那須のためのリハ。

聞くところによるとすでに予約ソールドアウトだとか…。ゴイスー。

2012年05月23日

Project Voyager。「心の中の民衆」

今日は助川太郎さんとの「Project Voyager」でした。

学芸大学の珈琲美学にて。

雨の中お越しくださってありがとうございました!


今回もディープな時間でした。

二人の魂がダイレクトに現れたプリミティブな音楽。

作り上げるというよりも、そこにある音楽。

二人の民衆性がそのまま音になった、いわば僕達の土着音楽。


南米やアフリカやアジア諸国などなどに存在する、世界各地の土地に根ざした土着の民俗音楽をネイティブで持っているわけではない僕たち(現代の東京に生きる人はそういう人が多いと思う)。

でもそんな僕たちだからこそ、心の中にある民衆をどんな民衆であれダイレクトに表出する必要があるのではなかろうか。

それは親の親のそのまた親の…、先祖代々受け継がれて僕までたどりついた影響、そして同じ時代に生きる社会(人間・場所・物)からの影響。

これまでに受け取ってきた沢山の魂の集合体としての自分。

自分は個である同時に、その中には時空を越えた沢山の人・場所・物が存在している。それがつまり自分の中の民衆。

そんな自分の中にいる民衆の、音楽。


アンデスやアフリカなどの人たちは自分の民衆性と自分の属するコミュニティの民衆性が限りなくイコールに近い。なぜなら彼らの属するコミュニティ以外の情報が少ないから。教育の問題もあると思う。だから生まれたときから自然に触れるのはコミュニティの音楽であり、当然それを自然に体得してゆく。まじりっけなし。純度100%。

一方、僕は日々いろいろな情報に晒され、沢山の(雑多な)影響を受けて育った。日本人だから邦楽、と単純に言えるような状態ではない。


ただそれは、自分の中の民衆が、自分の属するコミュニティ単一のものなのか、多様な影響から成り立っているものなのか、それだけの違い。

「そこにあるだけの音楽」として頓着せずに魂のおもむくままに音を出す。

そうすれば自ずと自分の民衆が立ち現れるのではないかと思う。


そして大事なことは、民衆音楽はあくまで素材だということ。

それはアンデス音楽にせよアフリカ音楽にせよ、僕の民衆音楽にせよ、土着の音楽というのは素材にすぎない。

僕がやりたい音楽は、その先にある、素材を磨き上げた音楽。

でもその前に僕の民衆音楽の素材を拾い集めることがとても重要だと感じている(僕の中の民衆は色々な情報に影響されブレンドされたオリジナルなものだから、純日本でも純アジアでも純アンデスでもない)。

絶対にその先の音楽の洗練につながるはず。

逆に言うと、素材が無ければそれを磨くことすら出来ないのだから。


まあ、つらつらと書いとりますが、聴いてもらう人には楽しんでもらえればそれ以上望むものは無いのですだす。

音楽家としては最近はよくこんなことを考えているっちゅうこっちゃ。

僕の曲「Inner Village」というシリーズはそんなコンセプトで作られたもの。

今日も第一番と第二番をやったけど、助川さんの民衆も蜂起していて良かったな〜。

2012年05月22日

5/21

朝、金環日食。

わっかになったと思ったら雲隠れにし。

でもまあ、見れた。

次に東京で見られるのは300年後とかいう話らしい。


でも。

今日の空、今日の雲はもう二度と見られない。明日のもね。


何が自分に感動をもたらしてくれるかはわからない。

そこに日常や非日常という線引きは無い。

現象をありのまま見つめて、波長や流れの合うものに魂を揺さぶられます。僕は。僕の場合は。


明日は学芸大学の珈琲美学で「Project Voyager」。

◆5月22日(火)
Project Voyager
■場所:
学芸大学 珈琲美学
 http://www11.ocn.ne.jp/~bigaku25/
■予約、問い合わせ:
03-3710-1695
■チャージ:
¥3,000
学割¥1,500(大学生以下・要学生証提示)
■時刻:
OPEN18:30/LIVE19:30〜
■出演:
山下Topo洋平(ケーナ、サンポーニャ、ギター、グロッケン)
助川太郎(ギター、カバキーニョ、口琴)

即興をベースに深みを目指す、僕の活動で最も前衛的なプロジェクト!
今回は曲とモード音楽の融合がテーマ。
オリジナル曲をマルチ楽器によって演奏する試みも。



jacket300.jpg
Tierra Cuatro
1st Album "Tierra"
MGRR-2501 ¥2,500(税込み)
amazonで購入

Tierra Cuatro Official Web
Tierra Cuatro Facebookページ

2012年05月21日

リハでした。

今日は助川太郎さんとのデュオ「Project Voyager」のリハーサルでした。

綿密に構築された大曲アンサンブルやマルチ楽器、モード音楽など、いろいろな挑戦をしてきたこのプロジェクト。

今回はモード音楽をさらに追求するべく、曲をベースにしてそこにモードを活用していく予定。

それ以外にもオリジナル曲をマルチ楽器でやってみたり、前回思いがけず魅力を発見したサンポーニャ×カバキーニョの編成なども。

本番は5/22(火)学芸大学の珈琲美学にて。

即興をベースにさらなる深みを目指す、僕の活動で最も前衛的なプロジェクトです!

◆5月22日(火)
Project Voyager
■場所:
学芸大学 珈琲美学
 http://www11.ocn.ne.jp/~bigaku25/
■予約、問い合わせ:
03-3710-1695
■チャージ:
¥3,000
学割¥1,500(大学生以下・要学生証提示)
■時刻:
OPEN18:30/LIVE19:30〜
■出演:
山下Topo洋平(ケーナ、サンポーニャ、ギター、グロッケン)
助川太郎(ギター、カバキーニョ、口琴)



jacket300.jpg
Tierra Cuatro
1st Album "Tierra"
MGRR-2501 ¥2,500(税込み)
amazonで購入

Tierra Cuatro Official Web
Tierra Cuatro Facebookページ

2012年05月19日

師の死

直接会ったわけではないけど、その作品などを通していろいろなことを教わった、僕が心の中で「師匠」とおこがましくも勝手に呼んでいる人が何人もいます。

その中の一人、ドイツのバリトン歌手ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウさん。

ディースカウさんは古典から現代まで信じられないくらいの膨大な量の歌曲を録音してきた偉人。

なかでも僕の大好きなシューベルト(僕はシューベルトの歌曲が歌いたくて一時期声楽を習っていたほど。)の何百曲もある歌曲を、女声用のものを除いてほとんど全て録音してしまった。

もちろんいい加減なやっつけ仕事ではなく、だ。

まさに超人的な業績を残した偉大な音楽家。

そのディースカウさんが、昨日お亡くなりになりました。


中学生の頃(まだケーナに出会う前)、一所懸命貯めたおこずかいを握り締め、CD屋でディースカウさんが歌うシューベルト歌曲全集(CD14枚組くらいだったかな?)をドキドキしながら買い、ワクワクしながら家に帰った。

気に入った曲はライナーに印をつけ、毎日飽きるまで聴いて歌ったっけ。

いまだに飽きないんだけどね。

おかげで今の僕の歌い方はディースカウさんの影響をかなり受けている。

声と笛で楽器は違っても、歌うということでは一緒だからね。


今日は久しぶりにディースカウさんのシューベルトを聴こうかな。

ご冥福を心よりお祈りします。


jacket300.jpg
Tierra Cuatro
1st Album "Tierra"
MGRR-2501 ¥2,500(税込み)
amazonで購入

Tierra Cuatro Official Web
Tierra Cuatro Facebookページ

5/18

生活リズムがちゃーぐーちゃーぐー。

レッスンしたりYouTubeで動画見たり新しい曲や活動について思いを馳せてみたり。

管楽器以外の演奏の方がこれからの自分のケーナ音楽への参考になる気がした。意外と。感じるトコロあります。


好評発売中。
jacket300.jpg
Tierra Cuatro
1st Album "Tierra"
MGRR-2501 ¥2,500(税込み)
amazonで購入

Tierra Cuatro Official Web
Tierra Cuatro Facebookページ

2012年05月18日

5/17

今日は浜離宮ホールへ、バイオリンのゲザ・ホッス=レゴツキを観に行った。

案の定すごかった!

曲目がクラシックだったからか、彼の持って生まれたジプシーの音は控えめだったようにも感じる。

でもそれを抜きにしても素晴らしかった。


笹久保伸くんと一緒に観に行ったので、コンサートの後は築地で二人して寿司を喰いながら音楽トーク。

音楽の山は険しいけど、

音楽は楽しいぞ!

音楽はいいもんだぞ!

2012年05月16日

奴隷。

我が血を分けた兄、平成のブルグミュラーこと山下晋平がTierra Cuatroのアルバムについて、感想を自身のブログに書いてくれました。
http://shimpei2.jugem.jp/?eid=584

『Tierra Cuatroのメンバー…、ピアノの上野山英里さん、ギターの小畑和彦さん、パーカッションの海沼正利さん、そして山下Topo洋平…、それぞれ皆さん、卓越した演奏技術・作曲能力などを持っていらっしゃいますが…、彼らの技術や能力が、音楽と無関係に自己主張されるような瞬間は、ほぼ皆無だと感じました。

結果として、彼らの演奏技術や作曲技術の高さが目立つことはあっても、それは、あくまでも“結果”。

高い技術や能力が、それ自体を見せびらかすためではなく、あくまで音楽の流れのため、音楽の楽しみのため、音楽の味わいのために、奉仕していた。』

というコメントがとっても嬉P!

そこんとこ、一番大事なトコだと思ってますんで!

死ぬまで音楽の奴隷、ケーナの奴隷でありたい。

お仕えさせていただけるのであれば、粉骨砕身、この身が惜しいことはございませぬ。


ということで、今日はレディーボーデンを直喰いしてデブキャラを満喫!

33947_3966135435437_1341944396_33653901_928759514_n.jpg

レディーボーデンは私を裏切らない。


jacket300.jpg
Tierra Cuatro
1st Album "Tierra"
MGRR-2501 ¥2,500(税込み)
amazonで購入

Tierra Cuatro Official Web
Tierra Cuatro Facebookページ

ありのまま

先入観、価値判断を捨て、対立させず意味付けをせず、この世界をありのまま見つめるとなんと美しく光り輝いて見えることか!

木とか空とか水とか星とか動物とか虫とか。涙が出てくるよ。

そして、僕も僕以外の人間も同じ、この世界の一部。光り輝く存在なんだよね。

この素晴らしい世界の一部でいられる事への感謝しかないヨ!


ありのまま。

全ては、ただあるだけ。

それが愛だと思う。




jacket300.jpg
Tierra Cuatro
1st Album "Tierra"
MGRR-2501 ¥2,500(税込み)
amazonで購入

Tierra Cuatro Official Web
Tierra Cuatro Facebookページ

2012年05月15日

「雨ニモマケズ」発売記念ライブ!

今日は草加シュガーヒルでライブ。

僕の実兄、山下晋平がプロデュースしたCD、森圭一郎×山下晋平「雨ニモマケズ」発売記念ライブでした。

パーカッションの塩のやもとひろくんも急遽加わって4人でお届けしました。

たくさんのご来場ありがとうございました!

「雨ニモマケズ」収録曲はもちろん、森くんの曲や山下晋平のピアノソロ、僕と兄のデュオなど、盛りだくさんの内容で、一粒で3度くらい美味しいライブでした。

1stセット終わりでアンコールをいただくとは!初めての体験。

それだけ楽しんでいただけていたのかな。

演奏してる側も楽しかった!

雨ニモマケズ」発売中。

__.JPG
左から、山下晋平、森くん、わたくし、塩ちゃん。




jacket300.jpg
Tierra Cuatro
1st Album "Tierra"
MGRR-2501 ¥2,500(税込み)
amazonで購入

Tierra Cuatro Official Web
Tierra Cuatro Facebookページ

2012年05月14日

アルバム発売!

本日5/13、つっついにティエラ・クアトロの1stアルバム「Tierra」が正式に発売されました!

Amazonや販売元のアオラコーポレーションでご注文できます。

このホームページでもCD情報のページも更新、試聴も注文もできます。

ティエラ・クアトロのホームページにも試聴音源アップしました。


今回のアルバム、本当に良いアルバムが出来たと自信を持って言えます。

ケーナ好きな方はもちろん、純粋に音楽が好きな方には是非聴いてもらいたい!!

とにかく、沢山の人に聴いてもらいたい!!

気に入ってくれた方は口コミ、ネットなどでドシドシ広めてください!よろしくお願いします!


発売記念にこのアルバムについて、思いついたことを好き勝手に書きます。


ティエラ・クアトロというバンドの誕生、そして今回のアルバム制作。

素晴らしいメンバー、スタッフに恵まれました。

ま・さ・に・僥・倖!!


2010年2月から積み上げてきたアンサンブルと楽曲たち、ライブを重ねるたびに煮えたぎった鉄が少しずつ形を整え、次第に洗練されたものになってゆく。

とにかく、第一回目のライブのあの熱は今でも忘れない。

熱があったからこそ、鉄の形は洗練されていったのだ。熱が無ければ鉄は溶けない。

そうして、メンバー4人のキャラクターがしっかり立ちつつも全てはティエラ・クアトロの音楽として彩られてゆく。


今回のアルバムのゲストミュージシャン。

箭島裕治さんと伊藤ハルトシくんの高い音楽性。

M6「Voyage」のチェロは、ハルトシくんとやっている「じゅずだまトリオ」でこの曲を演奏したときから絶対にゲストで参加してもらおうと思っていました。

大海原へ漕ぎ出す推進力のようなものが、ハルくんのチェロの音にピッタリでね!

ベースの箭島さんなんてM8「It' fine today」をレコーディング当日にこちらの思いつきで譜面を渡して初見で録音してもらってあのゴキゲンなプレイだからね。ヤバイね。


ミキシングエンジニアの井野さんも録音した音をこちらのイメージ以上のものに仕上げてくれた。

ライブ感がありながらもクリアで奥行き、音楽の向こうにある静けさを感じさせるサウンド!


ジャケットデザインをお願いしたデザイナーの一ノ瀬さんと写真家の大木さんも本っ当に素晴らしかった。

デザインが音楽と同じように「作品」として存在している上に、最初からこのデザインになるべくしてなったかのような音楽とのシンクロ。

自我を強引に押し出すのではなく対象に徹底的に寄り添う。

プロ中のプロっつーの!?


そしてライナー文をお願いしたのは二人の素晴らしい音楽家にして尊敬する友人、助川太郎さんと笹久保伸さん。

助川さんとはここ2〜3年デュオを中心にご一緒させていただいていて、あらゆる挑戦を通して音楽という険しい山をともに登る間柄。

笹久保伸さんはペルー・アンデス音楽や現代音楽を勉強し、学生の時から長いことお互いの活動を見続けてきた。僕がケーナ奏者として、音楽家としてどんな存在なのか、ケーナを使って何を行っているのかを最もわかってくれている人物。

つまり二人は僕が何を思ってこの音楽に到達したのか、それを全て理解してくれている盟友。

案の定、僕がこの音楽に込めた思いを受け止めてくれて、素晴らしい文章を綴ってくれた。


こうして様々な人のチカラを結集して完成したTierra Cuatro【ティエラ・クアトロ】の1stアルバム「Tierra」。

世界中の人に、一人でも多くの人に聴いてもらいたいんだ!

よろしくお願いします!

jacket300.jpg
Tierra Cuatro
1st Album "Tierra"
MGRR-2501 ¥2,500(税込み)
amazonで購入

Tierra Cuatro Official Web
Tierra Cuatro Facebookページ

2012年05月13日

5/12

CD発売記念ライブから一夜明けて…。

昨日のライブはCD発売という一つの節目だったけど、到達というよりは出発点だったように思う。

ツアーを通してティエラ・クアトロとその音楽はどんな成長をしてゆくのか。


そして、それ以外にもすでに歩みを始めているものから、まだ形の片鱗すら無いものまで。

中期的なことから長期的なことまで。

やりたいことだらけ。

思いついてしまったものはチャレンジせずにはいられぬ。

アタマの中のイメージ&アイデアがどのように具現化されていくのかが楽しみだッ!

2012年05月12日

Tierra Cuatro【ティエラ・クアトロ】CD発売記念ライブでした!

今日は原宿ラドンナでTierra CuatroのCD発売記念ライブ!

満員の大盛況、本当にありがとうございました!!

レコーディングのお話など交えて、CD収録曲プラスアルファ、お届けしました。

あっという間に終わってしまった!

楽しかった〜!


でも楽しいだけでなく課題も見つかったライブだった。

やっぱりライブはナマモノで、いろいろな状況を経験することが大切だと思いました。

今後の課題が増えたこともある意味収穫の一つだったと言えよう!

ライブが終わった瞬間に、次のライブは始まっているのだ…。ゴゴゴゴ…。


Tierra Cuatroの1stアルバム『Tierra』は5月13日に発売されます。

このホームページでも販売しますが、発売元のアオラコーポレーションAmazonではすでに予約できる模様です。

そして、「Tierra Tour 2012」として今年は日本中を回ります!

今ここにこんな音楽が生まれているということを伝えていきたい!

詳しい情報は、Tierra Cuatroのホームページをチェキラ!(今日のライブの楽屋裏マル秘映像などもあるヨ…)



それにしても、メンバー、スタッフ、関係者、そしてもちろんお客様、「ありがとう」という言葉では足りないくらい有難いよ。本当に。


これまでに出会った様々な人、場所、物、それら全ての魂を受け取って今の自分に到達し、瞬間瞬間に音をひねり出している。

この世界の全ての存在に感謝!


演奏風景
DSC01377.JPG

演奏後の記念撮影。
DSC01481.JPG

DSC01482.JPG