2011年09月28日

ティエラ・クアトロでした。30日から…

昨日はTierra Cuatro【ティエラ・クアトロ】ライブ。

場所はこのバンド生誕の地、大塚GRECOでした。

お越しくださった皆様、ありがとうございました。


GRECOは最近ピアノを入れ替えたらしく、新しい(といっても中古でかなり年季の入った楽器でしたが)ピアノでのライブは初めて。

小ぶりなスタインウェイでした。

あの空間での今までの響きに慣れていたので、演奏している側からするといつもと違って新鮮な感じだった。

これからはこの響きに慣れていくのでしょう。

今後ともよろしく。


さて、ティエラ・クアトロは30日からいよいよレコーディングに入ります。

結成一年半。

今年の頭くらいから月イチでライブを重ね、つっついにレコーディングに到達した。

うおおおお。


なにはともあれ。

心技体、良い準備をすることに集中します。


ライブ後の記念撮影。
DSCF4077.jpg
左から海沼正利さん、わたくし、上野山英里さん、小畑和彦さん。
小畑さんがお土産に買ってきてくれたキノコと。

2011年09月21日

中目黒楽屋で上野山英里トリオ。

今日は中目黒楽屋、上野山英里トリオのライブにゲストで参加させていただきました。

メンバーはティエラ・クアトロで日頃から大変お世話になっているピアノ上野山英里さんとパーカッション海沼正利さん、そして何度かご一緒したことのあるベースのやぢまゆうぢさん。

呼んでいただいたのは初めてとはいえ、メンバーは普段一緒に演奏している気心知れた方たちなのでスムースにサウンドに入っていけて、とても楽しかった。

上野山英里トリオ、いいバンドだな〜。見えるよ。景色が。

昨年リリースされたこのトリオの1stアルバムには僕がライナー文を書いているので、読んでみてね。

このバンドの今後の発展が楽しみ。また呼んでいただきたいッ!

NEC_0200.jpg
左から、やぢまゆうぢさん、セバスチャンと私、上野山英里さん、海沼正利さん。

2011年09月19日

「Project Voyager」珈琲美学に初出演でした。

ギタリスト助川太郎さんとの「Project Voyager」、珈琲美学に初出演でした。

お越しくださった皆様、ありがとうございました。

このプロジェクトは僕の他の活動とは一線を画すもので、他と全くアプローチが違う。

音を出すまでのアプローチもそうだし、時には演奏の形態まで変えて(前回のライブでは1stステージで僕はケーナもサンポーニャも吹かなかった)、新たな音を探っていく。

前回の完全即興を経て、今回は曲。

1部はオリジナルや南米曲の計5曲を1曲ずつ演奏し、2部は計4曲をノンストップで即興を盛り込みながら演奏した。

曲を演奏しながらも、前回の完全即興が僕たちの身体の中で生きていた。

ブラジル音楽とアンデス音楽、違う言語を持つ2人が妥協することなく孤高の存在としてあり続け、しかし一体になっていくという逆説的な空間。

対話しないという対話。

対話するという対話。

混沌という秩序。

秩序という混沌。

美意識の拡大。

境界線を越え、二人の異なる言語が一体となって新しい言語(概念)が生み出されるような、大きなうねりを感じた。

多分これは誰とでも出来るものではなく、助川さんとだから出来るのではないだろうか。

普通に考えたら恐ろしくて出来ない。

波長が合う、ということかな。


だいぶ観念的な話になりましたけど…。

そんな深みを感じつつ、それでいてポップさも失わないライブでした。

助川さんに感謝!


そして、次回の「Project Voyager」は12月1日(木)に決定しました。

場所は今回と同じ、学芸大学「珈琲美学」です。

毎回進化するこのプロジェクト。次も楽しみ!

2011年09月17日

明日は学芸大学「珈琲美学」でライブ!

明日は学芸大学の珈琲美学でライブです。

学芸大学駅徒歩1分、珈琲や紅茶がとっても美味しい素敵な喫茶店。

ここには何度か出演させていただいてるけど、自分のリーダーライブは今回が初めて。

ギタリスト助川太郎さんとのデュオ、「Project Voyager」です。

前回の完全即興ライブを経て、今回は珠玉の名曲を揃えてみました。

わかりやすさと深みを併せ持ちながら、多彩なアプローチで新しい音楽を生み出しているこのデュオ。

ぜひぜひ、遊びに来てください!


◆9/18(日)
■場所:
学芸大学 珈琲美学
■予約、問い合わせ:
03-3710-1695
■料金:
¥3,000〜
■時刻:
OPEN18:00/LIVE19:00〜
■出演:
山下Topo洋平(ケーナ、サンポーニャ)
助川太郎(ギター)

2011年09月16日

浜離宮ホール

昨日は浜離宮ホールへ、ラチャ・アヴァネシヤンというバイオリン奏者のコンサートを笹久保伸くんと聴きに行ってきた。

いや〜、素晴らしかった。

音の密度、深み、奥行き…。

音への集中力。これよ。


素晴らしいコンサートを堪能したあと、伸くんと築地の寿司屋へGO。

398410278.jpg

伸くんは何を思ったか自分の許容量を越えた大量の握り寿司を食べてお腹をこわしていた。

2011年09月14日

今日はレコーディングのリハでした。

今日もリハ。

間近に迫ったティエラ・クアトロのレコーディングのためのリハでした。

吉祥寺にて。

昼から夜まで、収録予定曲をみっちりと。

ライブとは違う部分もあるので、そのあたりを意識しつつ。

それにしてもメンバーの皆さんのイメージを具現化する力は素晴らしく、こんなに良いバンドでCDを作れてしあわせですよ。ぼかあ。

レコーディングは今月末。

いよいよだー!やべー。ワクワクドキドキ!

あ、その前に9/27(火)に大塚GRECOでライブあります。


396817878.jpg
左から海沼正利さん、小畑和彦さん、上野山英里さん。
携帯電話を離せない人たち。
ご飯休憩で入ったスタジオ近くの蕎麦屋にて。

2011年09月13日

助川太郎さんとリハ。

今日はギタリスト助川太郎さんとの不定期プロジェクト「Project Voyager」のリハーサルでした。

助川さんとは2〜3ヶ月に1度くらいのペースで共演させていただいている。

前回のライブは完全即興デュオでした。

それも1部ではケーナやサンポーニャを使わずあまり上手く扱えない色々な楽器を使って即興演奏をするという、かなり突っ込んだものでした。

(僕は、曲の演奏や作曲を追求することはソフト面の強化につながり、即興はハード面を強化すると考えている。)

それを踏まえて、今回は曲をやります。
(もちろん曲の中に即興的な部分はあるけど)

選曲してみたら名曲ばかり!

前回の完全即興を経て、今回の名曲集。

どのような世界を描けるか楽しみ!

助川さんとのプロジェクト、僕にとっては羅針盤のような役割を果たしてくれていて、とても重要なのです。

本番は9/18(日)学芸大学の珈琲美学にて。

わかりやすいポップさと深淵を併せ持つものにしていきたい!

沢山の人に聴いてもらいたいデュオ、ぜひ来てね。

9/18(日)
■場所:
学芸大学 珈琲美学
■予約、問い合わせ:
03-3710-1695
■料金:
¥3,000〜
■時刻:
OPEN18:00/LIVE19:00〜
■出演:
山下Topo洋平(ケーナ、サンポーニャ)
助川太郎(ギター)

2011年09月12日

外苑前と西荻窪でした。

この週末はピアノ渡辺かづきさんとの共演が続きました。

9/9(金)は外苑前ジマジンで渡辺かづきトリオのライブにゲスト出演。

そして9/11(日)は西荻窪サンジャックでかづきさんとデュオ。

9日のジマジンは演奏に半分くらいの曲に参加。

美しいかづきさんのオリジナル曲をスリリングなサウンドで楽しんだのでした。

11日のサンジャックはデュオ。

デュオはかなり久しぶりだったけど、長年にわたる共演が生み出した阿吽の呼吸で、演奏は奥深いものになりました。

選曲もお互いのオリジナルに加えてエルメート・パスコアルやエグベルト・ジスモンチ、また、何の打ち合わせもなしで即興も。

かなり盛りだくさんな内容でした。


かづきさんとは来月の富山、そして11月の神戸、名古屋へのツアーでご一緒します。

このツアーではかづきさんのピアノトリオのゲストとして参加させていただきます。

楽しみ〜!


「ザ・インタビューズ」始めました!
http://theinterviews.jp/topoyohei

質問はこちらから!モリモリ答えるよ。
http://theinterviews.jp/topoyohei/interview

2011年09月08日

YouTube

去る7/10、富士BENで行われた「Topo Quartet」発売記念ライブの模様を知り合いの方がアップしてくださいました。

ピアノの渡辺かづきさんのオリジナル2曲。ご覧アレー。

「Chant of soil」


「Before you go」



この秋は、渡辺かづきさんとのコラボレーションが沢山予定されています。

明日9/9(金)は外延前Zimagineにて、渡辺かづきトリオのライブにゲスト出演。

9/11(日)は西荻窪サンジャックで、かづきさんと久々のがっぷり四つデュオ。

10/22〜23は富山へのツアーで渡辺かづきトリオにゲスト出演。

11/25〜27、は柏〜神戸〜名古屋のツアーで渡辺かづきトリオにゲスト出演。

サンジャックでのデュオ以外は、かづきさん率いるピアノトリオ「渡辺かづきトリオ」にゲストとして参加させていただいて、富山、神戸、名古屋ツアーにも同行します。

初めての富山!
レコ発ツアー以来の神戸〜名古屋も楽しみだな〜。

「ザ・インタビューズ」始めました!
山下Topo洋平のインタビューはこちら。
http://theinterviews.jp/topoyohei

質問はこちらから!
http://theinterviews.jp/topoyohei/interview

2011年09月06日

エル・ムンドの映像、インタビューはじめました。

先日のNHK−BS「地球テレビ エル・ムンド」
9月2日放送のライブ映像がアップされました。
「コロコリート」
ご覧アレー。




それはそうと。

昨日、勢いで「ザ・インタビューズ」というものに登録してみた。

どういうサイトか、詳しくはリンク先を見ていただくとして。

登録したらいくつか質問が用意されていたので、さっそく一つ答えてみた。

音楽家になったばかりの頃の知られざるエピソード。

僕のインタビューはこちらで読めます。

http://theinterviews.jp/topoyohei


この「ザ・インタビューズ」、誰でも質問できるようだ。

しかも、質問を受けた側は誰から質問されたかは明かされないらしい。

もしよかったら、僕に質問してみてね。答えられるものには答えたいッ。

僕へのインタビューはこちらから。

http://theinterviews.jp/topoyohei/interview


「ザ・インタビューズ」、今までに無い感じで面白そうなので、ちょっとやってみます。

もし興味があったらみんなもやってみて。

質問したい。答えたい。

2011年09月04日

『エル・ムンド』出演その2

昨日は水曜に引き続きNHK−BS『地球テレビ エル・ムンド』に2回目の出演。

今週ずっと出演していたギタリスト笹久保伸くん、そしてこの日はサンポーニャの青木大輔くんも一緒でした。

サントリーホールやそのほか色々な場所でやってきているこのトリオ、演奏は言うまでも無く楽しかった。

ありがたいことに感想のメールやコメントも頂いて、みなさん楽しんでいただけた模様。

たくさんの人が観てくれてたらうれしいなあ。


それにしても、今回生放送のテレビの現場で感じたのは、

番組キャスト・スタッフのチームワーク。

限られた時間の中、1秒を争う現場でそれぞれの役割をもった人達がそれぞれのベストを尽くして、一つの作品(番組)を作り上げていく。

それぞれのプロがそれぞれの技術・知識・才能を一つの作品(番組)に惜しみなく捧げる。素晴らしい関係だなと思いました。

緊張感と集中力、団結力と信頼関係。感じました。感動しました。


そして今日はこのトリオで群馬にて演奏。

こちらも大変好評で、持参したCDが飛ぶように売れ、完売御礼!

お越しくださった皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました。

imgp0073.jpg

2011年09月01日

NHK−BS『エル・ムンド』出演

今日はNHK−BSの番組『エル・ムンド』に生出演・生演奏。

オープニング含めて3回、番組内で演奏しました。

ギタリスト笹久保伸くんとデュオで。

生放送なので時間の区切りがかなりタイト、1秒単位で曲の終わりを合わせないといけないので、普段の演奏とは違った緊張を感じた。

でも笹久保伸くんとテレビ番組で一緒に演奏できたのは楽しかった。

彼はペルーで古典を学び、現代を生きる音楽家としてできることを前向きに模索し続けている。

僕が学んだのはボリビアだったけれど、古典を学び現代の表現をしていくというのは、出てくる音やそこに至る過程は違えど僕が探求するコンテンポラリー・ケーナ(現代ケーナ)に通じるところが多々あり、一緒にいるととても刺激になる。

僕も頑張らねば、と思う。

そしてそれよりも何よりも、お互い学生の頃から知っている仲なので、そんな旧知の友人とこうして共演できて、より質の高い音楽をという目標を共有できるというのはかなり奇跡的な気がしてとても嬉しい。

感謝!


金曜日、もう一度出演しまーす。