2018年08月14日

今後のスケジュール

例によって


スケジュールの更新できないので


こちらに載せます


まもなくホームページリニューアルしますので


ごめんね




8/16(木)Tierra Cuatro
@吉祥寺Strings
0422-28-5035
¥3,200+order/開場18:30/開演19:30
w/上野山英里p,小畑和彦g,海沼正利per

8/18(土)ARCANA
@蕨Our Delight
048-446-6680
¥3,000+order/開場12:30/開演13:00
w/鬼怒無月g,上野山英里p

8/20(月)助川太郎Group
@中目黒 楽屋
03-3714-2607
¥3,000+order/開場18:00/開演19:30
w/助川太郎g,阿部篤志p

8/22(水)ALAS
@上尾プラスイレブン
048-788-3996
¥3,000+order/開場19:30/開演20:00
w/太宰百合p

8/23(木)山下Topo洋平ソロ – Personal Orchestra -
@六本木ノチェーロ
03-3401-6801
¥2,500〜/開場19:00/開演19:30

9/8(土)山下Topo洋平ソロ - Personal Orchestra -
@草加Sugar Hill
048-927-7489
¥2,400+order(1setのみは¥1,700)
開場18:30/開演19:30
ゲスト/森悠也p

9/9(日)南米リズムワークショップ#6 Huayño
@江古田フライングティーポット
¥2,500+order
開場15:00/開始15:30
w/助川太郎g

9/10(月)助川太郎Group&ブラジルの抽象画
@中目黒 楽屋
03-3714-2607
開場18:00/開演19:30
w/助川太郎g,阿部篤志p,芳垣安洋per

9/11(火)Project QuO
@横浜Hey-JOE
045-313-3631
予約¥3,600/当日¥4,100/学割¥1,500(+order)
開場18:00/開演19:00
w/茨木智博Ocarina,森悠也p,佐野俊介b,相川瞳per

9/13(木)山下Topo洋平ソロ – Personal Orchestra -
@六本木ノチェーロ
03-3401-6801
¥2,500〜/開場19:00/開演19:30

9/15(土)Tierra Cuatro
@大塚Greco
03-3916-9551
¥3,500+2order/開場18:00/開演19:00
w/上野山英里p,小畑和彦g,海沼正利per

9/18(火)ARCANA
@四谷DOPPO
03-6380-4245
w/鬼怒無月g,上野山英里p

9/24(月祝)
@高麗神社
詳細後日

9/25(火)Alas
@吉祥寺Strings
0422-28-5035
¥3,200+order/開場18:30/開演19:30
w/太宰百合p,会田桃子vln

9/26(水)Tierra Cuatro
@川崎チッタデッラ
観覧無料/演奏18:00〜19:00
w/上野山英里p,小畑和彦g,海沼正利per

10/7(日)助川太郎Group
@中目黒 楽屋
03-3714-2607
開場18:00/開演19:30
w/助川太郎g,阿部篤志p

10/8(月)Alas ストリングススペシャル
@大塚Greco
03-3916-9551
w/太宰百合p,馬場孝喜g,吉田篤貴vln,橋本歩vc

10/9(火)南米リズムワークショップ#8 Session
@大塚All in fun
¥2,500+order
開場18:30/開始19:30
w/助川太郎g

10/11(木)Tierra Cuatro
@六本木クラップス
03-5485-5771
予約¥3,800/学割¥2,000(+order、当日+¥500)
w/上野山英里p,小畑和彦g,海沼正利per

10/12(金)ARCANA
@大岡山グッドストックトーキョー
03-6451-7396
予約¥2,500/当日¥3,000
開場18:30/開演19:30
w/鬼怒無月g,上野山英里p

10/20(土)山下Topo洋平 ケーナ・サンポーニャ教室 発表会
@北区滝野川会館 5F 小ホール
入場無料/開場12:30/開演13:00
ゲスト:助川太郎g

10/23(火)南米リズムワークショップ#8 Samba
@田無KOKOPELLI
¥2,500
開場19:00/開始19:30
w/助川太郎g

10/28(日)ALAS
@草加Sugar Hill
048-927-7489
¥2,400+order(1setのみは¥1,700)
開場18:30/開演19:30
w/太宰百合p

10/30(火)太陽と風の物語 part3
ARCANA+オオフジツボ スペシャルアンサンブル
@下北沢 音倉
03-6751-1311
予約¥3,500/当日¥4,000+order
開場18:30/開演19:30
ARCANA:山下Topo洋平ケーナ,鬼怒無月g,上野山英里p
オオフジツボ:太田光宏g,藤野由佳acc,壷井彰久vln




- - - - - - -
[Twitter] https://twitter.com/topoyohei
[Facebbok] https://www.facebook.com/topoyohei
[ライブスケジュール] http://topo.wonderful.to/live/diary.cgi
[YouTubeチャンネル] https://www.youtube.com/user/hamburg5800
[Web Shop] https://topo.base.ec/

2018年08月06日

南米リズムワークショップのホームページが開設されました!

助川太郎さんと立ち上げた南米リズムワークショップのホームページが完成しました!

https://topo220.wixsite.com/rythm

これまで扱ったリズムの弾き方ガイド、楽譜、現地の踊りの様子など、資料がアーカイブされています


ぜひ参考にしてみてください



これは以前からの僕の持論ですが


グルーヴに才能は必要ありません


なぜなら、現地では音楽家でもなんでもない普通のオバチャンが完璧なグルーヴで踊っているから


大事なのは、習慣、生活、です


そのリズムにいかに親しむことができるか



僕たちは音楽家であり、これまで南米音楽に携わってきた経験から、それぞれのリズムのエッセンスを抽出し、そのコツをわかりやすく具体的にお伝えすることができます


あとはみなさんが体感するだけ


これがこのワークショップです



これらのリズムを体得して


南米音楽のエキスパートになるもよし


自分の音楽を作るための素材として使ってもよし


編曲の味付けに使ってもよし


気持ち良く演奏を楽しむもよし




明日8月7日、第6回目のワークショップがあります


この日はセッション編


これまで取り上げた5つのリズム「ワイニョ」「サンバ」「カルナバル」「バイヨン」「クエカ」を使って


みんなで演奏しましょう


演奏レベルや楽器やジャンルは関係ありません


初参加も大歓迎です


これまでのおさらいの時間も設けますゆえ




毎回バラエティに富んだ楽器の奏者が参加してくれているので


色々な楽器の人と知り合うチャンスかも


DjpfM0MU0AA7Z2s.jpg


- - - - - - -
[Twitter] https://twitter.com/topoyohei
[Facebbok] https://www.facebook.com/topoyohei
[ライブスケジュール] http://topo.wonderful.to/live/diary.cgi
[YouTubeチャンネル] https://www.youtube.com/user/hamburg5800
[Web Shop] https://topo.base.ec/

2018年07月27日

僕はここに生きているんだという魂の叫び

P1020463.JPG


ケーナを演奏するときはおへその下の「丹田」でエネルギーを練って


それを音にしています


「丹田」が全てのエネルギーの源であり


そこでゼロを1にしているわけです


丹田こそが本質であり


宇宙と繋がっているポイントであり


アイデンティティ


僕の余分なものを取り去っていったら最後には丹田が残ります




音をなるべく遠くへ飛ばす意識


丹田で練ったエネルギーを遠くへ飛ばす意識


そしてそれを完全に物理的な問題としてコントロールする身体の動き


これが大切です





なぜ大切なのか


レッスンでいつもこのことについて話していて


さんざ色んな角度から色んなことを言ってきたけど


こないだのレッスンで自然と湧いて出てきた気持ちに自分でも驚いた




ゼロを1にするこのエネルギーは


自分がここに生きているんだという証なのです



自分がここに存在しているということを誰かに伝える



僕が生んだエネルギーを誰かがキャッチしてくれるかもしれない


誰かキャッチしてくれ


頼む


僕にとってこのエネルギーはそんな切実な願いであり希望であり魂の叫びなのです




もはや音がどうとかじゃない


そんな


「自分の存在を伝える」


という最も原初的なコミュニケーションが


僕の根底にあることに気がついたのです




あまりにも自然に言葉が出てきたので


僕はそんな風に思っていたのかと


自分でも新しい発見でした


レッスンってやっぱり自分にとっても勉強になりますよ


ありがとう


良い薬です



2018年07月23日

ライブスケジュール

ライブスケジュールのページがエラーで更新できなくなってしまったのでこちらにスケジュールを載せます


HP、近いうちにHP全面的にリニューアルしますゆえ、しばしお許しを…


7/24(火)ALASストリングススペシャル
@中目黒 楽屋
03-3714-2607
予約¥3,500/当日¥4,000/学割¥1,500(+order)
開場18:00/開演19:30
w/太宰百合p,馬場孝喜g,吉田篤貴vln,橋本歩vc

7/25(水)南米リズムワークショップ #5 「Cueca」(ボリビア)
@田無KOKOPELLI
¥2,000/学割¥1,000
開場19:00/開始19:30
w/助川太郎g

8/5(日)DUO
@草加Sugar Hill
048-927-7489
¥2,400+order(1setのみは¥1,700)
開場17:30/開演18:30
w/青木マサヒロacc

8/7(火)南米リズムワークショップ #6 「Session」
@大塚All in fun
03-3987-6242
¥2,000+order
開場18:30/開演19:30
w/助川太郎g

8/16(木)Tierra Cuatro
@吉祥寺Strings
0422-28-5035
¥3,200+order/開場18:30/開演19:30
w/上野山英里p,小畑和彦g,海沼正利per

8/18(土)ARCANA
@蕨Our Delight
048-446-6680
¥3,000+order/開場12:30/開演13:00
w/鬼怒無月g,上野山英里p

8/20(月)助川太郎Group
@中目黒 楽屋
03-3714-2607
¥3,000+order/開場18:00/開演19:30
w/助川太郎g,阿部篤志p

8/22(水)ALAS
@上尾プラスイレブン
048-788-3996
¥3,000+order/開場19:30/開演20:00
w/太宰百合p

8/23(木)山下Topo洋平ソロ – Personal Orchestra -
@六本木ノチェーロ
03-3401-6801
¥2,500〜/開場19:00/開演19:30

9/8(土)山下Topo洋平ソロ - Personal Orchestra -
@草加Sugar Hill
048-927-7489
¥2,400+order(1setのみは¥1,700)
開場18:30/開演19:30
ゲスト/森悠也p

9/10(月)助川太郎Group&ブラジルの抽象画
@中目黒 楽屋
03-3714-2607
開場18:00/開演19:30
w/助川太郎g,阿部篤志p,芳垣安洋per

9/11(火)Project QuO
@横浜Hey-JOE
045-313-3631
予約¥3,600/当日¥4,100/学割¥1,500(+order)
開場18:00/開演19:00
w/茨木智博Ocarina,森悠也p,佐野俊介b,相川瞳per

9/13(木)山下Topo洋平ソロ – Personal Orchestra -
@六本木ノチェーロ
03-3401-6801
¥2,500〜/開場19:00/開演19:30

9/15(土)Tierra Cuatro
@大塚Greco
03-3916-9551
¥3,500+2order/開場18:00/開演19:00
w/上野山英里p,小畑和彦g,海沼正利per

9/18(火)ARCANA
@四谷DOPPO
03-6380-4245
w/鬼怒無月g,上野山英里p

9/25(火)Alas
@吉祥寺Strings
0422-28-5035
¥3,200+order/開場18:30/開演19:30
w/太宰百合p,会田桃子vln

10/7(日)助川太郎Group
@中目黒 楽屋
03-3714-2607
開場18:00/開演19:30
w/助川太郎g,阿部篤志p

10/8(月)Alas ストリングススペシャル
@大塚Greco
03-3916-9551
w/太宰百合p,馬場孝喜g,吉田篤貴vln,橋本歩vc

10/11(木)Tierra Cuatro
@六本木クラップス
w/上野山英里p,小畑和彦g,海沼正利per

10/12(金)ARCANA
@大岡山グッドストックトーキョー
03-6451-7396
予約¥2,500/当日¥3,000
開場18:30/開演19:30
w/鬼怒無月g,上野山英里p

10/20(土)山下Topo洋平 ケーナ・サンポーニャ教室 発表会
@北区滝野川会館 5F 小ホール
入場無料/開場12:30/開演13:00
ゲスト:助川太郎g

10/30(火)太陽と風の物語 part3
ARCANA+オオフジツボ スペシャルアンサンブル
@下北沢 音倉
03-6751-1311
予約¥3,500/当日¥4,000+order
開場18:30/開演19:30
ARCANA:山下Topo洋平ケーナ,鬼怒無月g,上野山英里p
オオフジツボ:太田光宏g,藤野由佳acc,壷井彰久vln




- - - - - - -
[Twitter] https://twitter.com/topoyohei
[Facebbok] https://www.facebook.com/topoyohei
[ライブスケジュール] http://topo.wonderful.to/live/diary.cgi
[YouTubeチャンネル] https://www.youtube.com/user/hamburg5800
[Web Shop] https://topo.base.ec/

2018年07月19日

実家のそばに新しい道が出来てたんです

B1056715-7C62-4696-97ED-2BFDA14221E4.jpg

全ての道の目的地は


最終的には一つに集約されるのかも


しれぬ




Apple Musicを使い出して1年ぐらい経つかな


ようやくプレイリストの使い方を覚えた僕です


今日はお気に入りのpopsプレイリストを


作りました


作成しました


こんなに嬉しいことはない



- - - - - - -
[Twitter] https://twitter.com/topoyohei
] https://www.facebook.com/topoyohei
[ライブスケジュール] http://topo.wonderful.to/live/diary.cgi
[YouTubeチャンネル] https://www.youtube.com/user/hamburg5800
[Web Shop] https://topo.base.ec/

2018年07月06日

ソロオーケストラへの道

ソロライブでした


自分の中でソロのテーマが明確になってきました


僕の持てる力を凝縮して、どれだけ懐が深く幅が広く大きな音楽ができるか


自分の中の沢山の自分を集めて、オーケストラを結成できたら


うれP




型にハマらず


知恵を絞って


勇気をもって



今日は少しずつでも前進してると実感できるライブでした



2018-07-06 (8).jpg

2018年07月05日

楽をするには、、、

桂歌丸師匠が亡くなりました


僕の印象ではずっとお爺さんだった歌丸さん


小学生か中学生の頃


毎週日曜日、「笑点」の時間になると


隣の家のおじさんの爆笑が聞こえてきたものです


「ワ〜ッハッハ!こりゃあいいや!」とか言って


僕は三遊亭楽太郎師匠(現 圓楽師匠)のブラックな歌丸イジリが好きでした


天国でゆっくりお休みください




そんな歌丸師匠の特集をテレビでチラと見た


師匠がおっしゃっていました


曰く


「楽をするには苦労しなきゃだめ」


「楽をして生きたい」などとうそぶいて、笛吹きなどという人をナメきったような職業に就き、日々をただ面白おかしく享楽的に生き、楽をするためには手段を選ばない僕にとって、印象的な言葉でした


確かにそうかも


では逆に、苦労したかったら楽をしていればいいのかな


それもそうかも


楽ばかりしているとしっぺ返しで苦労することになるゆえにな


ということは、ずっと楽をしていれば苦労することになるから、そして、苦労は楽をすることに繋がるので、つまりは楽をし続ければ最終的には楽になるっちゅーことか


ウケる


違うと思います



楽になりたい




さよなら


30218C72-8ABA-4FD6-A1A4-5082E4BB2337.jpg


2018年06月14日

フォルクローレと私

フォルクローレとは

広義では衣食住における民間伝承だけど、

音楽ジャンルとしての定義はリズムです


南米フォルクローレとは

「南米スペイン語圏の伝統的なリズムを使った音楽」

ということになります
(伝統とは何か、という議論はとりあえず置いておいて)

人や曲や楽器編成ではありません

リズムを使い、そのグルーヴがあれば、

モンゴル人が大正琴で2018年にイギリス人が作曲した作品を演奏しても

フォルクローレなのです

開かれた音楽なのです




12〜13年前

僕は当時参加していたフォルクローレグループ「カンタティ」を脱退しました

ケーナ、チャランゴ、ギター、ボンボのような

従来の編成には個人的に疑問を持っていたこともあって

その編成では演奏しなくなったし

フォルクローレという言葉も敢えて使わなくなった事もあってか

僕がこの音楽から離れたと思われた事もありました

でも実は僕の音楽はずっとフォルクローレとともにありました



しかし

僕はフォルクローレで南米を表現したいわけではありません

南米人になりたいわけでも代弁者になりたいわけでもありません

なれるわけもありません

でも、経験と修行の賜物で、リズムのグルーヴは出せる

音色も手に入れた

そんな大好きな南米のリズムやケーナの音色を素材として、自分の世界を表現したい

心と心のやりとりがしたい

昔も今もそれを変わらずずっとやっています

というか、それしか出来ません

どうしてもそうなっちゃう


南米音楽を知らない人にはケーナというだけで

アンデスを感じる

と言われたり

フォルクローレファンには

この音楽を捨てて外へ出て行った人

と思われたり


どちらも不本意で痛みを感じるけど

僕は自分が勉強してきたフォルクローレという音楽やケーナという楽器が素晴らしいと思うからこそ

それをどこまで磨いて普遍的な魅力のある音楽として発信できるか

そこに人生を賭けています


そんな僕の音楽を純粋に楽しんでくれる人も沢山いて

それが嬉しい

ありがとう

これからも自分の道を信じて頑張るぞ!




- - - - - - -
[Twitter] https://twitter.com/topoyohei
[Facebbok] https://www.facebook.com/topoyohei
[ライブスケジュール] http://topo.wonderful.to/live/diary.cgi
[YouTubeチャンネル] https://www.youtube.com/user/hamburg5800
[Web Shop] https://topo.base.ec/

2018年05月11日

『The way to?』動画&楽譜アップしました!

助川太郎Group動画アップしました

 
『The way to?』
作曲:山下Topo洋平




自分が信じて歩んできたこの道


この道はどこへ続いていくのだろう、自分はどこへ行こうとしているんだろう

 
なにもわからない


何か途方もない気持ちになります


 
心に正直でいることが喜びの人生への道だと信じているけれど、


そこには悲しみや孤独もいっぱいあって


不安で怖くて仕方なくなります


 
でも、行くしかない


やるしかない

 

簡単な人生なんて一つもない
 

この道の先には何があって、どこへ続き、誰が待っているのか、何もわからないけれど



曲の終盤、助川さんと阿部さんが

 
「Way to something,Way to somewhere,Way to somebody」

 
と叫びます

 
全ての人生の旅の先に光り輝くものが待っていますように
 
- - - - - -

Members:
助川太郎 - Guitar
山下Topo洋平 - Quena
阿部篤志 - Piano
芳垣安洋 - Drums

Live at 渋谷JZ BRAT 2018.5.7

- - - - - -


この動画、YouTubeにアップしたら


すかさず外国の方から


「A nice melody for lonely heart, so cute ♡」


というコメント入りました


伝わっとるがな!


海を越えて!


伝わっとるがな!!


僕がキュートなのも伝わっとるがな!!!



ウケる



曲が終わったあとに謎の黒い画面が続く時間があるから


アップしなおそうと思ったけど


せっかくなのでこのままにしとこ



楽譜もアップしておきます

The Way To-1.jpg

The Way To-2.jpg

- - - - - - -
[Twitter] https://twitter.com/topoyohei
[Facebbok] https://www.facebook.com/topoyohei
[ライブスケジュール] http://topo.wonderful.to/live/diary.cgi
[YouTubeチャンネル] https://www.youtube.com/user/hamburg5800
[Web Shop] https://topo.base.ec/

2018年05月10日

山籠もりから一年。人生のこととか。

昨年の山籠もりから丸一年が経ちました





信じられないくらい濃密に駆け抜けたこの一年


- - - - - -


19歳のとき初めて南米ボリビアに行って

標高約4000mの街ラ・パスで現地の人たちに混ざって

シクリアーダ(サンポーニャの合奏)をしているとき


酸欠で手や顔が痺れてきて

このまま吹いてたら

ブッ倒れるのではないかと思いました


安全のために休むか

ブッ倒れてもいいから、死んでもいいから次の一音を吹くか


二者択一

選択に迫られました



僕は吹き続けました



ここで休んでしまったら

これから先の人生、安全や安定を選び続ける人間になってしまうだろう

安全や安定を求める人間の音になってしまうだろう

そんな直感があったのです


そうはなりたくなかった

死んでもいいから目の前にある音を全力で出す

出し続ける

そんな人生を歩んでいきたいと思ったし

その覚悟が無ければ

自分の追い求める世界には行けないだろうと思ったのです


大勢のボリビア人に混ざってサンポーニャを吹いていただけで、

僕が少し休んだくらいでその場には何一つ影響はないし、

そもそも人に聴かせるステージでの演奏ではなかったけれど

この瞬間、この音、は僕にはとても大きなことだったのです



それから人生の色々なタイミングで

同じような選択を迫られることが多々ありました

そのたびに僕は

安全や安定など「未来」を求める選択ではなく

あくまでも「今この瞬間」を選び続けてきました

その道の先に今僕は立っています



山籠もりもまさにそんな選択でした

安定した生活や仕事のサイクルには全く必要のないことだけれど

僕の人生には必要なことだと思ったのです

やらずにはいられなかった



これからも自分の心の声に耳を傾けて全力で生きずにはいられない

この道の先に何が待っているかはわからないけれど